ナンガ×カシオ プロトレックのPRW-6630NA-1A3JR

コラボのポイントは使い込んだギアをイメージした渋いオリーブ!

ナンガ(NANGA)と、カシオ プロトレック(PRO TREK)。Beginでもおなじみの両ブランドがこのたび、初めてコラボレートし、スペシャルなアウトドアウォッチをリリースします。

国内屈指のダウンメーカーとして多彩なアウトドア製品やアパレル製品を展開しているナンガは、近江真綿使用の敷き布団製造が盛んだった滋賀県米原市にて、1941年に創業した横田縫製を前身としています。1995年に現在の社名であるナンガに変更されたのですが、これは世界に14座ある8000m峰のひとつ、ヒマラヤ山脈のナンガ・パルバット(8126m)に由来する名称。より高みを目指して挑戦していく姿勢を表したものだそうです。

一方、奇しくもナンガ誕生と同じ年にカシオ計算機がスタートさせたプロトレックは、「トリプルセンサー」や「タフソーラー」をコアテクノロジーに添え、クライミングやトレッキング、ハイキングなどのアクティビティをサポートする高機能ウォッチを展開。日本人で唯一の8000m峰全14座登頂者であるプロ登山家、竹内洋岳氏がアンバサダーを務めているブランドです。

以上からもおわかりのとおり、これまた奇しくもナンガとプロトレックは、8000m峰でつながりをもっているわけです。そして、そんな両ブランドが手を組んだとあって話題になっているのが、このプロトレックの「PRW-6630NA-1A3JR」です。

本モデルはプロトレック「PRW-6611」をベースモデルとし、そこに使い込まれたクライミングギアをイメージしたカラーリングを採用したもの。極太の時・分針や太デカなインデックスなどが配置された、視認性バツグンな文字盤をはじめとする、その無骨な姿は「PRW-6611」由来であり、これに渋めオリーブカラーが相まってミリタリーな雰囲気も感じられて、それが本モデルの個性となっております。しかも、ケースやウレタンバンドなどにバイオマスプラスチック(植物などの再生可能な有機資源を原料とするプラスチックのこと)を採用したことで、環境への配慮もなされています。

人気ブランド同士の初コラボモデルとあって注目度はとても高く、両ブランドいずれからも販売が予定されているものの、すでに先行予約は完売済みの好評ぶりです。ということで、確実に入手したくば早めを決断を心がけてください!

PRW-6630NA-1A3JR付属品のナイロン製ミニ・エコバッグとミニポーチ

付属品として前身頃に両ブランドのロゴがプリントされたナイロン製ミニ・エコバッグ(左)と、寝袋ケースをグッと小さくしたかのようなミニポーチ(ナンガの製品に多用されているリップストップナイロン製)をご用意。ともに、時計と共色のオリーブカラーだ。

ナンガ×カシオ プロトレックの
「PRW-6630NA-1A3JR」

駆動方式:クォーツ(タフソーラー)
防水性能:10気圧
主な機能:電波時計(マルチバンド6)、ワールドタイム(世界29都市)、方位・気圧&高度・温度計測「トリプルセンサー」など
ケース幅:51.5mm
ケース素材:バイオマス樹脂
ベゼル素材:ステンレススチール
バンド素材:ソフトウレタン(バイオマス樹脂)
付属品:リップストップナイロン製ミニポーチ、ナンガオリジナルポケッタブルエコバッグなど
価格:6万6000円
発売日:2022年7月15日
※ナンガオンラインショップでは2022年7月8日に発売開始。

問い合わせ先/カシオ計算機 お客様相談室 ☎ 03-5334-4869
https://www.casio.com/jp/watches/protrek/products/prw-6630na/

※表示価格は税込


文/山田純貴

特集・連載「CASIO」の最新記事

先行予約は完売!! ナンガ×カシオ プロトレックコラボウォッチが本日発売

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ