WOOLMARK COMPANY

ゴールドウイン Goldwin モッズコート

今っぽいボリュームで雨天時の安心感も格別

ビギンでは、対・雨用アウターの最右翼として撥水ステンカラーコートをたびたび紹介してきました。が、これだと頭は濡れちゃうから小雨でも傘なしだとちとキツい。

さらにビジネスのドレスコードの敷居も下がった今、よりカジュアルで便利な全天候型アウターとしてモッズコートを推したい所存です。ただ、レインボーブリッジを封鎖しそうなコテコテの軍モノじゃ万能とは言えないし、何より濡れに弱い。

本命は、形やディテールがアレンジされた、アウトドアブランドのハイスペックモデルです!  機能性はもちろんのこと、まずその魅力はきれいなシルエット。ちゃんとモダナイズされていて野暮ったさは一切ナシ。

このゴールドウインの一着で言えば、着丈が長めで裾にかけてゆるく広がったシルエットが抜群に都会的。防水透湿のパーテックスナイロンシェルで、大きなフードはひさしが長めで雨除けとしての性能も◎。一着で絵になるし、毎日コレを着る未来が見えますね。

パーテックス アンリミテッド
 
パーテックス アンリミテッド
 
耐水性や透湿性だけでなく、防風性も備えたこの素材は、都市生活を想定して開発されたモノだ。コットンライク風合いもそれが理由。“いかにも機能素材”じゃないのが洒脱だ。

 

アウトドアステンで通勤するのはいまや普通のことに

ゴールドウイン Goldwin ステンカラーコート

上品でレインウェアとしても有益なアウトドア仕様のステンカラーコート。それでも頭や顔を濡らさぬため、傘が不可欠だったけど……。7万4800円(ゴールドウイン 丸の内)
 

フードがあると、さらに便利じゃん

ゴールドウイン Goldwin モッズコート

フードのあるモッズなら無防備な頭も守れる
Goldwin[ゴールドウイン]
モッズコート

2層構造のシェルはナイロンながらマットで、コットンのような自然な質感。いかにも雨具にならず、ブラックのワントーンは洗練された印象を与える。各所のジップはもちろん止水仕様。4万1800円(ゴールドウイン 丸の内)

ゴールドウイン Goldwin モッズコート

エディフィスのジャケット2万5300円、同パンツ1万5400円(エディフィス 新宿) ラコステのポロシャツ1万5400円(ラコステお客様センター) コモン プロジェクトの靴6万4900円、トゥミ フォー シップスの鞄1万5400円(シップス 渋谷店) アヤメの眼鏡3万3000円(アヤメ)

 
※表示価格は税込み


[ビギン2021年12月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「モノすごい機能で選ぶ冬の服」の最新記事

ステン以上に雨対応◎な、ゴールドウインのアウトドアモッズ

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ