カシオ プロトレックのPRG-340-1JF

バイオマスプラの外装で、環境にも配慮

秋は人々をいっそうアクティブにするもの。アウトドアではオートキャンプとかもイイのですが、快適な気候の下、よりアグレッシブな本格登山やトレッキングを楽しむのもアリでしょう。と、そんなアクティビティにおいて、とても頼りになる時計のご紹介です。

それはカシオの高性能アウトドアウォッチブランド、プロトレック(PRO TREK)の「PRG-340-1JF」。プロトレックを象徴する「トリプルセンサー」の「Ver.3」が搭載されたモデルの、これは最新作となります。ちなみに「トリプルセンサー」はソーラー駆動により、「気圧/高度」「方位」「温度」を計測するプロトレックの革新技術で、そのうちの「Ver.3」は、高度計測単位が5mから1mに、最短計測間隔が5秒から1秒に性能が高められ、方位も60秒まで連続で計測が可能にした、「トリプルセンサー」の第3世代バージョンです。と、要は、「PRG-340-1JF」を活用することで、ユーザーは自分がいる場所を正確&クイックに把握することができるワケなのです。

そのうえで、今回の新モデルでは二層構造液晶「デュプレックスLCD」が導入されたのです。これにより、方位計測において下層の液晶に時刻や計測値を、上層に「方位」をブルーのグラフィックで大きく表示……と、さらに視認性が向上。歩行中の手元でも見やすく、計測データがしっかりと確認できるものとなっているのです。

しかも、回転ベゼルは簡易的な方位メモリーとして役立ちますし、紙地図の上に平置きしてもグラつかず、安定して水平が保てるようにラグが可動式に変更されたのも嬉しい配慮。さらには、ケース右側面に配置された「COMP」「BARD」「ALTI」の各プッシュボタンに滑り止め加工が施されたことで、グローブを着用したままでもワンプッシュ計測が容易にもなりました。

なお、外装ではケース、ベゼル、裏ブタ、バンドにトウゴマの種やトウモロコシから抽出した成分を含むバイオマスプラスチックを採用。そのうち、ことに衝撃が加わりやすいベゼルには新たに開発した、より強度の高いバイオマスプラが使われております。また、バンドの表材ではアウトドアギアであることを引き立たせるべく、細かい凹凸のテクスチャーをあしらって、ラフな使用シーンにも映える粗い質感に仕上げられてもいるのです。

事程左様に、プロトレックがアウトドアアクティビティでの使い勝手&使い心地に徹底してコダワって信頼性や安全性を向上させた、この「PRG-340-1JF」は、登山やトレッキングなどで良きアテンド役になってくれるハズ。しかも、見た目にギア感が特濃とあって、普段使いにおいてはカジュアルの手元をタフ&ラギッドに見せてくれるアクセになってくれることでしょう!

カシオ プロトレックのPRG-340-1JF

写真左/4時位置の「ALTI」を押すと、内部の圧力センサーが気圧を計測し、その変化量を換算して液晶画面の中央に現在地の高度を知らせる(この写真では高度1228mを示している)。また、その上の高度傾向グラフは、移動中の複数地点における各高度の変化値を表示している。写真右/2時位置の「COMP」を押すと表示される方位計測画面。計測したい目標に12時位置を向けて水平に保つと、目標の方位角(この写真では283°と表示)と目標の方位(写真ではWNW(西北西)を示している)が表示される。なお、液晶画面中のブルーのグラフィックは東西南北を表し、3本線が北を示している。

カシオ プロトレックのPRG-340-1JF

今回、新たにラグを可動式にしたことで、写真のように紙地図の上に平置きしたときにもグラつくことがないので、より正確な方位確認ができるようになった。なお、こうした際、回転ベゼルを簡易的な方位メモリーとして活用もできる。

カシオ プロトレックの
「PRG-340-1JF」

駆動方式:クォーツ(タフソーラー)
防水性能:10気圧
構造:耐低温仕様(-10℃)
液晶構造:デュプレックスLCD
主な機能:方位・気圧&高度・温度計測「トリプルセンサー」、ストップウォッチ(1/10秒、1000時間計、スプリット付き)、ワールドタイム(世界48都市、31タイムゾーン、サマータイム設定機能付き)、日の出&日の入り時刻表示、フルオートカレンダー、アラーム、タイマー、バッテリーインジケーター表示、LEDバックライト(フルオートライト、スーパーイルミネーター)など
ケース&バンド素材:バイオマスプラスチック
ケース幅:W51.7×H54.7×D15.1mm
価格:2万9700円

問い合わせ先/カシオ計算機 お客様相談室 ☎ 03-5334-4869
https://www.casio.com/jp/watches/protrek/

※表示価格は税込


文/山田純貴

特集・連載「CASIO」の最新記事

二層液晶で進化しまくりのカシオ プロトレック

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ