リーバイスの501

リアルなプライスで育てるラスト!?チャンス

今買わないと後悔といえば、まずはこれ。’17年末にリーバイスのデニムを織り続けた、コーンミルズ社ホワイトオーク工場が閉鎖しました。つまり今売られてる、コーンデニムの501が最後のモデルかも……。

しかもちゃんと赤耳セルビッジデニム、縫製まで米国製。1万円台でこのクオリティに手が届くってスゴイですよね!?

それに昔ながらのリーバイスの色落ち=ホワイトオーク謹製デニムなわけですから、育てるのに万全を期したい。そこでベルベルジンの藤原さんに、後悔しない色落ち術を聞きました。

Levi's® リーバイス®の501®

Levi’s®
リーバイス®の501®

最後!?かもしれない、ホワイトオーク工場製コーンデニムを使った501。もちろん赤耳付きセルビッジで、縫製まで全工程がメイド・イン・USA。今後の枯渇は火を見るより明らかなので、後悔する前に入手を! 1万6000円。(リーバイ・ストラウス ジャパン)

リーバイス501のコーデ

キャプテン サンシャインのブルゾン4万円、同カットソー1万円(キャプテン サンシャイン) ケレンのシャツ1万3800円(ケレン) パラブーツのシューズ6万5000円(パラブーツ青山店)

コーンミルズ社製リーバイス501のタグ
「MADE FROM WHITE OAK CONE DENIM」はコーンミルズ社ホワイトオーク工場謹製の証

 

“元祖タテ落ち”はインディゴサバイバーになって育てます。

ベルベルジン本店 店長の藤原さん
ベルベルジン本店 店長 藤原さん

「まずは糊とともに折りジワを落としてから再度、糊づけをします。その後は極力水を通さず穿き続ける。硬いデニムにシワを植え付けるわけです。

そうするとシワのインディゴが剥がれてきて白いアタリが出ます。ちなみに僕が穿いているのは、デッドからおろした66モデルを1年穿いたものです」(藤原さん)。

タテ落ちのお手本!通称“ヒゲ”
タテ落ちのお手本! 通称“ヒゲ”(写真は66モデル)

立体感あるヒゲをはじめ、“元祖色落ち”なバキっとした濃淡が表れ始めてますね!

「そうなんです。この濃淡はアタリ以外のインディゴを残すことがキモ。そして洗濯に色落ち防止剤入りの洗剤を使えば、濃紺をキープしながら、ヴィンテージ顔のアタリも育っていく。ホワイトオーク最後の501なら、試す価値はあると思います」(藤原さん)。

特集・連載「今買うべき育てる<新>一生モノ」の最新記事

“元祖タテ落ち”するのは、最後のコーンミルズ社製「リーバイス501」だけ!

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ