AUBERGE[オーベルジュ]ネスト

19世紀の作り方を再現した無染色ニット

毛玉になるし気づけば穴も開いてるし。ニットはある程度消耗品として捉えている人もいらっしゃるでしょう。でもね、19世紀さながらの手法を駆使して、手動の編み機で編まれるこのニットは、完全に別モノ。むしろ、着込んで育てる楽しさがあるんです!

AUBERGE[オーベルジュ]ネスト

染色はおろか、不純物を除くための薬品処理もしていない羊毛を用いた本作は、藁まで一緒くたに編まれた、粗野感満点の表情が醍醐味。染色や薬品処理をしない結果として、羊毛に本来備わっている脂分を損なわず、繊維を傷めないという恩恵もあります。

そこへブ厚いローゲージが相まって、かつての漁師ニット同様のタフネスが備わる♪ってわけなんですね。加えてそもそもの魅力が粗野感ですから、毛玉になろうとそれもまたアジ!

デニムがそうであるように、10年後には自分だけのニットになっていることでしょう!!

AUBERGE[オーベルジュ]ネスト

AUBERGE[オーベルジュ]
ネスト

19世紀の手法を駆使して作られたニット。デザインは第二次大戦中にアメリカのお母さんたちが兵士のために編んだ、ハンドニットがベース。本作は手横編み機を使いながら、あえて編みのテンションを変え、アジな素人感を再現している。3万4000円。(ホワイト スロウガン)
 

藁も一緒に編み込んでます

AUBERGE[オーベルジュ]ネスト

現代のウールは通常、化炭処理と呼ばれる薬品処理で不純物を取り除くが、本作は未染色に加えて未化炭。随所の藁ネップがイイ味に。
 
※表示価格は税抜き


[ビギン2020年3月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「これさえあれば!で選んだ一生モノ」の最新記事

オーベルジュのニットさえあれば10年後には自分だけのニットに!

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ