string(38) "https://www.e-begin.jp/article/373172/"
int(1)
int(1)
  

Coleman コールマンのガソリンランタン 242C

“ヴィン腕アナリスト” ビブラント 二子玉川店 店長 中村優汰さんが解析
「40年代グリーンも今後さらに価値が上がる!」

キャンプブームの到来とともに人気過熱中のヴィンテージランタン。その中にあってプロが一生物!と太鼓判を押すのが、コールマンの242Cです。

「名機“200A”が501的存在として知られていますが、この“242C”はある意味そのベースになったモデル。玄人なら必ず1台は持っている名品中の名品です」。

ギアとしてもすこぶる優秀だそうで、「フレームと呼ばれるパーツに鋳物を使っているのも特筆点。後年主流になるスチールよりも錆びにくくて圧倒的に丈夫です」。

「タンクに真鍮を使っていたり、味が出るのも特徴。ただその魅力が広く知られ、ここ10年間で2倍以上値段が上がっています。今が底値だと思って早めの入手をすすめます」

ビブラント 二子玉川店 店長 中村優汰さん

代表作200Aの前身モデルは通ウケも文句なし

 

7年間しか作られなかった知る人ぞ知る名ランタン

Coleman コールマンのガソリンランタン 242C

Coleman[コールマン]
ガソリンランタン 242C

1944年~1950年まで作られていた、知る人ぞ知る名品。「コールマンといえば赤のイメージが強いかもしれませんが、通はより古い年代のグリーンに萌えるんです」。真鍮タンクも使うほどにいい味に育ちそ~♡ 4万8400円(ビブラント 二子玉川店)

Coleman コールマンのガソリンランタン 242C

キャンプ熱の高まりとともに価格が右肩上がりに上昇中
[ガソリンランタン 242Cの価格動向]

ガソリンランタン 242Cの価格動向

ビブラント 二子玉川店 店長 中村優汰さん

ビブラント 二子玉川店 店長
中村優汰さん

古きよきガソリンランタンを中心に、ヴィンテージのアウトドアギアを山ほど揃える、東京・二子玉川の名店。その店長はレストアも自らこなすランタン賢人。

 
※表示価格は税込み


[ビギン2022年9月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin 2022年9月号

Begin 2022年9月号

結局得する一生モノ

特別定価820円(税込み)

詳しくはこちら

特集・連載「結局得する「一生モノ」」の最新記事

ランタン通なら誰もが 1台は持つ不朽の名番。コールマンのガソリンランタン

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ