カシオ G-SHOCK アドベンチャラーズ ストーン

ハイテク技術を駆使し、鉱石の質感&色合いを超リアルに表現

1983年登場の初号機「DW-5000C」以来、今日まで、群を抜いてすぐれた耐衝撃性はもちろん、その他の機能や外装デザインにおいてもたゆむことなく進化を続けてきたG-SHOCKですが、じつは今年(2023年)4月が、その誕生40周年となります。それを記念して、去る1月14日、あくなき挑戦を続けるG-SHOCKの姿勢を表現した「アドベンチャラーズ ストーン(Adventurer’s Stone)」6モデルが発売されました。

中国で考案されたといわれる羅針盤(航海などに際し、方位を知るための磁気コンパスのこと)が伝わったことで、ヨーロッパで大航海時代が始まるのですが、それ以前の中世期では、多くの航海者たちは羅針盤の代わりとして鉱石を利用していました。すなわち、それらの鉱石を透過した光の屈折から太陽の位置を把握していたのです。

「アドベンチャラーズ ストーン」は、そうした冒険者の相棒だった鉱石の存在に重ねてデザインされたモデルのコレクション。モチーフとなった鉱石は、それ自体を取り入れているのではなく、IP処理(イオンプレーティング、すなわちイオン化した金属を被加工物に蒸着させる表面処理のこと)やレーザー印刷など多彩なハイテク技術を駆使することで質感や色などをリアルに再現したものとなっています。また、ベゼルにおいては、鍛造成形した金属に凹凸を付けることで鉱石の粗削りな質感を表現(トップ写真左端の「GM-S5640GEM」のみフラット成形)。さらには、その凹凸部分にホーニング加工(専用機械を使い、加工対象物の内径を精密に研磨する工作のこと)を、天面や側面にヘアラインやミラー加工を施すことで、クリスタルのような美しさを演出してもいます。

ちなみにモチーフとして採用している鉱石は、いずれもがパワーストーンとしても人気があるもの。すなわち「成功に導く」カルサイト(方解石のこと。石灰岩の主成分鉱物で、石材として扱われる場合は大理石と呼ばれる)、「勝利をもたらす」サンストーン(日長石のこと。澄んだ透明、ないしは不透明の結晶で、虹色の反射を帯びる)、「進むべき道を示す」コーディエライト(ケイ酸塩鉱物の一種で、別称は菫青石、アイオライト、ウォーターサファイア、ダイクロアイトなど。見る角度によって群青色から淡い枯草色に変化する)の3種類となります。

と、かつて大海原の冒険者たちにとって道しるべとなり、護符の役も担っていた鉱石の、質感を美しく、味わい深く再現して見せた「アドベンチャラーズ ストーン」。このスペシャルなモデルを腕に着けて、冒険者よろしく、この2023年を果敢に挑戦する1年にしていきましょう!

G-SHOCKのアドベンチャラーズ ストーン GM-S5640GEMとGM-5640GEM

初号機の角型フォルムを継ぐ2モデル。左/「GM-S5640GEM」は、「GM-5600」を小型化した「GM-S5600」がベース。ベゼルにレーザー刻印&レインボーIPを施し、文字盤&バンドにも同様の柄をあしらうことで、透明なカルサイトの結晶模様&光の屈折を優美に表現した。ケース幅38.4mm。3万5200円。右/サンストーンがモチーフの「GM-5640GEM」。「GM-5600」をベースとし、ベゼル全体にレインボーIPを施した後、マスキングの上からブラックIPを重ねることで、見る角度ごとに移ろう多色の輝きを表現。また、バンドには、そのメタルの質感を絶妙に引き立てるグレースケルトンを採用。ケース幅43.2mm。4万1800円。

G-SHOCKのアドベンチャラーズ ストーン GM-2140GEMとGM-S2140GEM

八角形ベゼルの2モデル。ともに48都市対応ワールドタイム機能搭載。左/「GM-2100」をベースにした「GM-2140GEM」では鋳造ベゼルにIP処理を施し、それに混色樹脂成形のバンドを組み合わせることでコーディエライトの深く美しいブルーを表現。偏光蒸着が施された文字盤は、見る角度によって異なる輝きを放つ。ケース幅44.4mm。3万8500円。右/「GM-S2140GEM」は「GM-S2100」をベースに、ゴールドIPのベゼルと、ゴールドの蒸着処理を施した文字盤&インデックスを組み合わせて、カルサイトの透き通った黄金色を表現したモデルだ。ケース幅40.5mm。3万3000円。

G-SHOCKのアドベンチャラーズ ストーン GM-114GEMとGM-S114GEM
立体的文字盤が特長の2モデル。ともに48都市対応ワールドタイム機能搭載。左/「GM-114GEM」は「GM-110」をベースに、鍛造成形、およびゴールド×ブラックIP加工によってカルサイトの原石に見立てたメタルベゼルを採用したモデル。ブラックの樹脂バンドでは、ホットスタンプで凹凸感が表現されている。ケース幅48.8mm。4万700円。右/「GM-S110」がベースの「GM-S114GEM」では、メタルベゼル全面にパープルIPを施し、2時&7時側のみグレーIPを重ねたことでカルサイトのもつ美しい紫を表現。こちらのバンドにも、ホットスタンプによる凹凸が施されている。ケース幅42mm。3万6300円。

G-SHOCKの
「アドベンチャラーズ ストーン」
 ※上記6モデル共通仕様
駆動方式:クォーツ
防水性能:20気圧
構造:耐衝撃(ショックレジスト)
ケース&バンド素材:樹脂
ベゼル素材:ステンレススチール
発売年月日:2023年1月14日

問い合わせ先/カシオ計算機 お客様相談室 ☎ 03-5334-4869
https://gshock.casio.com/jp/

※表示価格は税込


文/山田純貴

特集・連載「CASIO」の最新記事

【祝40周年】G-SHOCK、鉱石モチーフの新作を発売!

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ