wook vol.7

カシオ プロトレックのエルネスト クリエイティブ アクティビティ コラボモデル

世界遺産屋久島の貴重な大自然を街着のお手元に!

カシオの本格アウトドアウォッチブランド、プロトレック(PRO TREK)と、「旅」をコンセプトにしたアクティブウェアを展開するファッションブランド、エルネスト クリエイティブ アクティビティ(ELNEST CREATIVE ACTIVITY/2007年設立)。両社は2019年秋に初のコラボウォッチをリリースしていますが、このたび、第2弾として鹿児島県南西諸島に属する屋久島の自然がテーマのモデルを発売しました。

約1400万年前にマグマによって海底プレートが押し上げられてできた屋久島は、中央山岳部のほとんどが花崗岩で形成され、ローソク岩などの岩塔が各所に林立しています。また、標高が2000m近い山々があるため、植物相は亜熱帯から亜寒帯までと多様で、600m以上には杉の樹林が分布。このうちで樹齢1000年以上の巨木や変形木に限り「屋久杉」と呼ばれるのです。ちなみに現存最古の個体「大王杉」は、なんと樹齢3000年以上とか! そして、これら屋久杉の自生林を含む島の面積約21%が、1993年に日本で最初のユネスコ世界遺産として登録されたのです。

さて、コラボ第2弾モデルに話を戻しましょう。本品は、コンパクト化と視認性を追求した「PRW-30」をベースモデルに、そこにエルネストが、同ブランドらしい質実剛健な世界観をもって屋久島独特の生態系を表現したものです。たとえば、ケースのダークカラーは同島の花崗岩をイメージしており、デュラソフトバンドにはその花崗岩に豊富に含まれている石英(クォーツ)の粒をモチーフとした塗装があしらわれています。また、付属の交換用クロスバンドは同島の動植物をテーマとする、エルネスト独創のカモフラージュ柄がプリント、といった具合です。

旅や日本の伝統文化からインスピレーションを受け、それをデザインに落とし込んで自然と街を結ぶウェアを展開しているエルネストですが、屋久島の貴重な大自然とプロトレックの最先端テクノロジーが巧みに融合された本品は、まさに同ブランドの面目躍如を実感する時計に仕上がっているのです!

カシオ プロトレックのエルネスト クリエイティブ アクティビティ コラボモデル 迷彩柄クロスバンド

付属の交換用クロスバンドには今回、エルネストが新たに制作した迷彩柄「Yakushima Forestra Camo」をプリント。この柄は屋久島特有の動植物で構成したコラージュで、同島の成り立ちや自然の中にある世界観を表現したものだ。

カシオ プロトレックの
「エルネスト クリエイティブ アクティビティ コラボモデル」

品番:PRW-30ECA-1JR
駆動方式:クォーツ(タフソーラー)
防水性能:10気圧
ケース素材:樹脂
ベゼル素材:ステンレススチール
ケース幅:45.2mm
機能:トリプルセンサー(方位計測、気圧計測、高度・温度計測)、気圧傾向表示機能、世界6局マルチバンド対応時刻自動修正、世界48都市・31タイムゾーン対応ワールドタイム、1/10秒ストップウォッチ、時刻アラーム、スーパーイルミネーターなど
バンド素材:シリコーン樹脂「デュラソフト」
付属品:ジャカード織り布バンドなど
価格:5万1700円(2021年6月18日発売)

問い合わせ先/カシオ計算機 お客様相談室 ☎ 03-5334-4869
https://www.casio.com/jp/watches/protrek/
 
※表示価格は税込


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ