シップスのクルーネックニットイメージ

オーセンティックをベースに、“トレンドちょい足し”が今どき

ベーシックの旬を知るには? 近道はやはりセレクトオリジナル。そこで人気セレクトの皆さんにオリジナルアイテムを持ち寄ってもらい、今どきの鉄板スタイルを考えてもらったところ、「オーセンティックをベースに、“トレンドちょい足し”が今どきカッコイイよね〜」という結論に。

ということで、各セレクトショップのイチオシベーシックを使って“トレンドちょい足し”を実践!

 

シップス
クルーネックニット

シップスのクルーネックニットを持つ河野さん画像

本場のシャギードッグが、カラー豊富で1万2000円

シップス定番のシャギードッグニット。スコットランドの老舗ニットファクトリーに生産を依頼し、素材はシェトランドウールのリアルな一枚だが、1万2000円のコストパフォーマンスには仰天! 発色のいいピンクをはじめ、全8色のカラバリも自慢だ。(シップス 銀座店)

 

やや長めのショート丈は品もラフさも叶える

シップスのクルーネックニットモデル着用画像

ハイゲージのタートルをレイヤードしたニットオンニットで洒落感が一段とUP。ピンクの差し色もアクセントに効果的。デ ボン ファクチャーのシャツ6万4000円、シップスのタートルニット1万3800円、同デニム1万3800円、ランコートの靴4万4000円(以上、シップス 銀座店)

 

コーディネートPOINT

河野建徳さん写真
シップス プレス
河野建徳さん

使っているアイテムは、全体的にどれもシンプルです。ただ色使いやニットオンニットといった着こなしでアクセントをつけていて、スタイルに奥行きをもたらしています。

シャギードッグのニットやコーデュロイなどの素材感で、旬のブリティッシュカントリーの雰囲気をちょい足ししているのも、大人っぽいカッコよさだと思いますね。

 

シップスが「やられたぁ~」と思った、他社のオススメ名品

エディフィスのジャケット画像

エディフィスのジャケット

チェスターと同じく、こちらも素材から開発。軽くしなやかなスーパー100’sは毛織物の名産地、尾州で生産。英国調のグレンチェックもドレストレンドの旬で、羽織るだけでサマになる。2万2000円(エディフィス 新宿)

 

辻さん、青木さん、
河野さん、松下さん、高津戸さん写真
各プレス担当者(左から)ユナイテッドアローズ 辻さん、ジャーナルスタンダード 青木さん、
シップス 河野さん、ビームス 松下さん、エディフィス 高津戸さん

「ジャケット好きとしては見逃せない一着。スーパー100’sの尾州産サキソニーでなんと2万円台! エディフィスらしいエレガントなシルエットもさすがです。セットアップのパンツもあるそうで、そっちも気になる!」

 

※表示価格は税抜き


[ビギン2018年11月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ