WOOLMARK COMPANY

ユナイテッドアローズのドッグイヤージャケットイメージ

オーセンティックをベースに、“トレンドちょい足し”が今どき

ベーシックの旬を知るには? 近道はやはりセレクトオリジナル。そこで人気セレクトの皆さんにオリジナルアイテムを持ち寄ってもらい、今どきの鉄板スタイルを考えてもらったところ、「オーセンティックをベースに、“トレンドちょい足し”が今どきカッコイイよね〜」という結論に。

ということで、各セレクトショップのイチオシベーシックを使って“トレンドちょい足し”を実践!

 

ユナイテッドアローズ
ドッグイヤージャケット

ユナイテッドアローズのドッグイヤージャケットを持つ辻さん画像

オールドバラクータ G4にインスパイア!

裾と袖がリブではなくよりすっきり着られるG4タイプを採用。ざっくりと男らしい尾州産のウールも魅力的。ややボリュームのある身幅、絞りのないストンとしたシルエットも今どきで、ブルゾントレンドにも狙い目の一着だ。4万8000円(ユナイテッドアローズ 原宿本店)

 

短丈ブルゾンにあえてスラックスで大人っぽく着る

ユナイテッドアローズのドッグイヤージャケットモデル着用画像

秋冬の重めの色合いに、白ニットで柔らかさとクリーンな印象をプラス。足元は軽快なスニーカーもオススメ。ユナイテッドアローズのニット1万6000円、同パンツ1万8000円、パラブーツ フォー ユナイテッドアローズの靴6万3000円(以上、ユナイテッドアローズ 原宿本店)

 

コーディネートPOINT

辻さん写真
ユナイテッドアローズ プレス
辻 典秀さん

イチオシはジャケットなんですが、着こなしの一番のポイントは1プリーツのスラックス。今どきのテーパードシルエットに、裾もジャストで設定していてお直しいらず。

定番のデニムやチノもいいのですが、こうしたスラックスを合わせることで、簡単に大人っぽさや上品さがUP。クラシカルだけど今年らしい、目新しいコーデになります。

 

ユナイテッドアローズが「やられたぁ~」と思った、他社のオススメ名品

ビームス プラスのニット ラガーシャツ画像

ビームス プラスのニット ラガーシャツ

ニットの素材は、メリノウールのなかでも生後6か月のしなやかな羊毛を厳選。ウールボディに合わせて、衿の布帛はやや起毛させるなど、ベーシックに見えてテクがすごい! 1万3000円(ビームスプラス 原宿)

 


各プレス担当者(左から)ジャーナルスタンダード 青木さん、エディフィス 高津戸さん、シップス 河野さん、ユナイテッドアローズ 辻さん、ビームス 松下さん

「もしや!?と思って触ると、ソフトなニットボディ。デザインはクラシカルなラガーシャツなんですが、さりげなく従来のガシッとしたジャージーから、ニットに替えてるのがウマい! オリジナルの鑑と言いたいですね」

 

※表示価格は税抜き


[ビギン2018年11月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ