Barbour バブアー BEDALE ビデイル

「浅色コーデュロイは玄人がこぞって奪い合う“わかってる”の勲章」
―ブリティッシュ ワークス ジャケット マーケット 山岸祐太さん

名作揃いのバブアーのなかでも、ヴィンテージ市場で玄人たちがピンポイントで狙いを定めているのが、色の浅いコーデュロイ衿が採用されているビデイル。

Barbour バブアー BEDALE ビデイル

山岸さん曰く、「浅色のビデイルは古くて希少性があるため人気がピカイチ!」

「ボディが定番のセージカラーの場合、衿はダークブラウンと決まっていますが、それは生産方式等が固まった’85年の下半期以降のこと。意外と知られていないんですが、’85年の上半期より前に作られた製品には、モカやグレー、ライトブラウンといった色みの異なる複数のコーデュロイが使われているんです」。

Barbour バブアー BEDALE ビデイル

身生地とよりコントラストがついて見える浅色ビデイルは、無骨なのに品も感じられる。状態次第では4万円前後で入手できますし、“わかってる”を無言で主張できることから玄人ウケも抜群なんです」
 

TEACHER

山岸祐太さん
ブリティッシュ ワークス ジャケット マーケット 代表
山岸祐太さん

 
※本特集の掲載商品はすべて参考商品です。


[ビギン2020年9月号の記事を再構成]写真/上野 敦(プルミエジュアン) 文/黒澤正人

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ