string(38) "https://www.e-begin.jp/article/368259/"
int(1)
int(1)
  

ダニエル・ウェリントンのクラシック シェフィールド、モデル着用画像

ミニマルな2針時計でお馴染みのDWは、フォーマル時計の模範解答だったんです。

厳粛な場で時間を気にするとは何事か! と、たしなめられてしまうため、昔はフォーマルシーンでは人目につかない懐中時計で時刻を確認するのがマナーだったそう。

今ではルールも緩くなり、腕時計を着用すること自体はOKになったんですが、じつはフォーマルな場で身に着ける時計には最低限の条件があったんです。それが以下の3つ。

(1)2針である
(2)白、もしくは銀文字盤である
(3)黒革ベルトである

で、現在巷を席巻しているミニマル時計の代表格、DWはこの条件にどっパマリ! 一本備えておけば、不意の冠婚葬祭も恐れるに足りませんよ!

 

ダニエル・ウェリントンのクラシック シェフィールド画像

フォーマル時計必須の3条件を見事にクリア
ダニエル・ウェリントンのクラシック シェフィールド

言わずと知れたスウェーデンブランドの人気モデル。特徴でもある北欧由来のミニマルデザインが、じつはフォーマル時計に求められる条件をすべてクリア! 径36mm。3気圧防水。クォーツ。SSケース。レザーベルト。2万2000円(ダニエル・ウェリントン 原宿)

 


※表示価格は税抜き
※コーディネート商品は、すべてスタイリスト私物です。


[ビギン2018年8月号の記事を再構成]
写真/谷口岳史 文/吉田 巌(十万馬力) 黒澤正人 スタイリング/鈴木 肇 イラスト/田中 斉

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ