ユナイテッドアローズとビューティ&ユースのプレス陣

上写真/ユナイテッドアローズとビューティ&ユースのプレス陣。左からユナイテッドアローズ 辻 典秀さん、ビューティ&ユース 児玉 孝志さん、ユナイテッドアローズ 渡辺 健文さん、ビューティ&ユース 大野 亮さん

ブランド色に染めました

UNITED ARROWS×GITMAN VINTAGE ユナイテッドアローズ×ギットマンヴィンテージ クレイジーストライプシャツ
これだけパンチの利いた色別注はビューティ&ユースにもない!

「実はこれユナイテッドアローズの象徴的なアイテムなんです」。
―ユナイテッドアローズ 渡辺さん

UNITED ARROWS×GITMAN VINTAGE ユナイテッドアローズ×ギットマンヴィンテージ クレイジーストライプシャツ

UNITED ARROWS×GITMAN VINTAGE
[ユナイテッドアローズ×ギットマンヴィンテージ]
クレイジーストライプシャツ

名門ギットマンの定番ボタンダウンをクレイジーストライプに仕上げた変わり種。トラッドの象徴に外しを利かせた、ユナイテッドアローズの妙技を味わえる特注品だ。仕立ては当然USメイドを貫いている。2万1000円。

大野 前半戦はお互いを褒め合って少し気持ち悪い感じになってたんで(笑)、後半戦は各々の秘蔵っ子を自らで推しあいましょう!

 それはそれで手前ミソな感じがするけど(苦笑)、ここはプレス魂を発揮して臆せずリコメンドします! ってことでまずはこのボタンダウン。二人ともこんなにポップなギットマン見たことないでしょ!?

児玉 ないない! これはカジュアルに強いビューティ&ユースでもさすがに怯んじゃうくらいクレイジー(苦笑)。

渡辺 でもそれこそ、昔のブルーレーベルストアにいた先輩たちがよく着ていたイメージがあって実際、店頭にも並んでいた。クレイジーパターンのストライプとかチェックとか。そういう意味ではユナイテッドアローズの象徴的なアイテムのひとつ。ネイビーブレザーに合わせてたね。

「カジュアルアイテムをクリーンに仕上げるビューティ&ユースの業」。
―ビューティ&ユース 児玉さん

BEAUTY&YOUTH×WILDTHINGS ビューティ&ユース×ワイルドシングス フリースジャケット、フリースパンツ

BEAUTY&YOUTH×WILDTHINGS[ビューティ&ユース×ワイルドシングス]
フリースジャケット、フリースパンツ

強風が吹いても冷えにくい“ポーラテック ウインドプロ”を使用した快適フリースを、ワントーンで品よくアレンジ。セットアップで着ても楽チンでいい。右/1万8000円。左/1万4000円。

大野 たしかにブレザーなんかに合わせるとイイ感じにトラッドを崩せそう。こりゃ強敵。となればこっちは反対にワントーンのフリースセットアップを推します!

 お~、こっちは一転して上品。部屋着感が出がちなフリースを上手いこと大人仕様にしてますね。

児玉 トラッドをクレイジーカラーで遊ぶのがウチらの伝統技法だとしたら、カジュアルアイテムをクリーンに仕上げるのも ビューティ&ユースの真骨頂! もちろんワイルドシングスのフリースだけに保温性の高さは言わずもがな。冬場でもヨユーで活躍してくれると思います。

渡辺 たしかに見た目もクリーンだし、機能的にも体にガタがきつつある大人にはありがたい(笑)。

 ワンマイルどころか街にも海にも着ていけそう。欲しい!

大野 ビューティ&ユース好きだねー(笑)。

究極の“気持ちイイ♡”

ユナイテッドアローズとビューティ&ユースのプレス陣

「ラクを極めた休日パンツが作りたくて……グラミチさんと」。
―ビューティ&ユース 大野さん

BEAUTY&YOUTH×GRAMICCI ビューティ&ユース×グラミチ ボアパンツ

BEAUTY&YOUTH×GRAMICCI[ビューティ&ユース×グラミチ]
ボアパンツ

片手で着脱できるウェビングベルトや180度開脚できるガゼットクロッチ等、山パンの機能を押さえながら、伸びるボア地でさらに極ラクに。スソのドローコードで保温性もGood。1万2000円。

大野 続いて推したいのは、究極の休日パンツを目指してグラミチに別注したボアパンツ!

渡辺 これはまた見るからにラクそうじゃないですか(笑)。

児玉 山パンの意匠はしっかり入れつつボアにしてるのがウリです。

 うわこれマジであったかい!ストレッチも利いてるし、こりゃ一回穿いたらもう脱げなそう。

「チェック柄がきれいに出るんですよね」。
―ユナイテッドアローズ 渡辺さん

Joshua Ellis ジョシュアエリス カシミア チェックストール

Joshua Ellis[ジョシュアエリス]
カシミア チェックストール

なんと1767年に創業した英国の超老舗テキスタイルメーカー。巻き方自在な大判なのにカシミアを贅沢使い。エッジがボヤけない色出しの妙はここの得意ワザだ! W70×H190cm。各5万7000円。

渡辺 ヤミツキ系の良品ならユナイテッドアローズにもありますよ。

大野 おぉ、ジョシュア エリス。しかもカシミア100%だ!

児玉 うわ~、これ気持ちい~♡

渡辺 微妙な色の組み合わせや柄の構成でもここまでしっかり出せるのはここの魅力。肌触りだけじゃなく見た目の気持ちよさまで追求してくれてるんです。

“着やすい服”の理想形

ユナイテッドアローズとビューティ&ユースのプレス陣

「このロングコートなら肩肘張らずに着られそう」。
―ユナイテッドアローズ 辻さん

BEAUTY&YOUTH ビューティ&ユース ロングコート

BEAUTY&YOUTH[ビューティ&ユース]
ロングコート

ウールを縮絨させた生地はクラシカルな見た目に反してすこぶる軽い♪ 品よく着られる大人のビッグシルエットを求めてた服好きにドンピシャ。ベーシックなデザインも応用力を持っている。3万2000円。

大野 仕事柄服は山ほど持ってるんですけど、迷った時に手が伸びる服って大体決まってません?

 わかります。年をとってきてからは洒落感だけで突っ走れないというか、どうしても“ラク”な要素も求めちゃうんですよね。

大野 そうそう。そこで本当の意味で“着やすい”を考えたときに推したくなったのがこのコート。

渡辺 おっ、軽い! パッと見はクラシカルなのに、これは意外。

児玉 またまたお目が高い。ウールを縮絨させた生地を使って軽さと暖かさを両得してるんです。

大野 しかもシルエットはオーバーぎみにしてトレンドのエッセンスもしっかり盛り込んでます。

 なるほど。ベーシックで着回しやすいけど軽くてあったかくて旬度も高いと。たしかにこれなら肩肘張らずデイリーに着られそう。
 

とにかく軽いんです♪

BEAUTY&YOUTH ビューティ&ユース ロングコート
ビューティ&ユース 大野さん

「リバーシブルなのに両面黒なんて贅沢すぎ……」。
―ビューティ&ユース 児玉さん

UNITED ARROWS×HERNO ユナイテッドアローズ×ヘルノ リバーシブルダウンベスト

UNITED ARROWS×HERNO[ユナイテッドアローズ×ヘルノ]
リバーシブルダウンベスト

アウトドア風味を払拭した艶やか~なダウンで人気を博す伊の名門との共作。片面をマットな黒で、もう片面を光沢のある黒で仕立てた、本気で使えるリバーシブルダウンベストなのだ。6万3000円。

渡辺 じゃあユナイテッドアローズからも“着やすい”を追求した服を投入しますか。ハイまたど~ん!

大野 おっ、今度はヘルノとのコラボですか。えっ、もしかしてこれってリバーシブルですか!?

 おぉ、よく気づきましたねぇ。お察しの通り、マットな黒と光沢のある黒の両面仕様です。

児玉 リバーシブルなのに両面黒なんてまた贅沢な(苦笑)。

渡辺 アウターとしてもインナーとしても使えるだけに、合わせによって黒の微妙な表情を変えられるのは意外にありがたいんですよ。

大野 納得です(笑)。ん? ていうか、このコートとベスト重ねたら穴がないんじゃないですかね?

 ホントだ! こりゃこれからもユナイテッドアローズとビューティ&ユースが仲よくしろってことなのかもしれませんね(笑)。
 

同色でも表情がかわるリバーシブル

UNITED ARROWS×HERNO ユナイテッドアローズ×ヘルノ リバーシブルダウンベスト
ユナイテッドアローズ 辻さん、ビューティ&ユース 児玉さん

知ってた?? すれ違いざまに“違い”を醸せる超絶技巧が濃縮

ユナイテッドアローズ 渡辺さん
ユナイテッドアローズ 渡辺さん

現地で働く人たちとその技術に触れ惚れ込んじゃいました
今回の会談でユナイテッドアローズの渡辺さんが他の3人が口を挟む余地がないほど熱弁を振るっていたのが(苦笑)、このジャケット。「カルーゾは北イタリアのソラーニャという小さな街に本拠を構える名門で、実際に現地の工場を訪れたらクオリティコントロールがものすごく徹底しているんです。さらにソラーニャ周辺の街の伝統を大切にする姿勢とカルーゾで働く人たちのモダンな感性が見事に融合しいて、知れば知るほど惚れ込んでしまいました。そんなカルーゾの象徴的な意匠のひとつにフラワーホールがありますが、こんなに細かく美しいのは滅多にありません」。

 

フラワーホールに注目!

CARUSO カルーゾ バタフライ

CARUSO カルーゾ バタフライ

CARUSO[カルーゾ]
バタフライ

副資材を極力省いたアンコン仕立てで、軽い着心地を実現した代表作。職人技を随所に盛り込み、細かいディテールに作りの丁寧さが伺える。アンコン=スポーティという既成概念を覆す品を獲得。12万円。
 
※表示価格は税抜き


[ビギン2019年12月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「ユナイテッドアローズの“BULL”」の最新記事

ユナイテッドアローズとビューティ&ユース、お互いブルッとさせられた特注モノとは?【後編】

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ