ブルックス ブラザーズ200年分

Brooks Brothers
ブルックス ブラザーズ200年分の知ってるつもり!?

200年続くというのは並大抵じゃない。だって創立時の姿を知る者はこの世に存在しないのだから。創業者の姿ですら、写真のシルエットしか残っていません。誰もが知るブランドですが、誰もがその真髄までは知らないはず。

その「知ってるつもり」を解消すべく、改めて同ブランドを徹底研究。そこには数々の先見性と革新性が満ちあふれていました。

服好きを自負するなら、せめてこれくらいは知っておこうね! …というわけで、ブルックス ブラザーズの歴史を以下の6大項目からじっくり学んでおきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

ブルックス ブラザーズの歴史をおさらい!

1818 H.&D.H.ブルックス社開業

H.&D.H.ブルックス社開業

創立は、ヘンリー・サンズ・ブルックスがニューヨーク市に開業した洋品店に端を発する。この場所は彼が幼少期を過ごした家だった。

 

1833 ヘンリー・サンズ・ブルックス他界。その4兄弟が後を継ぐ

ヘンリー・サンズ・ブルックス他界。その4兄弟が後を継ぐ

創業者が他界すると、ダニエル、ジョン、エリシャ、エドワードの4兄弟が家業を継ぐ。ブランド名の「ブラザーズ」とは彼らのことだ。

 

1849 既製のスーツを発売

既製のスーツを発売

米国で最も早く既製のスーツを販売。そもそもオーダーメイドが主流だった当時「既製服」という新たな概念を生んだ先駆者といえる。

 

1850 社名を「ブルックス ブラザーズ」に、ロゴを「ゴールデン フリース」にする

1896 ポロカラーシャツを発売

1901 No.1サックスーツ(通称Ⅰ型)を発売

1902 レップタイを普及させる。「マドラス」を初めて服に採用

 

1979 海外初出店として東京・青山に青山本店を開店

海外初出店

意外にも海外の初出店は日本。当時はアイビーの、現在はアメトラの聖地として開業時と変わらぬ店構えを残す。来年40周年を迎える。

 

1998 ノンアイロンシャツを発売

2007 トム・ブラウン氏をデザイナーに迎え、ブラック フリース バイブルックス ブラザーズが誕生

2018 200周年を迎える

 

NEXT:世紀の大発明「ポロカラーシャツ」こそ“知ってるつもり”は許されない

facebook facebook WEAR_ロゴ