プリマロフトってじつは中綿とは限らない

プリマロフトってじつは中綿とは限らないんです

は〜? 夏!? プリマロフトってダウン替わりの中綿だったり、冬のあったか素材でしょ。はい、我々編集部もそう思ってました。

ただファッション界きってのプリマロフトの使い手、ヒステリックグラマーがそれだけじゃないことを教えてくれたんですよ!

夏のプリマロフトとは、プリマロフトヤーン。一般的に知られるプリマロフトはインサレーション、つまり中綿。ヤーンは名前のとおり糸です。カシミアを上回る柔らかさが自慢でいて、白眉は軽さ・・速乾・・性。つまりは春夏に◎!

使い方としては天然素材との混紡。例えばヒスでは綿麻に混紡し、綿の吸汗性、麻の軽快タッチを活かしつつ、プリマロフトヤーンの+αでより軽く、爽やかな着心地に。

ちなみにファッションアイテムで見られるのはまだまだレア。先取るならヒス! と覚えましょう。

 

ヒステリックグラマーのワッペン付き長袖ミリタリーシャツ
独自加工によるハリと光沢も魅力!

ヒステリックグラマーのワッペン付き長袖ミリタリーシャツ

清涼感ある綿麻キャンブリックに、プリマロフトヤーンを加えたオリジナル素材を使用。デザインは’50年代後半のUSミリタリーシャツがモチーフ。ワッペンはいずれもヒスのオリジナル。2万8000円。(ヒステリックグラマー)

 

プリマロフトヤーンとは?

プリマロフトヤーンとは?

撥水加工を施したマイクロファイバーで紡いだ糸。もとはニット製品の快適性のために生まれた。非常に柔らかく、軽くて速乾性が高い。体の湿気を逃がし、洗濯の乾燥時間も短縮できる。

 

ショーツもあり

ヒステリックグラマーのショートパンツ

ヒステリックグラマーのショートパンツ

同じ素材でショーツもあり。軽快な素材感は当然ショーツにもピッタリだ。片手でサイズ調節可能な、ヒスのロゴ入りウェービングベルトが付属する。2万2000円。(ヒステリックグラマー)

 

※表示価格は税抜き


[ビギン2018年6月号の記事を再構成]
写真/大嶽恵一 文/いくら直幸 吉田 巌(十万馬力) 秦 大輔 星野勘太郎 伊藤美玲 礒村真介 桐田政隆 黒澤正人 今野 壘 黒澤卓也 栁澤 哲 スタイリング/武内雅英(CODE) ヘアメイク/北村達彦 イラスト/TOMOYA daisketch

facebook facebook WEAR_ロゴ