フラシ芯

毎日のように袖を通す白シャツ。でも、よしあしの基準を知らない人が案外多いようです。たとえば、麻布ザ・カスタムシャツの白シャツ。パッと見、台衿の表面が波打っていたりして、パリッとした衿に馴染んできた人にはちょっと見慣れないかも。ところが、コレこそ良品の目印なんです。

 

麻布ザ・カスタムシャツのワイドカラーシャツ

麻布ザ・カスタムシャツ

麻布テーラーが監修する本格的な既製シャツのブランド。白シャツ以外にも多数の色柄が用意されているから、選ぶ楽しみもある。コットン100%。5000円~ (麻布テーラープレスルーム)

5000円で正解が学べる。ホント頭が下がります

大量生産のシャツに使われる接着芯は、接着剤で固めるためパリッと仕上がりますが、肌当たりが硬くなりがち。

対して高級なシャツに使われるフラシ芯は、接着させずに縫い合わせるため肌当たりが優しく、着心地も◎。台衿表面の揺らぎ、じつはフラシ芯仕様の目印だったんです。

また、フラシ芯は手間隙かかるので価格も高くなりがち――がこれまでの常識でした。しかし、麻布テーラー監修のコチラは、なんと5000円~というコスパのよさを実現しちゃってるんですね! コレ着ときゃ、間違いなしです。

 

コレだけこだわって5000円!!

フラシ芯

ぼこぼこした“揺らぎ”が最高の着心地を生む!

この“揺らぎ”がフラシ芯の目印。接着芯との一番の違いは着心地のよさ。着れば着るほど馴染んでいく。ちなみにカフスもフラシ芯だ。

 

止めボタンホール

止めボタンホール

お腹が膨らんでいると外れやすい下から2番目のボタン。それを、ボタンホールを水平に開けることで防いでいる。

 

スプリットヨーク

スプリットヨーク

2枚の生地を背の中央で縫い合わせたスプリットヨークを採用。一枚ヨークに比べ、肩回りの運動性が段違い。

 

※表示価格は税抜き


[ビギン2018年6月号の記事を再構成]
写真/大嶽恵一 文/いくら直幸 吉田 巌(十万馬力) 秦 大輔 星野勘太郎 伊藤美玲 礒村真介 桐田政隆 黒澤正人 今野 壘 黒澤卓也 栁澤 哲 スタイリング/武内雅英(CODE) ヘアメイク/北村達彦 イラスト/TOMOYA daisketch

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ