ウエストオーバーオールズ デニム パンツ 801S

“カウボーイの本気な意匠が弱点克服に役立ったんです!”―ウエストオーバーオールズ デザイナー 大貫達正さん

小学生の頃からヴィンテージが大好き。ですが、セルビッジは直線的な生地の端の縫い合わせゆえ、そのジーンズを穿くとo脚が強調されることが多かった。それを解消したくて参考にしたのが、カウボーイのためのデニム「ラングラー」でした。

あえてセルビッジを排除したパターンと縫製は、パンツ外側の脚のラインに合わせた曲線的シルエットを可能に。本来ジーンズ自体の強度を上げるためのガチな意匠ですが、o脚の人が穿いても美脚効果絶大!

古着店での経験とコンプレックスがあってこそ、美しいシルエットに辿り着けたのかもしれません。

大貫さん私物のラングラー 11MWZ
大貫さん私物のラングラー 11MWZ

ウエストオーバーオールズ デザイナー 大貫達正さん

ウエストオーバーオールズ
デザイナー 大貫達正さん

少年時代に抱いた古着への興味をきっかけに服飾デザイナーを志し、19歳で古着店の買い付けを担当。複数のブランドのディレクションなどをこなす傍ら、2017年にブランドをスタート。

【今買える】ウエストオーバーオールズ 801S

WESTOVERALLS[ウエストオーバーオールズ]801S

WESTOVERALLS[ウエストオーバーオールズ]
801S

脚の曲線に沿ったストレートシルエットの定番。ジーンズ誕生の瞬間をオマージュしたベルト部分の一枚生地で、スッキリした腰回りを演出。1万9000円。(ストールショールーム)

WESTOVERALLS[ウエストオーバーオールズ]801S
あえてのセルビッジなしで美脚を実現

 
※表示価格は税抜き


[ビギン2020年2月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「偏愛デニム集」の最新記事

ウエストオーバーオールズの美シルエットデニムの源流とは

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ