フォローした特集やタグは、
タイムラインで最新情報を
チェックできます。

フォローチュートリアル
閉じる

ジャケット×デニム

ジャケットをデニムでカジュアルダウンする…という常套テクは、地味に難易度高め。両者の持ち味を活かすには、“力の抜けた上品”を演出するバランス感がキモになります。
 

トラッドなチェックジャケットは色落ちでハズす
ビームス プラスのジャケット×ウエアハウスのセコハン1100

ビームス プラスのジャケット×ウエアハウスのセコハン1100

褪せたデニム地に粗野なツイードジャケットを合わせつつ、柄&色使いを工夫して大人の佇まいに。ブルーストレートをハズシに使ってキメキメにならないように見せるのも重要だ。

モデル着用/ウエアハウスのセコハン1100 2万4000円(ウエアハウス東京店)ビームス プラスのジャケット4万5000円(ビームス プラス 原宿) ジョン スメドレーのニット3万1000円 ジョンストンズのマフラー2万3000円(以上、リーミルズ エージェンシー) クロケット&ジョーンズの靴6万8000円(ビームス ハウス 丸の内)
 

力を抜いたニューアメトラスタイル
ローイング ブレザーズのジャケット×オアスロウの101ダッドジーンズ

ローイング ブレザーズのジャケット×オアスロウの101ダッドジーンズ

ユルいのに上品、というのがリジッドワイドの特性。それを利用し、紺ブレを主役にしてアメトラスタイルにまとめつつ、スウェットやチェックシャツ等をレイヤードして品よくカジュアルダウンしたい。

モデル着用/オアスロウの101ダッドジーンズ1万3000円(ベースデニムプロダクツ) ローイング ブレザーズのジャケット7万2000円(ビームス プラス原宿) ジャージーズのスウェット6000円(ナナミカ 代官山) エンジニアド ガーメンツのシャツ2万9000円(エンジニアドガーメンツ) ユニバーサル ワークスのキャップ9000円(メイデン・カンパニー) ニューバランスの靴2万5000円(ニューバランス ジャパンお客様相談室)

1UPテク!

スウェットにスウェットジャケットを羽織って統一感を
スウェットにスウェットジャケットを羽織って統一感を

 

BDシャツ→ラガーシャツで鮮度UP!
エンジニアド ガーメンツのジャケット×リーバイス ビンテージ クロージングの501ZXX 1954

BDシャツ→ラガーシャツで鮮度UP!

リジッドストレートは、やはり白シャツ×ジャケットの王道コーデが正攻法。鉄板の白BDをラガーシャツに替えたり、スニーカーを合わせてスポーツ風味に味付けすれば、平々凡々に見える心配もなし。靴下で色を差すのも上級者の脱力感を演出するうえで効果的。

エンジニアド ガーメンツのジャケット×リーバイス ビンテージ クロージングの501ZXX 1954

モデル着用/リーバイス ビンテージ クロージングの501ZXX 1954 3万円(リーバイ・ストラウスジャパン) エンジニアド ガーメンツのジャケット6万7000円(エンジニアド ガーメンツ) バーバリアンのシャツ1万2000円(ハイ! スタンダード) アディダス オリジナルスの靴1万4000円(アディダスグループお客様窓口) アイヴァン 7285の眼鏡3万9000円(アイヴァン 7285 トウキョウ) ファルケの靴下1800円(ビショップ)
 

1UPテク!

ローカットスニーカーと合わせるならデニムの裾はくるぶしのチョイ下に!
ローカットスニーカーと合わせるなら、デニムの裾はくるぶしのチョイ下に!

 

ワイド×コーデュロイでユルさ全開!
ライフスタイルテーラーのジャケット×ブルーブルーのブリーチアウトディキシージーンズ

ライフスタイルテーラーのジャケット×ブルーブルーのブリーチアウトディキシージーンズ

ハズシに利くブルーワイドは、そのユルさを活かしてカジュアルなコーデュロイジャケットを合わせて統一感を。他のアイテムをすべて黒でまとめれば、野暮ったさも払拭できるのだ。

モデル着用/ブルーブルーのブリーチアウトディキシージーンズ2万9000円(ハリウッド ランチマーケット) ライフスタイルテーラーのジャケット2万4000円(アーバンリサーチ ドアーズ ららぽーと豊洲店) キャプテン サンシャインのカットソー1万7000円(キャプテン サンシャイン) シティライツブックストアのキャップ4800円(トール フリー) ナイキの靴8000円(NIKE カスタマーサービス)
 

白特有の品でツイードジャケットの土臭さを解消
アーバンリサーチ ロッソのジャケット×ボンクラの66タイプ

アーバンリサーチ ロッソのジャケット×ボンクラの66タイプ

育ちのよさが光る白デニムには、粗野なツイードジャケットを合わせると好バランス! グレーを基調とした色合いや、遊びの利いたシャツ&タイを選び洒脱なタイドアップスタイルに。

モデル着用/ボンクラの66タイプ2万7000円(SALON BONCOURA)アーバンリサーチ ロッソのジャケット3万7000円(アーバンリサーチ ロッソ ミント神戸店) ネペンテスのベスト2万2000円(ネペンテス) ビームス プラスのシャツ1万3000円(ビームス プラス原宿) ペトロニウスのタイ1万7000円(ビームス ハウス 丸の内) クラークス オリジナルズの靴2万3000円(クラークスジャパン) アイヴァン 7285の眼鏡4万7000円(アイヴァン 7285 トウキョウ)

1UPテク!

ラウンドカラーシャツでマイルドな印象に
ラウンドカラーシャツでマイルドな印象に

 

スラックスの代打として品よく穿くのが賢明
ブルックス ブラザーズ×ナノ・ユニバースのジャケット×アー・ペー・セーのプチニュースタンダード

スラックスの代打として品よく穿くのが賢明

品のいいスラックスのような役割を担ってくれるリジッドスリムの持ち味を利用すれば、クラス感のあるダブルジャケットのカジュアルダウンも容易だ。ニットとスニーカーで堅さを払拭するのも大事なポイント。

アー・ペー・セーのプチニュースタンダード×ブルックス ブラザーズ×ナノ・ユニバースのジャケット

モデル着用/アー・ペー・セーのプチニュースタンダード2万円(アー・ペー・セー カスタマーサービス) ブルックス ブラザーズ×ナノ・ユニバースのジャケット7万6000円(ナノ・ユニバース カスタマーサービス) アダム エ ロペのニット1万6500円(アダム エ ロペ) コンバースの靴1万2000円(コンバースインフォメーションセンター) アイヴァン 7285の眼鏡3万9000円(アイヴァン 7285 トウキョウ)

1UPテク!

白カットソーのチラ見せでリラックス感を出す!
白カットソーのチラ見せでリラックス感を出す!

 
※表示価格は税抜き


[ビギン2019年1月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「デニムスタイル コーディネートBOOK」の最新記事

ジャケット×デニムのコーディネートは“力の抜けた上品”がキモです

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ