サーフショーツはチャラいって誰が決めたの? ここではハンドメイドでUSA製を貫く“ケイティン”のハンパないモノ語りと、普段から穿けるサーフショーツをご紹介します!

 

サーファー&スケーターの永世定番ショーツは絶対暗記!

サ―フショーツの草分け的ブランド ケイティン

サ―フショーツの草分け的ブランドで、アメカジのツウな専門店でたまに見かけているはずなのに、出自までは知らないであろうケイティン。

最初にサーファーのためにショーツを手掛けたのはなんと1954年! 日本では’70年代に高感度なサーファーを中心に人気が高まり、初代プロスケーターのアキ秋山など多くの人が溺愛した。
 
1954年の創業当初よりハンドメイドで作り続けているサト・ヒューズさん

1954年の創業当初よりハンドメイドで作り続けているサト・ヒューズさん ©KATIN USA

今もカリフォルニアを象徴するサーフショーツとして、亡きナンシー・ケイティンの後を継ぐ御年90歳のサト・ヒューズさんが、現地で丁寧に手作業にて生産♪ 温もり感MAXのモノ語りを噛み締めながら、穿き込みたい一本だ。

 

(右)ケイティン×BLUERのサーフショーツ/(左)ケイティン×ホーリースモークのウォークショーツショートレングス

(右)ケイティン×BLUERのサーフショーツ

ケイティンの十八番、クレイジーパターン(ドッガーモデル)で製作した別注限定カラー。穿く人を選ばない程よい膝上丈も◎。速乾性の高いナイロン素材。1万4800円(BLUER)
 
(左)ケイティン×ホーリースモークのウォークショーツショートレングス

’70年代に流行したウォークショーツをベースに別注した人気作。ポケットのクレイジーカラーもまた当時の仕様なんだそう。キャンバス素材。1万3703円。(ホーリースモーク)

 

白シャツで爽やかに!

サーファー&スケーターの永世定番ショーツは絶対暗記!

インディビジュアライズド シャツのシャツ2万2000円(メイデン・カンパニー) レインボーサンダルズのサンダル1万1000円(ライトアベイル) その他はスタイリスト私物。

 

通称“K-MAN”のワッペンが目印!

通称“K-MAN”のワッペンが目印!

 

当時、サーファーの憧れだった広告

当時、サーファーの憧れだった広告。©KATIN USA

 

普段から穿けるサーフショーツカタログ

Surf Line Hawaii/サーフラインハワイのウォークショーツ

Surf Line Hawaii/サーフラインハワイのウォークショーツ

サイドポケットを備えた街穿き仕様。風通しのよい太番手のポプリンに、人気のハワイプリントを施した定番作。1万1800円。(興和)

 

パジャマから着想を得た!? ハワイ発・柄パンツの先駆け

パジャマから着想を得た!? ハワイ発・柄パンツの先駆け

ホノルルで生まれた小さなサーフショップだった「サーフラインハワイ」が、パジャマから着想を得てショーツを製作したのが1964年。

翌年にLIFE誌の表紙を飾り、独自の柄やデザインが全米に認められ大ヒット。サーフブランドの枠をすぐに超えると、以降もその柄がオープンカラーシャツなどに落とし込まれ、洒落者の夏の定番となった。

 

Ocean Pacific/オーシャンパシフィックのコーデュロイショーツ

Ocean Pacific/オーシャンパシフィックのコーデュロイショーツ

当時の趣は残しつつ、レングスなどを現代に穿きやすいようアップデート。日本製で品質にもこだわった傑作。1万1000円。(ニッキ―)

 

“夏にコーデュロイ”を当たり前に押し上げた

“夏にコーデュロイ”を当たり前に押し上げた

今や数々のカジュアルブランドがこぞって手掛けるコーデュロイショーツだが、そのオリジンといえばやはり1972年にカリフォルニアでブランドをスタートさせたオーシャンパシフィックに他ならない。

サーフカルチャーに着目した創業者のジム・ジェンクスはコーデュロイショーツの他、サーフポロなどあらゆるサーフクロージングを考案。偉大なる功績を残している。

 

Birdwell/バードウェルの311 ミッドレングス サーフニール

Birdwell/バードウェルの311 ミッドレングス サーフニール

伝統の素材とシンプルフェイス。オーセンティックなショーツなら街でも玄人感あり! 1万4800円。(ピルグリム サーフ+サプライ)

 

’60年代から変わらないナイロンショーツの老舗

’60年代から変わらないナイロンショーツの老舗

カリフォルニアでハンドメイドを貫くサーフショーツメーカーといえば、1961年創業のバードウェルも忘れてはいけない。

速乾性の高い“サーフニール”と呼ばれるナイロン地でできたショーツは、瞬く間にカリフォルニアのド定番アイテムに。日本ではスタイルマスターとの呼び声高いサーファー、ジョエル・チューダーの影響で人気を博した。

 

※表示価格は税抜き

Katin/ケイティン


[ビギン2018年10月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

facebook facebook WEAR_ロゴ