string(38) "https://www.e-begin.jp/article/368545/"
int(1)
int(1)
  

HARIO ハリオのペガサスドリッパー

バリスタ級の味わいを生むスパイラルリブ×2つ穴構造を採用

例の感染症流行を機に広まったリモートワーク。これにより、自分でドリッピングしたコーヒーを楽しむことが習慣になった人は少なくありません。と、そんなホームコーヒー党に朗報。HARIO(ハリオ/本社:東京都中央区)が7月上旬、ハンドドリップ初心者に向けて、新タイプのコーヒードリッパー「ペガサスドリッパー」を発売する、という話題です。

2005年に発売され、いまやHARIOのドリッパーを象徴する存在となった円錐形ドリッパー「V60」は、コーヒー抽出の自由度が高く、かつ、豆本来の味が出せるとあってバリスタやコーヒー通に愛用されています。とはいえ、一般的なコーヒー好きからは「なかなか美味しく淹れられない」「どう淹れたらいいかが分からない」などの声も。ということで、HARIOはハンドドリップの裾野を広げるべく、「V60」と台形ドリッパーのハイブリッド型である、この「ペガサスドリッパー」を開発したのです。

初心者がことに難しいと感じるのは、湯の注ぎ方にあります。というのも、コーヒー粉に湯が接する時間が短いと薄くなったり、時間が長すぎるとコーヒーの雑味が出たりするからです。そこで「ペガサスドリッパー」においては、「V60」にも採用されているスパイラルリブ(ドリッパー本体の内側に設けられた溝)が採用されており、ここから自然と空気が抜き出ることで、コーヒー粉がしっかり膨張して蒸らされます。しかも、底部の抽出孔を2つ穴仕様にしたことで湯がゆっくり安定して落ちるので、味の再現性が高められているワケなのです。

さらには軽量スプーンを用いずともコーヒー粉の最適量が確認できるよう、本体側面に目盛りが付けられていたり、コーヒーの出来上がり量が容易に目視できるよう、台座に半月型の通し穴が設けられていたり……と、コーヒービギナーにとって大助かりな工夫も導入。また、このドリッパーの発売に合わせて、専用のペーパーフィルター「ペガサスコーヒーフィルター」が用意されるのも安心ポイントといえましょう。

コーヒー好きなら、誰しも「自分でもっと美味しく淹れることができたなら……」と願ったことが一度や二度はあることでしょう。とはいえ、これがホントに難しくて、コーヒー道の奥深さを実感しつつも精進をあきらめてしまった人が大多数かと……。しかし、この「ペガサスドリッパー」があれば、バリスタが淹れた極上の風味が我がモノとなって、長年の悲願が必ずや成就するハズ。ということで、本稿の結びのひと言は「ありがとう、HARIOさん!」。

HARIO ハリオのペガサスドリッパー

「V60」にも採用されているスパイラルリブがペーパーとドリッパーの密着を防いで、スムーズに空気を排出。これにより、コーヒー粉をしっかりと膨ませることができるのだ。また、ドリッパー底部の2つ穴構造も味の再現度を高めるのにひと役買っている。

HARIO ハリオのペガサスドリッパー

専用スプーンを使わずとも、簡単&クイックにコーヒー粉が計量できる目盛りを側面に導入。また、抽出中にコーヒーの出来上がり量が確認できるよう、台座(プレート部)に半月形の通し穴も設けられている。

HARIO ハリオのペガサスドリッパー

「ペガサスドリッパー」は、3サイズで展開。左から「ペガサスドリッパー01」(1~2杯用)495円、「ペガサスドリッパー02」(2~4杯用)605円、「ペガサスドリッパー03」(4~7杯用)880円。また、同日発売の「ペガサス コーヒーペーパーフィルター」 (日本製)も、ドリッパーに合わせて3サイズが用意される。オープン価格(実勢価格は「01」198円前後、「02」228円前後、「03」298円前後)。

HARIOの
「ペガサスドリッパー」 ※「01」「02」「03」共通仕様。

素材:AS樹脂
製造国:日本

問い合わせ先/HARIO ☎ 0120-398-207
http://www.hario.com/

※表示価格は税込み


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ