wook vol.11

ルービックキューブのカラーを取り込んだ、遊び心たっぷりのスペシャルGです!

一定以上の年齢であれば、「ルービックキューブ(Rubik’s Cube)」が一世風靡した、あの時代をご記憶の人が少なくないはずです。立体パズルの「ルービックキューブ」は、各面が3×3=9個の正方形(それらには、それぞれホワイト、レッド、オレンジ、ブルー、イエロー、グリーンのいずれかのカラーシールが貼られている)に分割された正六面体を成しており、3つの軸で回転させて各正方形のポジションを動かし、全ての面を同一色に揃えることを目指すゲームです(現在では、これらの条件とは異なる多様なバリエーションがありますが)。ハンガリーの建築学教授エルノー・ルービック氏が教え子に三次元幾何学を説明するため、1974年に考案した木製の正六面体が原型で、その3年後、「マジックキューブ」の名称で発売されると、ハンガリー国内で大ヒットしました。

1980年、発明者の名を冠した「ルービックキューブ」として世界展開が開始され、同年、日本にも上陸したところ、たちまちにして大ブレイク! 初年度だけで約400万個を売り上げたというからビックリです。また、全面を揃えるまでの時間の速さを競う番組がテレビ放映されて高視聴率を記録したり、翌年に都内で開催された「全日本キュービスト大会」にテクニック自慢の約400人が参加したりと、巷で大変な盛り上がりを見せたのでした。ちなみに、近年も巣ごもり需要の影響から、再び「ルービックキューブ」に注目が集まっているそうです。

さて、今回ご紹介するのは、あのG-SHOCKと「ルービックキューブ」とのスペシャルなコラボモデルです。オクタゴンベゼルが人気の「GAE-2100」をベースモデルとしつつ、ブラック、ホワイト、および3原色を文字盤などに、また、オレンジをストラップの尾錠(バックル)に、グリーンを遊環(ベルトループのうち、前後に移動できるタイプのこと)にと、「ルービックキューブ」でおなじみの各色を取り入れて、遊び心たっぷりのG-SHOCKに仕上がりました。また、「Rubik’s」のロゴをケースバック、ストラップ、パッケージにあしらってスペシャル感を強調。そのうえ、ホワイトカラーのベゼルを、付属のブラックベゼルに交換もできちゃうのです!

「ルービックキューブ」のファンにとり、コレが絶対狙い目の1本であるのは言わずもがなですが、そうじゃない人にとってもポップで小洒落たカラーリングが新鮮ゆえ、春夏カジュアルの軽やかなアクセントとして、このコラボGを取り入れてみてはいかがでしょうか。

ルービックキューブを模した、ポップなデザインのスペシャルパッケージ入り。交換用のブラックベゼルなども同梱されている。

カシオ G-SHOCKの
「2100シリーズ Rubik’s Cube コラボレーションモデル GAE-2100RC-1AJR」

駆動方式:クォーツ
防水性能:20気圧
構造:耐衝撃(ショックレジスト)、カーボンコアガード構造
おもな機能:ワールドタイム(世界48都市、31タイムゾーン、サマータイム設定機能付き)、フルオートカレンダー、ストップウォッチ、タイマー、アラーム、ダブルLEDライトなど
ケース幅:45.4mm
ケース素材:カーボン樹脂
ベゼル素材:樹脂
バンド素材:樹脂
価格:2万900円

問い合わせ先/カシオ お客様相談室 ☎ 03-5334-4869
https://gshock.casio.com/jp/

※表示価格は税込


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ