wook vol.7

HOKA ONE ONE ホカ オネオネのテンナイン ハイク GTX

グリップ&推進力にすぐれているから、山登り初心者にもオススメです

ホバークラフト(一般名称はエアクッション艇)は、水面や地面に向けて空気を高圧噴射することで浮揚して進む水陸両用の乗り物です。艇体下部に設けられた「スカート」と呼ばれるゴム製の側壁が張り出した姿には印象的なものがありますが、厚底ランニングシューズの元祖ブランド、ホカ オネオネ(HOKA ONE ONE)のハイキングブーツ「テンナイン ハイク GTX(TenNine Hike GTX)」を目にして「ホバークラフトみたい」と思う人は少なくないはずです。

ブ厚いうえに、後方に大きく張り出したヒールは「ハブル® ヒール」形状と銘打たれた独自の構造。地面との接触面が大きく、これが高クッション性の圧縮形成EVAフォームやメタロッカー(揺りかごのようなソール形状のこと)テクノロジーなどと相まって、高い推進力と、効率のいい体重移動を可能にし、まるでホバークラフトのような履き心地を実現しているのです。

加えて、アウトソールに軽量ながら耐久性にすぐれた「Vibram® Litebase(ヴィブラム® ライトベース)」構造と「Vibram® Megagrip(ヴィブラム® メガグリップ)」を採用したことで、濡れた地面上でも高いグリップ力を発揮。また、アッパーに撥水性加工を施したリップストップ生地を使い、その裏地に防水放湿素材「ゴアテックスファブリクス」メンブレンを使用することで水の浸入を防ぎつつ、つねに靴中を快適な環境に保ってもくれます。

ちなみに、環境への配慮もなされており、前述のリップストップ生地の撥水処理では環境に有害なパーフルオロケミカルは使わず、「ゴアテックスファブリクス」とともにアッパーに採用しているフォームファブリック「ARIAPRENE®(アリアプレーン)」(フィット感や通気性にすぐれた素材)はリサイクルポリエステル素材。履き口周りやヒールタブ、シューレースなどにもリサイクルポリエステルが使われております。

トレイルで最高のパフォーマンスを発揮し、数日間のバックパックトレッキングや、日帰りキャンプなどライトハイキングにも対応する、この最進化型のハイキングブーツは、たとえラフなフィールド環境にあっても、(浮揚はしませんが)まるでホバークラフトのごとき軽快な足運びをもたらしてくれることでしょう!

HOKA ONE ONE ホカ オネオネ テンナイン ハイク GTXのアウトソール

アウトソールでは、滑りやすい路面でも高いグリップ性能を発揮する「ヴィブラム® メガグリップ」に、そのグリップ性能や耐久性は維持しながらも、厚さを50%削減して約30%の軽量化を実現した「ヴィブラム® ライトベース」構造を組み合わせたハイブリッドを採用。また、センターに切り込みがあるスワローテール形が印象的な「Hubble®(ハブル)ヒール」は地面との設置面を最大限にするホカ オネオネ独自のディテールだ。

ホカ オネオネの
「テンナイン ハイク GTX」

アッパー素材:リップストップナイロン、リサイクルポリエステル「ARIAPRENE®(アリアプレーン)」
ライニング素材:ゴアテックスファブリクス
ミッドソール素材:圧縮形成EVAフォーム
アウトソール素材:「Vibram® Megagrip(ヴィブラム® メガグリップ)」
ヒール形状:「Hubble®(ハブル)ヒール」
サイズ:25.0cm~30.0cm
重量:504g ※サイズ27cmの場合。
カラー:モロッカンブルー×サフランのみ
価格:3万5000円
 
※本品は登山やハイクなどのアウトドア専用ギアのため、階段の昇降や運転には使用しないでください。

問い合わせ先/デッカーズジャパン ☎ 0120-710-844
https://www.hokaoneone.jp
 
※表示価格は税抜き


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ