夏はどうしてもコーディネートが単調になりがち(萎)。……ですが、小物を上手に使えばちゃ~んと差をつけられるんです! ってことでこの時季は“遊び”が利いた腕時計が欲しくなるんですが、そうなると定番好きにとってのファーストチョイスはスウォッチ以外ありません! なんたってここは世に“セカンド・ウォッチ”という概念自体を生み出した、時計界の革命児。ここでその「歴史」と「最新」に触れ、脱・平凡のカギになる一本を見つけちゃってください。

まずは歴史をおさらい
スウォッチってどんなブランド?

腕時計を“ギア”から“ファッション”へ昇華した立役者

1983年、時計界のレジェンド、故ニコラス・G・ハイエック氏が、スイスのベルン州ビールにて創業。アジア諸国が大量生産する安価なクォーツ時計が隆盛を極めていた当時、スイスの時計界はこの“クォーツ・ショック”に見舞われ、冬の時代を迎えていました。そんななか、同氏は「スイスの時計=高価な一生モノの機械式時計」という既成概念を覆した、斬新な腕時計を発表! 当時としては稀だったプラスチック素材をケースに使い、良質なクォーツムーブメントを搭載、ラバーベルトを備え、彩りとユーモアに満ちたデザインにアレンジする……。さらにこれを誰でも手をのばしやすい良心的な価格に設定し、「セカンド・ウォッチ」として提案しました。すると、これが世界中で大ヒット! 複数本を買い揃え、服装に合わせて腕時計も着け替えるユーザーが続出。ファッションブランドと同様に、コレクションを年2回発表するのも極めて稀でした。かつてロレックスが“宝飾”を旨としていた腕時計を、実用性を高めて“ギア”として昇華したのと同様に、スウォッチは“ギア”として親しまれていた腕時計を“ファッション”へと飛躍させました。これによりスイスの時計界を救う救世主となった同社は、今なおファッション性に富んだセカンド・ウォッチのオリジンとして、服好きと時計好きの双方に愛されているんです。

覚えておくべき“定番シリーズ”と“今買うべき”モデルを一挙に紹介 「スウォッチ温故知新」

スウォッチにはキャラの異なるシリーズが数多くラインナップされています。ここでは、そのなかでもとくに人気が高く、ファンから定番として親しまれているシリーズの特徴を年表形式でご紹介。併せてシリーズごとに“今買うべき”最新作も解説します。

 

SINCE 1983「ジェント」

記念すべきファーストシリーズにして、今なおコレクションの軸になっている永世定番。“機能の水準は高くしながら部品点数は最小限に抑える”という、スウォッチの技術コンセプトを体現したベーシックデザインを出発点としながら、現在では機構はシンプルなままポップにカラーアレンジした夏映えモデルも多数ラインナップしている。これぞスウォッチの原点! 初代モデル/参考商品。最新モデル/クォーツ。径34mm。3気圧防水。プラスチックケース。シリコンベルト。7500円(スウォッチ コール)。

 

SINCE 1985「アーティストコラボレーション」

今でこそ時計メーカーと異業種のコラボレーションは珍しくなくないが、なんとスウォッチは30年以上前から実践! 最初にタッグを組んだのは有名なフレンチアーティストで、140本限定かつ、ひとつひとつ異なる色彩にアレンジしたコラボウォッチは世界中で話題を呼び、以降アーティストコラボはスウォッチのお家芸に。ファッションブランドとの共作も盛んに行われ、最近ではア ベイシング エイプとのコラボが実現。スウォッチの新シリーズ”ビッグボールド”をキャンバスに、ダイヤルに日本地図をモチーフと、お馴染みのカモフラ柄でアレンジを加え、独創的なデザインに仕立てている。初代コラボ/参考商品。最新コラボ/世界限定19930本。クォーツ。径47mm。3気圧防水。プラスチックケース。シリコンベルト。1万7000円(スウォッチ コール)。

 

SINCE 1990「スクーバ」

思わず“懐っ!”と叫んじゃうオーバー40の服好きも多いはず。なんたって’90年代に巻き起こったスウォッチブームの立役者。20気圧防水を実現したスウォッチ初のダイバーズ、ってニュース性もさることながら、やっぱり他のメーカーじゃそうそうお目にかかれない、このカラフルなデザインに惹かれる人も多かったよう。2003年以降スクーバは一時休止していたんですが、2013年からは新シリーズ「スクーバ・リブレ」として復活! 往年の防水性&カラフルデザインはしっかり踏襲されている。水辺に遊びに行くときなんか、まさにドンピシャだ。初代モデル/参考商品。最新モデル/クォーツ。径44mm。20気圧防水。プラスチックケース。シリコンベルト。1万1000円(スウォッチ コール)。

 

SINCE 1990「クロノ」

1990年スウォッチ初となるクロノグラフが誕生。機械式だと高値のものが多く、文字通り高嶺の花だったが、スウォッチはクォーツムーブ、プラスチックケース、ラバーベルトというお馴染みの意匠を生かし、良心的な価格帯に設定。既存の3針モデルとも趣の異なるポップなデザインと相まって、世界中でコアなファンを獲得した。濃度の異なるブルー&ネイビーカラーを全身にまとった最新モデルは、シンプルな装いに差し色効果を発揮してくれる、夏の即戦力! 初代モデル/参考商品。最新モデル/クォーツ。径42mm。3気圧防水。プラスチックケース。シリコンベルト。1万3000円(スウォッチ コール)。

 

SINCE 1994「アイロニー」

“スウォッチ=プラスチックケース”というイメージを一新したのが、SSをケースに採用したこのアイロニーシリーズだ。持ち前のポップな顔つきはそのまんま。なのにカラーリングによってはビジネス使いにも対応するほどドレッシーなモデルもラインナップされ、スウォッチの世界観を広げる契機となった。未だにビジネスの“ハズシ時計”として愛用する信者も多数。最新モデルも、サンドブラスト加工を施したSSベゼルや、ベージュステッチのレザーベルトを備え大人ないでたちに。初代モデル/参考商品。最新モデル/クォーツ。径42.7mm。3気圧防水。SSケース。レザーベルト。1万3000円(スウォッチ コール)。

 

SINCE 1997「スキン」

プラスチックケース採用のクォーツ時計としては、当時世界最薄となる3.9mm厚を実現したスキンシリーズ。文字通り、肌の一部になったかのような心地いい装着感を生むこの極薄時計は、スウォッチのハイテクぶりを世界に知らしめた。ブラック、グレー、シルバーの3色でシックな外観に仕上げた最新モデルは、顔立ちもシックで着用時もジャケット等の袖口がもたつかないので、ビジネスシーンでもフル活躍。初代モデル/参考商品。最新モデル/クォーツ。径40mm。厚さ5.7mm。3気圧防水。プラスチックケース。シリコンベルト。1万3000円(スウォッチ コール)。

 

SINCE 2001「コンプリケーション」

機械式時計の中でもとくに高度な技術が必要とされる複雑機構を搭載したモデルを“コンプリケーションウォッチ”と呼ぶのですが、シンプルなクォーツ時計を主軸としていたスウォッチも、この年満を持してこの複雑機械式モデルを発表。構想は3年。“中心軸の周辺にあるすべての歯車を回転させる”という新発想のもと、30分ごとに歯車の位置が変わる=常に文字盤の表情が変わる!という画期的なモデルを開発しました。しかも一般的な複雑機械式時計はウン百万円するとこを、なんと35万円という驚愕プライスで販売! 時計界に特大のインパクトをもたらしました。そんなスウォッチの複雑機械式モデルの系譜を受け継ぐ最新モデル「FLYMAGIC」は、非磁性合金Nivachron™製のヒゲゼンマイを搭載した革命的な新作。磁気による悪影響を大幅に軽減してくれるんです。精緻な機械式ムーブメントがスケルトンダイヤルから絶えず確認できるというのも、メカ好きに刺さるポイント。精緻な機械式にして10万円台という良心プライスも健在です。初期モデル/参考商品。最新モデル/世界限定500本(日本では15本限定)。自動巻き。径45mm。3気圧防水。90時間パワーリザーブ。SSケース。レザーベルト。税込み18万円(スウォッチ コール)。

 

SINCE 2014「システム51」

時計界に特大のインパクトを与えたのがこちら。なんと製造を完全に自動化した世界初の機械式時計で、名前通りわずか51パーツのみで構成。熟練職人が手作業で作る……という機械式時計の既成概念を覆すオートメーション方式による革新的シリーズは、1万円台で入手可能と、“機械式は高価で手が届きにくい”という常識も打ち破りました。新作はダイヤルにカモフラパターンをレイアウトした個性派。初代モデル/参考商品。最新モデル/自動巻き。径42mm。3気圧防水。プラスチックケース。シリコンベルト。1万7000円(スウォッチ コール)。

商品の問い合わせ先/スウォッチコールTEL.0570-004-007
※表示価格は税抜き


構成・文/黒澤正人

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ