array(35) {
  ["SERVER_SOFTWARE"]=>
  string(6) "Apache"
  ["REQUEST_URI"]=>
  string(34) "/article/51609/?from_feature=60911"
  ["REDIRECT_STATUS"]=>
  string(3) "200"
  ["HTTP_HOST"]=>
  string(14) "www.e-begin.jp"
  ["HTTP_X_AMZ_CF_ID"]=>
  string(56) "6_HQtE-KlNhc1LWkijvtN4UuMwjzjl3L_JyabATmpzwpyvAaVfgG_g=="
  ["HTTP_CONNECTION"]=>
  string(10) "Keep-Alive"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_MOBILE_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_TABLET_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_SMARTTV_VIEWER"]=>
  string(5) "false"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_IS_DESKTOP_VIEWER"]=>
  string(4) "true"
  ["HTTP_CLOUDFRONT_FORWARDED_PROTO"]=>
  string(5) "https"
  ["HTTP_USER_AGENT"]=>
  string(13) "cloudfront_pc"
  ["HTTP_VIA"]=>
  string(64) "1.1 fff6a70a81914898c2756daea39344e8.cloudfront.net (CloudFront)"
  ["HTTP_X_FORWARDED_FOR"]=>
  string(14) "54.146.206.127"
  ["HTTP_ACCEPT_ENCODING"]=>
  string(4) "gzip"
  ["PATH"]=>
  string(29) "/sbin:/usr/sbin:/bin:/usr/bin"
  ["SERVER_SIGNATURE"]=>
  string(0) ""
  ["SERVER_NAME"]=>
  string(14) "www.e-begin.jp"
  ["SERVER_ADDR"]=>
  string(14) "160.16.126.248"
  ["SERVER_PORT"]=>
  string(2) "80"
  ["REMOTE_ADDR"]=>
  string(13) "34.195.252.68"
  ["DOCUMENT_ROOT"]=>
  string(31) "/var/www/cdn2.e-begin.jp/htdocs"
  ["SERVER_ADMIN"]=>
  string(14) "root@localhost"
  ["SCRIPT_FILENAME"]=>
  string(41) "/var/www/cdn2.e-begin.jp/htdocs/index.php"
  ["REMOTE_PORT"]=>
  string(5) "64890"
  ["REDIRECT_QUERY_STRING"]=>
  string(18) "from_feature=60911"
  ["REDIRECT_URL"]=>
  string(15) "/article/51609/"
  ["GATEWAY_INTERFACE"]=>
  string(7) "CGI/1.1"
  ["SERVER_PROTOCOL"]=>
  string(8) "HTTP/1.1"
  ["REQUEST_METHOD"]=>
  string(3) "GET"
  ["QUERY_STRING"]=>
  string(18) "from_feature=60911"
  ["SCRIPT_NAME"]=>
  string(10) "/index.php"
  ["PHP_SELF"]=>
  string(10) "/index.php"
  ["REQUEST_TIME"]=>
  string(10) "1548040245"
  ["HTTPS"]=>
  string(2) "on"
}
  
アメリカ生まれのアイビー名品カタログ|雑誌Begin(ビギン)公式サイト

フォローした特集やタグは、
タイムラインで最新情報を
チェックできます。

フォローチュートリアル
閉じる

アメリカ生まれのアイビー名品イメージ

アイビー再燃!の今季。そもそも“アイビールック”ってなにかご存知ですか?

アイビールックとは、アメリカの名門大学「アイビーリーグ(IVY League)」に通う学生達から生まれた、アメリカントラッドスタイルの一つ。1960年代に日本でも若者達に支持され、一大ブームが巻き起こりました。今回はそんなアイビーの名品たちをご紹介!

 

カリスマNYブランドが手掛けたら……
元祖ローファーがとんでもないことに!

G.H.バス×エンジニアド ガーメンツ クレイジー ウィージャンズ画像
数種類の型押しを左右非対称に配したクレイジーアシンメトリー

G.H.バス×エンジニアド ガーメンツ
クレイジーウィージャンズ

G.H.バスのウィージャンズといえば、世界初のローファーであり、オーセンティック傑作です。が、NYのエンジニアド ガーメンツの手にかかったら……、とんでもないことになっちゃった!

クロコやリザード、スコッチグレインの型押しレザーをクレイジーに配し、しかもアシンメトリー! マジメ一辺倒では飽き足らないバンカラなアイビー靴だ。各3万8000円(エンジニアド ガーメンツ)
 
G.H.バス×エンジニアド ガーメンツ クレイジー ウィージャンズ画像2
 

G.H.バス×エンジニアド ガーメンツ クレイジー ウィージャンズのブラック色画像
ブラックもかなりのクレイジーっぷり

 

オールデンのミルクシェイクバックス
は最初からこなれている

オールデン
N6436 ニューダーティバックス画像

オールデン
N6436 ニューダーティバックス

白スエードのホワイトバックスに対し、それが汚れたイメージのベージュスエードのダーティバックス。

で、このたび登場のミルクシェイク色は、双方の中間的なトーンで、ホワイトバックスを少し履き込んだような表情。つまりは初日からこなれ感ムンムンってワケ。9万4000円(ラコタ)
 
オールデン
N6436 ニューダーティバックス画像2

 

ビッグなインディビをアウトで着る
のが今どきだ!

インディビジュアライズド シャツ×キャプテン サンシャイン クラシックフィット&6ボタンBDシャツ画像

インディビジュアライズド シャツ×キャプテン サンシャイン
クラシックフィット&6ボタンBDシャツ

「シャツはフィットが命」なんていうけれど、こと昨今は大きめで着るのが気分。この別注は、そもそものサイズがビッグだった1980年代のシルエット&6つボタンを再現したもの。

ブレザーのINでなく着こなしの主役を任せたい。3万3000円(キャプテンサンシャイン)
 

インディビジュアライズド シャツ×キャプテン サンシャイン クラシックフィット&6ボタンBDシャツモデル着用画像
ざっくり羽織るだけで今どきな着こなしに

 

アイビー界の狙い目ヴィンテージ
カデットリングは’80~’90sデッドがGOOD!


この見た目で1万円ちょい

アイビーリーガー御用達のカレッジリングはもともと米軍の士官学校(=カデット)の卒業生が任官記念に製作したリングが発祥。

’60~’70年代ヴィンテージだとウン万円することが多いけど、’80~’90年代カデットものならきれいなデッドストックでもこんなお手頃♡

写真の陸軍士官学校のほか海軍、海兵隊、特殊部隊など種類も豊富。絶対今が狙い目です。左/’90年代製1万900円、右/’80年代製1万3900円(以上、ハレル)

 

※表示価格は税抜き


[ビギン2018年11月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「BORN IN U.S.A CATALOG 2018」の最新記事

アメリカ生まれのアイビー名品カタログ

facebook facebook WEAR_ロゴ