フォローした特集やタグは、
タイムラインで最新情報を
チェックできます。

フォローチュートリアル
閉じる

ブイヤベース

今さら料理なんて無理無理。な~んて人ほど一度使えば絶対ハマるダッチオーブン。なんせ面倒な手間は一切ナシ。材料を鍋にブチ込んじゃえば、あとは鍋が勝手に美味し~く仕上げてくれるんですから! 小雀流簡単レシピに倣って作れば誰でも即プロ級の腕前に。食卓でもアウトドアでもヒーロー確実!!

 

圧力鍋効果で濃厚ダシが複雑怪奇に混ざり合う!
ブイヤベース

アクアパッツァが南イタリアの煮込みなら、こっちは南フランスの漁師鍋。いわば“ごった煮”。似てはいるけど、魚介類なら何でもブッ込んで、濃厚に混ざり合った複雑なダシを味わうのがブイヤベースの真骨頂。風味付けには、少々お高くても濃厚なダシに負けない、香り豊かなサフランを。

 

調理前

ブイヤベース

 

ブイヤベース

材料

・有頭エビ3尾
・白身魚の切り身1枚
・ムール貝6個
・ハマグリ6個
・生タイム 数本
・オリーブオイル50ml
・サフラン ひとつまみ
・塩 適量

 

1UP テクニック

ブイヤベーステクニック

サフランからの滋味深い黄金色を鼻と目で味わうべし
香り豊かで臭み消しにもなるサフランはブイヤベースに必須。スープの黄金色はサフランからのもので、見た目にも美味しくなるのだ。

 

作り方

1.エビは殻をむき、背わたを取り除き、塩水で洗って塩をふる。白身魚は一口大にカットして塩をふる。

2.ムール貝とハマグリの表面を洗い、ムール貝の足糸を引き抜き、上の材料とともに鍋に並べる。

3.タイム、サフラン、オリーブオイル、具材が隠れるくらい水を加え、中火にかける。沸騰したら弱火で10分ほど。貝が開いたら完成!

ブイヤベースのポイント

【POINT】殻むきが面倒でも有頭エビならダシがたっぷり

 

できあがり!

ブイヤベース

 

小雀陣二さん

教えてくれたのはこの人!
小雀 陣二さん

今回ダッチオーブン料理を教えてくれたのは、アウトドア料理人で、アウトドアコーディネーターの小雀陣二さん。三浦半島の三崎港近くでカフェ「雀家」を営む。著書も多数。

 

使ったのはこれ!

ロッジのサービング・ポット

ロッジのサービング・ポット
Lodge Surving Pot

ダッチオーブンの本場、米国のNo.1メーカー。5mm厚の鋳鉄がもたらす蓄熱性はそのまま、コンパクトな本品は日常使いに最適。内径20×高さ7.1cm。7300円。

(問)エイアンドエフ
☎03-3209-7575

c_koto_1803_dutchoven_pork_16

熱した鉄を型に流して作る伝統的な鋳鉄製

 

雀家

カフェ「雀家」
神奈川県三浦市三崎3-6-11
☎046-895-3075
※基本的に土・日・月曜の午後のみ営業。不定休につき、Facebookページで事前確認を。

 


[ビギン2018年3月号の記事を再構成]
写真/北生康介 文/間中美希子 礒村真介 イラスト/TOMOYA

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ