地球温暖化対策の一環として政府も推奨するクールビズ。始まってからなんと13年も経ち、もはや初夏の風物詩のごとくお決まりの光景になっていますが、年々厳しくなる暑さには相変わらず頭を悩まされます。ビジネスライフを快適に、健康的に乗り切るためには賢く先手を打つべし! この夏の心強~い味方をコッソリ教えちゃいます! 

 

ライバルはサル、
じゃなくてワニ!?

メイドインジャパンにこだわり、高品質でいてコスパのよさに定評があるソンタク。胸元にブランドアイコンの豆柴の刺繍をあしらった定番ポロシャツから、黒豆柴バージョンが登場! 黒豆柴にチェンジ&シルエットはシャープに改良したことで、以前に増して断然シックに着られるようになりました! 生地には和歌山県産の30番手鹿の子(一般的には40番手と細いんです)を使用し、サラリとした肌触りながら、ガシッと肉厚でヘタレにくいのもウリ。オフィスで女子ウケが期待できる筆頭候補は、ワニでも他でもないこのポロシャツでしょ!?

SONTAKU[ソンタク]/9504円。 >>もっと画像を見る

 

夏でも
清潔感とキッチリ感を両立

 

クールビズとはいっても、ジャケットを羽織る場面は必ずやあるはず。そこで、軽めに着られるジャケットとしてオススメしたいのがコチラ。汗ばむ季節に強い味方となってくれる、自宅で丸洗い可能なジャケットなんです。型崩れが起きやすいベントや切羽の部分は省略。ストレスのかかる肘部分は内側からエルボーパッチをつけて、アームホールにはテーピングでパイピング始末を施しています。さらに、ボタンは割れにくいポリエステル素材を採用。タフな作りだから、ガシガシ洗っても問題なし! サラリーマンたるや、キッチリ感も然ることながら清潔感も重要ですからね。くれぐれもオフィスに置きっぱなしにしないよーに(笑)。

SONTAKU[ソンタク]/1万7064円。 >>もっと画像を見る

 

パンツの下も
サラッリーマン(苦笑)

汗をかいた脚がスラックスにベタ~ッとまとわりつくこと、ありますよね~(泣)。しかし、このステテコがあればそんな不快な思いともサヨナラできます。なんてったって、素材には滋賀の名産・高島ちぢみを使用しているから。高温多湿な日本に適した素材として江戸時代から受け継がれてきた高島ちぢみは、表面に独特なシボ(凹凸)をもち、これが抜群の肌離れのよさと爽やかなドライタッチをもたらします。シルエットはスラックスの下に直に穿けるよう、細身にアレンジ。これさえあれば猛暑も恐れるに足らず。涼しい顔したサラッリーマンになれますよ♪

steteco.com[ステテコドットコム]/3240円。 >>もっと画像を見る 
あわせてチェックしたい!

180°開脚スラックス(ドレスなグラミチ)

GRAMICCI × Scye[グラミチ×サイ]/2万5920円。 >>もっと画像を見る

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ