インテリアを一気に模様替え! なんて、大金をかけて頑張る必要はありません。部屋をお洒落にしたいなら、独特の個性を持つ「和名作」を、いつもの部屋に「+ プラス」するだけ。そう、「和を“和”」すればいいのです! 日本人なら知っておきたいインテリ知識とともに“どう使う?”を解説しながら「和名作」をご紹介します♪

 

カリモク60のKチェアホワイト

カリモクはカリモクでも……知られざる“白”を選ぶとグリーンとさらに合う

 

カリモク60のKチェアホワイト
お洒落カフェのあのテイストを自宅に。ついでに、よりオトナっぽく!

艶やか〜な黒や、モケモケのグリーンのイメージが強いカリモクのKチェアですが、実は白(公式にはスタンダードアイボリー)もあって、これがツウの間で密かに人気。その魅力は、カリモク60ならではの“古くて新しい”趣にプラスされたオトナっぽさにあり!

また、部屋に置く観葉植物との相性が最高!! で、お互いを引き立て合うんですね♡ ちなみに張り地は、シルクのたんぱく成分を混合させたリアルな表情の合皮。合皮だからこそ、白だけど本革ほど扱いに神経を使わなくていいのも美点といえます。

 

カリモク60のKチェアホワイト

量産といいながら機械以上に人の手が入っている

お洒落カフェの定番椅子といえば! な、Kチェア。デザインはもちろん、仕上げの美しさや座面の心地よいハリといった要素も愛され続ける所以だが、これに不可欠なのが職人の手仕事。メイド・イン・ジャパンの矜持が、品質を支えている。

 

カリモク60のKチェア1シーター

日本の部屋にちょうどよくハマるサイズ感も魅力

カリモク60のKチェアホワイト

’60年代に登場して以来、ラインナップに残り続ける傑作にして、国内向けに生産した初の製品。定番だけど白だと新鮮でしょ? W64.5×H70(座面高37)×D70cm。4万1500円。(問)カリモク60オフィシャルショップ 新宿店 ☎03-5919-2890

 

※表示価格は税抜き


[ビギン2018年3月号の記事を再構成]
写真/上野 敦(プルミエジュアン) 文/秦 大輔 安藤菜穂子 スタイリング/近藤有倫 イラスト/TOMOYA 取材協力/ジョー スズキ

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ