ビギンマーケットセール

オートバイ×スノーピーク×ジャーナル スタンダード レリューム TAKIBI Denim TSUNAGI

着たい服とキャンプがストレスなくつながる!

キャンプで着る服。おそらく多くの人はシェルやフリースが頭に浮かぶと思います。ただし! 知らぬ間に火の粉を浴びて穴が開いた……。普段も着るのに~!(悔)てこと、結構あるんですよね。かといって使い捨てのような服を着るのもテンションダウン……。

そんなモヤモヤを抱えていた皆さんに朗報です! それがオートバイ×スノーピーク×ジャーナルスタンダード レリュームによるツナギ。たしかにツナギってキャンプにもよさそうですが、これがただモンじゃ~ございません!

オートバイ×スノーピーク×ジャーナル スタンダード レリューム TAKIBI Denim TSUNAGI

ベースは90年以上の歴史があるオートバイのツナギの傑作、「#1600」。そして機能的なディテールはそのままに、スノーピーク独自の難燃素材、焚火デニムでアレンジ。つまりタフで実用的なうえ、火にも強い!

オートバイ×スノーピーク×ジャーナル スタンダード レリューム TAKIBI Denim TSUNAGI

同時に上の着用カットにご注目。ツナギはインナーをのぞかせたり、上半身部分を腰に巻いたり、硬派な着こなしのニュアンスがいろいろ。するとキャンプでもナチュラルにオシャレを楽しめる。待ち望んだキャンプウェアが、ここに誕生です!

オートバイ×スノーピーク×ジャーナル スタンダード レリューム TAKIBI Denim TSUNAGI

AUTO-BI×Snow Peak×JOURNAL STANDARD relume
[オートバイ×スノーピーク×ジャーナル スタンダード レリューム]
TAKIBI Denim TSUNAGI

1927年にスタートした、自動車・バイク業界などから絶大な支持を得るワークウェアブランド、オートバイの「#1600」がベース。多彩なポケット、背中には動きやすいプリーツを装備。ベルトはアジャスター付きで、腰回りのフィット感を調節できる。3万9800円。

木の枝で服が破れちゃった……
[AUTO-BI]ニッポンの傑作ツナギ服ならとにかく頑丈

オートバイ×スノーピーク×ジャーナル スタンダード レリューム TAKIBI Denim TSUNAGI
①3本針で巻き縫い ②4本針で上下を縫製

オートバイはワークウェアに特化した山田辰の看板ブランド。1950年代の日本の高度経済成長とともに、同ブランドのツナギ服はその意匠を洗練させてきた。本作のベースは、なかでも傑作と名高い#1600。

オートバイ AUTO-BI

肩部を含む、多くの縫製はタフで美しいトリプルステッチの巻き縫い。トップとボトムをつなぐベルトは、希少な4本針のミシンで一気に縫い上げられている。他ではなかなか見られない、山田辰・出雲ファクトリーならではの頑強な意匠だ。

火の粉で大事な服に穴が……
[Snow Peak]強靭難燃デニムだから火の粉お構いなし

オートバイ×スノーピーク×ジャーナル スタンダード レリューム TAKIBI Denim TSUNAGI
①強靭なコーデュラ×難燃のカネカロン ②キャンプでも便利なハンマーループ

素材はスノーピークが開発した焚火デニムを使用。タテ糸に綿×コーデュラナイロン、ヨコ糸に難燃素材のカネカロンを使い、タフで火に強くキャンプシーンにうってつけの素材だ。

スノーピークのTAKIBIデニムシリーズに今シーズン新たに加わったスタイリッシュなブラックカラーが採用されている! またスノーピークのアイデアで、腰両脇にハンマーループもプラス。

ツナギって着こなしが難しい……
[JOURNAL STANDARD relume]お洒落プロが教える差がつくツナギの着こなし

 

「モダナイズしたサイズ感は一枚でもサマになります」

オートバイ×スノーピーク×ジャーナル スタンダード レリューム TAKIBI Denim TSUNAGI
ジャーナル スタンダード レリューム EC マーチャンダイザー
平田知之さん

「本作は、基の#1600のXLサイズをLサイズとして、裾の長さだけ調節しています。ビッグなサイズ感は着るだけでサマになりますね。」

ダナー×スノーピークのブーツ2万8800円。(スノーピーク)

 

「ロンTチラ見せ×白スニで街着もOKな軽快感を演出」

オートバイ×スノーピーク×ジャーナル スタンダード レリューム TAKIBI Denim TSUNAGI
ジャーナル スタンダード レリューム 表参道店 スタッフ
長谷川眞也さん

「大胆に前を開けて、インナーに白T、足元に白スニを合わせれば、軽快な街着スタイルに。上下一体だから実はコーデも考えやすい!」

さらにパーカを上にレイヤードするのも、オススメテクニックだ。

 

「上を結んで腰巻きすれば着こなしのアクセントに」

オートバイ×スノーピーク×ジャーナル スタンダード レリューム TAKIBI Denim TSUNAGI
ジャーナル スタンダード レリューム マーチャンダイザー
鷹野 徹さん

「袖を通さず腰に巻くのも、簡単にニュアンスを醸せるテクニック。ロンTでもいいですが、スウェットを合わせてもバッチリ映えます。」

ダナー×スノーピークのブーツ2万8800円。(スノーピーク)
 

ツナギと相性抜群のコラボアイテム

オートバイ×スノーピーク×ジャーナル スタンダード レリューム コラボキャップ、スウェット、ロングスリーブTシャツ

AUTO-BI×Snow Peak×JOURNAL STANDARD relume
[オートバイ×スノーピーク×ジャーナル スタンダード レリューム]
コラボキャップ、スウェット、ロングスリーブTシャツ

実は上で着用しているのが、3社コラボのアイテムだ。オートバイとスノーピークのロゴを交えたデザインを、ジャーナル スタンダード レリュームと共同開発。キャップの生地には、焚火デニムを採用した。キャップ7800円。スウェット8800円。ロンT6800円。

実際のキャンプシーンも要CHECK!!
https://baycrews.jp/feature/detail/1879

商品の問い合わせ先/スノーピーク
☎ 0120-010-660

(問)ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店
☎ 03-5909-4675
https://baycrews.jp/(オフィシャルEC)

※表示価格は税抜き


写真/若林武志 文/桐田政隆

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ