THE NORTH FACE PURPLE LABEL ザ・ノース・フェイス パープルレーベル ウールボア フリース フィールド カーディガン

むしろアウター使いするのが今どきフリースの活用法かも

アウターでフリース!?なんて訝しむのも無理はありません。本来の守備範囲は中間着ですからね。でもよ~く考えてみてください。最近じゃ暖冬がデフォルト。街中をブラついてもそこかしこで暖房が効いてます。

そんな令和の冬事情を考えたら、実はフリースくらいがアウターとして適任なんじゃないかって話。とはいえ、もちろんフリースならなんでもいいってわけじゃありません。ザ・ノース・フェイス パープルレーベルのフリースカーデをご覧ください。

THE NORTH FACE PURPLE LABEL ザ・ノース・フェイス パープルレーベル ウールボア フリース フィールド カーディガン

愛らしいウールボアフリースの裏側に、昨今グイグイきてる“ゴアテックス インフィニアム™ ウインドストッパー® ”のライナーを配すことで、一段上のヌクヌクに。風はシャットアウトするけど、蒸れとは無縁。フリース特有の柔らかさだって、少しも損なわれていません。

おまけに街に馴染む程よいアウトドア風味も、コーディネートのスパイスとしてイイ味出してくれてます。

これこそ、アウターとして十二分なスペックを備えたフリースであれば、堂々とアウター使いしちゃえるじゃんって証。で、探してみたらこの手のSPECフリース、あるわあるわ。どれも少々値は張りますが、アウターとしてって考えたら、むしろお買い得までありますよコレ。

THE NORTH FACE PURPLE LABEL ザ・ノース・フェイス パープルレーベル ウールボア フリース フィールド カーディガン

THE NORTH FACE PURPLE LABEL
[ザ・ノース・フェイス パープルレーベル]
ウールボア フリース フィールド カーディガン

ザ・ノース・フェイスの名作デナリジャケットをベースにカーディガン化。肩の落ち感といい、重ね着しやすいゆったりシルエットといい、フーディと相性のいいノーカラーといい、完璧にアウタースペック。4万6200円(ナナミカ マウンテン)
 

袖を外せばベストに!

THE NORTH FACE PURPLE LABEL ザ・ノース・フェイス パープルレーベル ウールボア フリース フィールド カーディガン

 

レイヤード前提のノーカラーがイイね!

THE NORTH FACE PURPLE LABEL ザ・ノース・フェイス パープルレーベル ウールボア フリース フィールド カーディガン

ベルバシーンのパーカ1万7600円(トップウィンジャパンショールーム) ナナミカのパンツ3万1900円(ナナミカ 代官山) クラークス オリジナルズの靴3万3000円(シップス 渋谷店) マニュアル アルファベットの帽子9680円(エムケースクエア)

フリースでも“風抜けナシ”!
「ゴアテックス インフィニアム」はやっぱりすごい!

ゴアテックス インフィニアム

[魅力を消さずに弱みを消すまさに運命のふ・た・り♡]

モコモコな見た目の割にスースーするフリース。防風メンブレンをインしてるものもあるにはあるが、ゴワゴワがつきもの。その点インフィニアムなら防風透湿性をグイッとアップさせつつ、持ち前の柔らかさはキープ♪ これ以上のシンデレラフィットはありません。

THE NORTH FACE PURPLE LABEL ザ・ノース・フェイス パープルレーベル

 
“山”と“街”を結びつけた立役者
THE NORTH FACE PURPLE LABEL[ザ・ノース・フェイス パープルレーベル]
Since 2003 アメリカ

アーバンアウトドアなんて言葉がまだなかった時代から、“都会で機能するアウトドアウェア”を提唱。ハイスペックなのに旬度も高い名品を山ほど開発してきた。TNFの定番品をベースに今の気分を注入したフリースも、毎シーズンヒットする、超売れっ子。

 
※表示価格は税込み


[ビギン2023年1月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin 2023年1月号

Begin 2023年1月号

超アウター ブランド大研究

特別定価850円(税込み)

詳しくはこちら

特集・連載「超アウターブランド大研究」の最新記事

都心部ならアウターはコレで十分。“SPECフリース”が超便利!

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ