Begin Market

NIKE ナイキのエア・ジョーダン6

1991年マイケル・ジョーダン擁するシカゴ・ブルズがNBA初優勝。
日本でもバスケットボール人気高まる

バスケットの神様と呼ばれた、元NBA選手であるMJことマイケル・ジョーダン。彼のために作られたナイキのエア・ジョーダンと聞けば、思い浮かぶのは1でしょう。今やオリジナルは数百万の値で取引される世界でも人気のモデル。でも1が日本で発売された当時は、誰も見向きもせず、まったく売れなかった(笑)。

エア・ジョーダンが日本で注目されるのは1991年、MJがNBAで初制覇を果たしてから。アメリカの熱狂が日本に届き、バスケカルチャーが浸透。ちょうどその頃、ゴールデンタイムにNBAの試合が放映されるようになったり、「天才・たけしの元気が出るテレビ」の企画で3on3が流行ったり、バスケが大衆の目に映るようになったのも大きかった。

そうしてMJの優勝を支えた6が日本で大ヒット。前身の戦闘機モチーフゆえの無骨さが抜け、洗練された流麗なデザインも人気を後押しし、単なるバッシュから街のお洒落靴へと昇華していったのです。

得てしてスニーカーブームといえば、のちのエアマックスが語られがちですが、MJ優勝と6のブレイクこそ、日本のスニーカーブームの先駆けといえましょう。
 

MJ初優勝を支えた素足のような履き心地

NIKE ナイキのエア・ジョーダン6

NIKE[ナイキ]
エア・ジョーダン6

’91年に発売。マイケル・ジョーダンがNBA初制覇した際に着用していたモデル。またバスケブームを後押しした名作漫画『スラムダンク』の桜木花道が着用していたことでも知られる。2019年の復刻。 2万2000円(SKIT)
 

元NASAの技術開発者が考案

NIKE ナイキのエア・ジョーダン6

エアとは、衝撃を吸収するためにミッドソールに搭載したエアバッグ。宇宙飛行士のクッションをヒントに、元NASAのフランク・ルディが考案。

宇宙飛行士

漫画『スラムダンク』もブームの追い風に

スラムダンク
©井上雄彦
I.T.Planning.inc

エア・ジョーダン6はバッシュ界のネオクラ!?

ポルシェ911

エア・ジョーダン6の流麗なデザインは、MJ愛用「ポルシェ911」から着想を得たとか。今なお洗練されて見えるのも、昨今注目のネオクラシックがベースなら納得!

バットマンのブーツはバッシュ由来だった!

バットマンのブーツ

’92年公開『バットマン リターンズ』。バットマン演じるマイケル・キートンが着用したブーツは、エア・ジョーダン6 がモデルだそう。過激なアクションシーンを支えたのは、エアの優しいクッションだったのか。へ~。

バットマン

ナイキと人気を分けた名作バッシュも

NBA選手のブランドがダンサーの間で大ブレイク

WING ユーイングの33HI

EWING[ユーイング]
33HI

ニューヨーク・ニックスの名センター、パトリック・ユーイングがアディダスとの契約を放棄し1989年に設立したブランド。日本ではダンサーを中心に絶大な人気を誇った。8800円(SKIT)
ダンサー
 

バスケ強豪校の着用率No.1!?

ASICS アシックスのGEL-PTG MT

ASICS[アシックス]
GEL-PTG MT

発売から30年近く多くのプレーヤーに愛された質実剛健な名作。本作は、オリジナルをベースにライフスタイル向けに復刻した一足。1万4300円(アシックスジャパン お客様相談室)
 
※表示価格は税込み


[ビギン2022年2月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin 2022年2月号 表紙

Begin 2022年2月号

ビギンベスト100

特別定価730円(税込み)

詳しくはこちら

特集・連載「傑作スニーカーの超現代ヒストリー ’90s~2010年代編」の最新記事

’90sスニーカーブームは「エア・ジョーダン6」から始まった

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ