Leather Studio Third レザースタジオ サード 竹炭レザーシリーズ

職人が手絞りの技を駆使し、1点ずつムラ染めした貴重革を使用

タケノコ栽培のために植えられたモウソウチク(孟宗竹)は成長がすこぶる早く、その竹林は放置するとどんどん広がっていきます。しかも森林と異なり、竹は根の深さがわずか30cm程度と浅いうえ、鬱蒼とした竹林では根元まで日が差さないがゆえに根が腐っていき、結果、大雨で土砂崩れが起きて人家に被害が及ぶ、といった懸念があるんです。結果、日本国土の約4割を占める里山の多くでは現在、こうした放置竹林が問題となっております。

皮革製品製造・販売のサード(2011年創業。本社:広島県福山市)のブランド、レザースタジオサード(Leather Studio Third)は、そうした放置竹を竹炭(ちくたん)にし、その粉末を染料に用いて牛革にムラ染めを施した「竹炭染めレザー」を開発。この8月1日、そのオリジナルレザーを表版に使った長財布と名刺入れをリリースしました。

同ブランドはこれまで、地元が備後絣(びんごかすり)の生産地であることから、天然藍染めを革に施した「福山レザー」の革小物を展開してきましたが、「竹炭レザー」シリーズではそうして培った手絞りの技なども活かしつつ、革ごとに丁寧に染色。結果、まるで水墨画のような濃淡と、和紙のようなサラサラとした手触りが特長の革が出来上がったのです。ちなみに、その「竹炭染めレザー」は色の濃度や発色、色ムラの表情などが均一ではないことから、個々の商品には1点モノ的魅力があって、だからこそ、より愛着をもって使うことができるんです。

タケノコ料理は美味しくて大好きだけど、肝心の竹が土砂崩れなどの原因になることは避けなくてはなりません。ということで、これら「竹炭レザー」の革小物を購入&愛用することがささやかながらも、その対策の一助になるのはとってもヨロコバシイことなのですね。しかも1点モノの魅力があって、使い込んで自分流に味出しも楽しめるのですから、‟マイ・オンリー”な長財布や名刺入れをお探しの人にとって、コレはかなりの狙い目といえましょう!

Leather Studio Third レザースタジオ サード ラウンドジップタイプの竹炭レザー 長財布

ラウンドジップタイプの「竹炭レザー 長財布」(トップ写真も)は札室1室、コイン室1室、カード室8室、フリーポケット1室を備えた収納力自慢。ライニングはスムースレザー製。W20×H10×D1.8cm。3万9820円。

Leather Studio Third レザースタジオ サード 竹炭レザー 名刺入れ

スタイリッシュな薄型2つ折りの「竹炭レザー 名刺入れ」。約20枚の名刺が収納可能だ。ライニングはクロムレザー製。W11.5×H7.2×D1.5cm。1万120円。

レザースタジオサードの
「竹炭レザー」シリーズ ※以下、2型共通仕様。

外装素材:牛革(竹炭レザー)
カラー:竹炭カラーのみ ※発色は商品個体ごとに異なる。
製造国:日本
納期:注文から約2か月後

問い合わせ先/サード お客様相談窓口 ☎ 084-971-7356
https://leatherstudiothird.com/

※表示価格は税込み


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ