アウトドアブランドの【山傘】はひと味チガウ!
傘/モンベル「ロングテイル トレッキングアンブレラ」(後述)。アウトドアシーン/ホグロフスのバックパック1万3000円、同シューズ2万9000円。以上(問)アシックス ホグロフス事業部️☎03-6369-8885 マウンテンハードウェアのハット5500円。(問)コロンビアスポーツウェアジャパン️☎0120-193-803 オークリーのサングラス1万6000円。(問)ルックスオティカジャパン️☎0120-009-146 サーモマグのボトル2300円。(問)カメイ・プロアクト️☎03-6450-1515 ランタンはスタッフ私物 タウンシーン/ザ・スーツカンパニーのシャツ4800円、同タイ4800円、同ブリーフケース1万6000円、同ベルト4800円、同シューズ1万9000円。以上(問)ザ・スーツカンパニー銀座本店️☎03-3562-7637

フィールドなどでの防雨具というと、レインジャケット&パンツやポンチョなどが主流。ですが、平坦な場所での歩行やキャンプ地でのちょっとした移動には傘のほうが便利だし、行動中、レインウェアをリュックから取り出して着るのもかなり面倒。ドシャ振りでなければ、じつは傘のほうがお気軽なんです。
ということで近頃、“山傘”をラインナップに加えるアウトドアブランドが増えている模様。しかも、どの製品も過酷な自然環境に耐えつつ、使用者を安全や快適に導くための工夫が! 一般的な傘に比べ、概して丈夫なのは当然で、あるモノは強風に晒されても破損せず、あるモノは撥水性や引き裂き強度にすぐれた生地が張られ、あるモノはリュックを濡らさないロングテイル構造……。また、荷が多くなりがちな点を考慮し、軽さや小ささが追求された製品も存在します。
と、山傘は、じつは機能性と使い勝手にすぐれた実用傘。「じゃあ、普段使いもあり?」と聞かれれば、その答えはもちろん「イエス!」。オン・オフ問わず街使いしても重宝で、むしろ「普段使いしなきゃもったいない!」くらいのお役立ちっぷりです。
ちなみに、各製品それぞれが結構個性的なのも、このジャンルの特徴。ここから自分好みの1本を探してみてくださいな。
 
 

カバンで馴染みの
バリスティックナイロン製傘発見!

MONT-BELL/モンベルのロングテイル トレッキングアンブレラ

バリスティックナイロンといえば、カバンなどに使われる超タフ素材として有名。が、本品では生地に、10デニールの極細バリスティック糸を高度な技術で織り上げたバリスティック®エアライトナイロンを採用。これは強度にすぐれるほか、薄さと軽さも実現したハイテク素材なのです。また、撥水性能が世界最高レベルのポルカテックス®加工が施されているので、水切れも抜群。さらに商品名のとおり、後方の親骨が前方よりも長く、背負ったリュックが濡れにくいロングテイル構造とあって、街でもリュックを背負う機会が多いイマドキにピッタリの山傘なのです!
骨長は前50cm、後58cm。開装時直径92cm。写真はダークマラード。他にチャコールグレー、チェスナットあり。5500円。(問)モンベル・カスタマー・サービス️☎06-6536-5740 https://www.montbell.jp

超頑強なのに軽量! 撥水性もトップクラス

バリスティック®エアライトナイロン×ポルカテックス®加工により、高い強度と軽さを併せ持ちつつ、通常の撥水生地を凌ぐ撥水性を発揮。汚れも付きにくく、独自の技術で、摩耗や洗浄による撥水機能の低下も改善している。

愛用リュックを濡らさないロングテイル・タイプ

背中側の骨が前方より8cm長いから、リュックをしっかり覆い、雨に濡れるのを防いでくれる。ビジネスリュック派にも、これは大助かり。
 
 

光ってドライバーに居存在を
知らせる“夜のアンブレラ”

MONT-BELL/モンベルのリフレック トレッキングアンブレラ

雨降る夜は、ことにドライバーが歩行者に気づきにくいもの。ということで、思わぬ事故に見舞われぬよう、この傘をオススメ。耐久撥水加工済み40デニール・ナイロン・タフタの生地にプリントされた特殊リフレックインクの再帰反射性は抜群で、どの方向から入射した光も、光源に向かって鮮やかに反射。コチラの存在をドライバーに確実&スピーディに認識させてくれるのです。また、生地面積広めゆえ、降りが激しい日にも重宝です。
骨長55cm。開装時直径98cm。ホワイトもあり。5200円。(問)モンベル・カスタマー・サービス️☎06-6536-5740 https://www.montbell.jp

特殊プリントがクルマのライトを受けて光ります

明るい所で見ると銀インクのような色だが、クルマのライトなどが当たると、これがビックリするほど明るく&鮮やかに光るのだ!
 
 

8本のカーボン骨採用で、
雨にも風にも負けやせぬ!

MONT-BELL/モンベルのトレッキングアンブレラ

8本のカーボンファイバー骨採用で、軽量ながら高い強度を実現。風の強い環境下でも頼りになり、また、開装状態の生地面積が広いため、降りの強い雨でも心強し。生地は引き裂き強度の高い20デニール・ポリエステル・リップストップナイロン製。そこに、水を効率よくはじき、汚れや油分が付着しにくいうえ、その撥水性が低下しにくいポルカテックス®加工が施されています。発色絶妙な全6色揃いと、カラーバリエーションも豊富です。
骨長55cm。開装時直径98cm。写真はスペアミント。他にブルーブラック、チャコールグレー、マスタード、ラスト(レンガ色)、ダークマラード(青緑)あり。4500円。(問)モンベル・カスタマー・サービス️☎06-6536-5740 https://www.montbell.jp

軽量&タフで、腐食もないカーボンの親骨

本品の親骨に採用されているカーボンファイバーは、一般的な金属よりも軽く丈夫なうえに、腐食しないという利点を併せ持っている。
 
 

グラスファイバーの採用で
台風だってへっちゃらなんです!

EURO SCHIRM/ユーロシルムのスイング ライトフレックス アンブレラ

1919年創業の独メーカーの人気作。傘骨素材に、軽量で強度などにすぐれ、落雷の危険性を軽減する絶縁性も併せ持つ高密度グラスファイバーを採用。しかも強風の際、受骨が渦巻き状にしなるため、台風など風雨の強い日にも対応します。生地には、軽く引き裂き強度が高く、水や汚れをはじくテフロン加工ポリエステルを、グリップには握りやすく雨に濡れても滑りにくい高密度EVAハードフォームを採用と、全てがハイスペックな傑作傘です。
閉装全長64cm。開装時直径100cm。写真はネイビー。他にブラック、レッド、グリーン、レッド×ネイビー、ネイビー×オレンジ、アイスブルー×ネイビー、グリーン×オレンジあり。6200円。(問)エイアンドエフ️☎03-3209-7575 https://www.aandfstore.com

フレックスにしなり、強風を上手にかわす構造

強風を受けた際、堅牢だが柔軟性に富む高密度ファイバーグラス製の受骨(うけぼね。親骨を支える短い支持骨のこと)が渦巻き状にしなって、風圧を効率よく逃がすことができる。

使わないときはナナメ掛けで超楽チン

折り畳み式ではないが、付属のナイロンケースに入れて肩掛けが可能ゆえ、持ち運び楽勝。この状態からリュックを背負って、傘を背中に密着させれば自転車乗りもイケそうだ。
 
 

「一応、傘、持って行こう」ってな
日に常備したい超おチビさん

SEA TO SUMMIT/シートゥサミットのポケットアンブレラ

1990年創業のオーストラリア発ブランドによるコチラは、4つ折り構造と、50cmまで伸びる4セクション伸縮シャフトの採用で、全長約16cmにまとめることができる6本骨傘。開装時直径はやや短めだけど、通常の雨なら余裕で対応し、短時間の使用や緊急用としても必要にして十分。「荷を少なくしたいけど、傘は一応持って行きたい」ってなときなどに重宝します。濡れた状態でも気後れせず収納できる、防水ケース付属もウレシイ。
親骨長41.5cm。開装時直径83cm。ブラックのみ。2300円。(問)ロストアロー ユーザーサポート️☎049-271-7113 https://www.lostarrow.co.jp

リュックの横ポケにも入る小ささです

折りたたむと、全長約16cmの手のひらサイズに! チビショルダーにも、リュックのサイドポケットにも収まって、急な雨でも速攻で取り出せて便利だ。重さも150gとかなり軽い。
 
 

タフなのに、手に持てば、
その軽さにもうビックリ!

EVERNEW/エバニューのSL76g アンブレラ

1923年創業のスポーツ&アウトドア用品の老舗が、軽量化に徹底的にコダワって開発した折りたたみ傘。重さ90gの先行モデル「ウルトラライトアンブレラ」と同じ5本骨構造で、“山傘”界最軽量のわずか76gを達成! しかも骨材をカーボンファイバーにしたことで軽量ながら、必要十分以上の強度を実現しました。生地面積はちょい小さめだけど、通常の雨なら十分。この軽さゆえ、常にカバンに入れっぱなしにしてもイイと思います。
親骨長55cm。開装時直径83cm。写真はブラック。他にグレー、ベージュあり。3200円。(問)エバニュー️☎03-3649-3181 https://evernew-product.net

e-Beginが測定! ホントに76gでした

「マジでそんなに軽いの?」ってことでe-Beginが実測したら、付属のケースに入れた状態で76gピッタリ! 収納時全長約22cmの小ささと相まって、カバンに入れていても負担なし。
 
 

専用ペグに差し込めば直立!
LEDランタンも吊り下げられます

SNOW PEAK/スノーピークのフィールドアンブレラ UG-253

「キャンプ先で傘の置き場に困った」ってな経験、ありません? でも、新潟・燕三条のアウトドアメーカーが開発したコレなら、専用のペグに差し込んで自立が可能。場所取らずなうえ、傘の生地を泥などで汚すこともないんです。また、グリップにLEDランタン「ほおずき」(別売9800円)や「たねほおずき」(別売4000円)も吊り下げられるランタンリングが付属しているので、行動時には足元を明るくすることができるのです!
全長90cm。開装時直径110cm。ブラウンのみ。9800円。(問)スノーピーク️☎️0120-010-660 https://ec.snowpeak.co.jp

立てられるから、泥などで生地が汚れない

テント用のペグが打ち込み可能な地面なら、別売りの「ソリッドステーク30」(420円)をそこに打ち込んで固定。そしてこの傘の先端を差し込めば、しっかり直立可能に!

※表示価格は税抜き


写真/若林武志 構成・文/山田純貴 スタイリング/佐々木 誠

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ