Begin Market DAN-TEN

やっぱり隅に置けない……“マッ黒”デイパ
ラペルが潰れにくいセットアップなら、やっぱりデイパも欠かせない選択肢のひとつ。今やビズデイパも多種多様ですが、きっちり感を出すなら狙うは四角、そして黒マット一択! シックな黒ならどんなコーディネートにもハマり、後ろ姿も俄然大人っぽいんです!!

 

お堅いシーンも難なくこなすミニマルデザイン

ビューティ&ユース

01.ビューティ&ユース/BEAUTY&YOUTH

余分な装飾を排したボディにマットな質感が軽快なセットアップを引き締める、シンプルなバックパック。

水が浸透しないTPU素材と、止水ジップ採用&シームレス仕様で耐水性を向上。メインの荷室にはPC用ポケットやマチ付きのポケットを備え、機能性も申し分なしだ。

ストラップが収納できる3way仕様ゆえ、手持ちの際はスッキリと持てる。W30×H50×D11cm。1万8000円。(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店)

 

世界最高水準の強度を誇るナイロン素材を採用

マスターピース

02.マスターピース/MASTER-PIECE

ボディには、航空機タイヤコードなどに使用される世界最高水準の強度を持つナイロン糸で織られた東レの「鎧布®」を使用。

高い強度を誇るのに加え、表面には耐久性のある超撥水加工を、裏面には異なる3層のコーティングを施し防水性にも優れている。

とはいえ機能素材然としていないシック&クリーンな見た目も◎で、やや細めのショルダーストラップも上品だ。W27×H40×D10cm。2万2000円。(MSPCプロダクト プレスルーム)

 

堅牢ボディで使い勝手も申し分なし

ディスパッチ

03.ディスパッチ/DSPTCH

米国発のバッグブランド。ボディには1680Dのバリスティックナイロン、ミルスペックのパーツを使うなどタフな作りながら、無骨さを払拭した佇まいに。

荷室には伸縮性のあるボトルホルダーや15インチまで対応するPCスリーブも装備し、バックパック、ショルダー、ブリーフの3way仕様で使い勝手も抜群。

どの持ち方でも中身が取り出しやすい作りも気が利いている。W30.5×H38.1×D12.7cm。3万5000円。(ディスパッチ トーキョー)

 

リモンタ社製ナイロンの上品な表情が後ろ姿を格上げ!

ザ・ノース・フェイス

04.ザ・ノース・フェイス/THE NORTH FACE

ビジデイパとして人気のシャトルシリーズの表地に、イタリア・リモンタ社製ナイロンを使用。

マットな表情としなやかな質感により、高級感のある顔つきに。シンプルな作りで使いやすいメイン室のほか、PCや書類を収納しやすい専用のコンパートメントも装備。

ショルダーハーネスは収納できるので手持ちもしやすく、着脱可能なショルダーストラップも付属し3wayで活躍! W31×H44.5×D16cm。3万円。(ザ・ノース・フェイス原宿店)

 

ガバッと180度開き荷物の整理整頓もスムーズ

ブリーフィング

05.ブリーフィング/BRIEFING

持ち前の硬派なデザインに、軽量で耐久性の高いリップストップナイロンを採用。

ブリーフ、ショルダー、バックパックとシーンによってスタイルを変更でき、キャリーバッグの引き手に連結できるスリットも装備しているので長期出張のサブとしても◎だ。

メイン室のほかにタブレットや15インチのPCが入る収納部を設けるなど、大容量ながら荷物の仕分けがしやすいのも嬉しい。W30×H41×D15cm。3万9000円。(BRIEFING GINZA SIX店)

 

雨にもジム通いにも出張にも対応!

サムソサムソナイト レッド×ザ・スーツカンパニー

06.サムソサムソナイト レッド×ザ・スーツカンパニー/SAMSONITE RED×THE SUIT COMPANY

ナイロンにPUコーティングを施した防水素材を採用したこちらは、ジップ部分に止水テープを施し防水性をさらに向上。

サイドには折り畳み傘用の収納ポケットを備えるほか、底部分にはシューズ収納ポケットを備え仕事帰りのジム通いにももってこい。メイン室は大容量&多数のポケットも備え、出張にも対応可能だ。

バイアスに施されたジップのアクセントもさりげない。W28×H48×D15cm。2万6000円。(ザ・スーツカンパニー 新宿本店)

 

モバイルガジェットの整理&保護に特化!

エアー

07.エアー/AER

撥水加工された素材をメインに、サイドには1680Dコーデュラバリスティックナイロンを採用した、ミニマルなバックパック。

ガジェットを整理・保護する機能が満載で、アクセスしやすいラップトップ用ポケットや、細かなガジェットを収納できるインナーポケットも装備。

すべての荷室にはYKKのアクアガードジッパーが使用され、雨などから中身を保護してくれる。W32×H48×D18cm。3万3000円。(MSPCプロダクト プレスルーム)

 

※表示価格は税抜き


[ビギン2018年6月号の記事を再構成]
写真/若林武志 スタイリング/鈴木 肇 文/秦 大輔 桐田政隆 安岡将文 伊藤美玲 ヘアメイク/北村達彦

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ