string(38) "https://www.e-begin.jp/article/374816/"
int(1)
int(1)
  

ガンゾのゾウ革シリーズ ジンバブエ

製品個々で革の表情が違うから、オンリーワンの自慢財布になります

エキゾチックレザーというと、クロコダイルやアリゲーターなどのワニ革、リングマークトカゲなどのリザードレザー、アミメニシキヘビなどのパイソンレザー、ダチョウ革であるオーストリッチレザーなどが昔からポピュラーです。が、近年、皮革への関心が高まるにつれて、スティングレイレザー(エイ革。ガルーシャの異名も)など、より個性の強い革に注目が集まるようになりました。エレファントレザーこと、ゾウ革もまた、そうしたエキゾチックレザーの一つといえましょう。

ゾウに関しては生態系維持の観点から、ワシントン条約において生体や全身標本、象牙、皮革などの国際取引に規制がかけられています。1975年にアジアゾウの、1990年にアフリカゾウの商取引が禁止されたのですが、1997年にボツワナ、ナミビア、ジンバブエに、2000年には南アフリカ共和国に棲息するアフリカゾウに限り、その革の価格を入札形式で決め、売却額の一部を保護管理活動費に充てるなどの厳格な条件付きで商取引が認められるようになりました。これにより、そうした革が日本にもわずかながら輸入されているわけです。

ゾウ革の革質は非常に丈夫で、引っ掻き傷や切り傷に対する耐性が高く、撥水性にもすぐれ、厚みがあっても柔軟性に富むといった特性をもっています。また、表面に細かい粒状の凹凸が広がり、部位によっては、そこにざっくりと不規則なシワが入った表情が個性的で、革好きならずとも惹きつけられる魅力に富むものとなっています。ちなみにゾウ革の場合、表皮を擦り取って起毛させた、いわゆるヌバック調にして使用されるのが一般的のようです。

と、そんな味わい特濃で、タフ&実用的な稀少革を使い、ガンゾ(GANZO/1917年に創業した皮革製品メーカー、AJIOKA.のオリジナルブランド)が革小物を展開することに。同ブランドでは、これまでにスモールクロコ、リザード、シャークといったエキゾチックレザーの製品を展開してきましたが、今年(2022年)10月下旬に発売予定の、この「ジンバブエ」シリーズでは、日本にてアフリカゾウの喉部分の原皮をクローム×タンニンのダブルなめしで製革し、染料でフィニッシュした貴重な革を使用します。

細かい粒状隆起、大ぶりのシボやトラ(スジ状のシワ)などが複雑に絡み合って織りなす、その革の風合いはまさに「ワイルド!」。しかも、こうした表情は全く不規則であるがゆえに製品個々で1つとして同じものがなく、したがってユーザーはオンリーワンの個性を我が物にできます。また、使い込めば色&ツヤが増すとあって、エイジングもじっくりと堪能できるのです。

「ジンバブエ」シリーズは小銭入れ付き二つ折り財布など全7型で展開され、カラーはブラック、ダークブラウンに加え、ゾウの体色をイメージさせるグレーの全3色から選べます。加えて、内装に使用されているガンゾ定番のシープスキン(ヒツジ革)をゾウ革とアンマッチングカラーにしているので、その色のコントラストも楽しめることでしょう。

さらに強調しておきたいのは製品作りにおいて、ジャパンメイド・ブランドたるガンゾが誇る日本の熟練職人たちが起用されているという点です。したがって縫製などでも、その仕上がりは秀逸にして絶妙。耐久性も申し分なく、タフな革と相まって末永く愛用することができます。ということで、プレシャスなレア革と、日本が誇る世界屈指の技術が組み合わされて出来上がる「ジンバブエ」シリーズ。プライスはちょいお高めですが、それ以上の価値は余裕であります!

アフリカゾウの喉部分の革

アフリカゾウの喉部分の革を使用。その革のワイルドでナチュラルな表情は誠に味わい深く、マット仕上げで、タッチ感も大変心地よいものとなっている。写真のカラーはグレー。

ガンゾのゾウ革シリーズ ジンバブエ 小銭入れ付き二つ折り財布

財布の定番スタイルである「小銭入れ付き二つ折り財布」。表版のみならず、内造りにもゾウ革を贅沢に使用している。W10.5×H9.5×D2cm。写真はグレー。8万8000円。

ガンゾのゾウ革シリーズ ジンバブエ Lファスナー札入れ

使い勝手のいい「Lファスナー札入れ」。室内中央にある仕切りポケットは小銭収納に。W10.5×H8.5×D2cm。写真はダークブラウン。8万8000円。

ガンゾのゾウ革シリーズ ジンバブエ 小銭入れ

コンパクトに使えるミニマムな「小銭入れ」。カード室も併載している。W9.5×H7×D1.5cm。写真はブラック。6万500円。

ガンゾのゾウ革シリーズ ジンバブエ 札バサミ

ジャケットの胸ポケットに入れてもシルエットに響かない薄型「札バサミ」。小銭などを入れたいジップポケット付き。W10×H8×D0.5cm。写真はグレー。4万9500円。

ガンゾのゾウ革シリーズ ジンバブエ ラウンドファスナー長財布

「ラウンドファスナー長財布」は、カード類を多めに持ち歩きたい人にオススメ。W18×H9×D2cm。写真はブラック。14万3000円。長財布では、他に「小銭入れ付き長財布」(W19×H9.5×D1.5cm。13万2000円)と「マチなし長財布」(W18×H9×D1cm。11万円)もラインナップされる。

ガンゾの
ゾウ革シリーズ「ジンバブエ」

発売日:2022年10月下旬予定
取り扱い店舗:限定7店舗(大丸札幌、阪急メンズ東京、新宿髙島屋、横浜髙島屋、神戸大丸、博多阪急、岩田屋本店)

問い合わせ先/AJIOKA ☎ 03-6861-3169
https://www.ganzo.ne.jp/

※表示価格は税込


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ