カシオ GショックのG-SQUAD GBD-H2000

ポラール・エレクトロ社のアルゴリズム技術でフィットネス情報も提供

G-SHOCKのスポーツライン、G-SQUAD(ジースクワッド)から、さまざまなスポーツに対応する機能を備えつつ、運動時の着用でもストレスにならぬよう小型化&軽量化が図られたマルチスポーツ用モデル「GBD-H2000」が登場! と、これはスポーツ好きにとっての朗報です。

幅広いスポーツシーンに役立つGPS機能、ならびに6つのセンサー(光学式センサー、方位、高度&気圧、温度、加速度、ジャイロ)を搭載する、このモデルでは、ランニング、トレイルラン、ウォーキング、自転車、水泳(オープンウォータースイミング&プールスイミング)、ジムワークアウト、インターバルトレーニングの計8種のアクティビティにおいて、心拍数、距離、速度などの計測が可能。また、たとえばプールスイミングでは、泳いだ距離はもちろんのこと、なんとターン数やラップ、ペース、ストローク数なども計測&検出してくれるのです!

そうしたうえで、世界初のワイヤレス心拍数モニターの開発で知られるスポーツトレーニングコンピューターメーカー、ポラール・エレクトロ社(本社:フィンランド)のアルゴリズムを活用したトレーニング分析機能の併載により、各アクティビティにおける運動時の最大酸素摂取量や、トレーニングの時間&強度による心肺への負荷といった多彩なフィットネス情報を知ることが可能。さらにはトレーニングによる炭水化物、タンパク質、脂質の消費量を個別に算出したり、睡眠による心身の回復度を分析するなどの機能まで備えているので、運動後や休息時においても体調&健康管理に役立ちます。

と、手取り&足取りな多彩な親切機能がてんこ盛りの、本モデルですが、それでいてGPS用アンテナをケースに内蔵することで小型化が、また、裏ブタにカーボン繊維強化樹脂を取り入れたことで軽量化が実現されているのが、またウレシいポイント。これなら装着による煩わしさを感ずることなく、ワークアウトに集中できそうですね? ということで、日々、スポーツに勤しんでいる人にはもちろん、薄着になる夏場に向けてスポーツダイエットを始めようってな人などにも、この「GBD-H2000」が心強い相棒になってくれるのは疑いありません!

カシオ GショックのG-SQUAD GBD-H2000

GPS機能と6つのセンサーを搭載しながらも、GPSアンテナをケースに内蔵することで小型化に成功。また、裏ブタにカーボン繊維強化樹脂の採用で、従来モデル(GBD-H1000)と比較して38%の軽量化も実現している。ちなみにケース&バンド素材にバイオマスプラスチックを採用し、環境への配慮も怠らず。

カシオ GショックのG-SQUAD GBD-H2000 画面イメージ

各計測データとともに、それに基づくパフォーマンスやコンディションを文字盤にわかりやすく表示(図の各左)するほか、その数値と評価は対応アプリ「CASIO WATCHES」を介し、スマホでも確認できる(図の各右)。図上段/ランニング1kmあたりのペースや心拍数、速度データから算出した有酸素運動能力の数値と評価を示した一例。数値は「48」、評価は「良い」を示している。図下段/心拍数、トレーニング時間、トレーニング強度によって心肺にかかった負荷(カーディオ負荷=有酸素運動負荷)の数値と評価を示した一例。

カシオ GショックのG-SQUAD GBD-H2000 画面イメージ

トレーニングによって消費されたエネルギーのうち、3大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質)の各消費量を表示。これはトレーニングを行うに当たって各栄養素の摂取量調整や、目的に応じた運動強度設定などの目安として活用できるものだ。図の左は「GBD-H2000」の文字盤上の表示例、右は「CASIO WATCHES」における表示例。

カシオ GショックのG-SQUAD GBD-H2000 画面イメージ

トレーニングや日中に受けた負荷に対し、睡眠によって心身がどれだけ回復できたかを分析する機能も搭載。図の左は「GBD-H2000」の文字盤上の表示例。「ANS CHARGE」は睡眠の早い時間帯に自律神経系(ANS)がどれだけ落ち着いたかを表し、「SLEEP CHARGE」では睡眠の質を分析した結果を示している。図の中央&右は対応アプリ「CASIO WATCHES」における表示例。睡眠ステージの推移グラフや今日のヒントなど、より詳しい情報やアドバイスが得られる。

カシオ GショックのG-SQUAD GBD-H2000

「GBD-H2000」は全4色展開。(左上から時計回りに)ブラック×ブラック(GBD-H2000-1BJR)、ブラック×オレンジ(GBD-H2000-1AJR)、ブラック×イエロー(GBD-H2000-1A9JR)、ブルー×オレンジ(GBD-H2000-2JR)。

カシオ Gショックの
「G-SQUAD GBD-H2000」

駆動方式:クォーツ(ソーラー)
防水性能:20気圧
構造:耐衝撃(ショックレジスト)
ケース&バンド素材:樹脂(バイオマスプラスチック)
ケース幅:52.6mm
時刻修正:GPS電波受信
センサー機能:光学式心拍計、磁気(方位)、圧力(気圧&高度)、温度、加速度(歩数&行動解析)、ジャイロ(スイム分析)
アクティビティ機能:マルチスポーツ(ラン、ウォーク、バイク、スイムなど)における距離、速度、ペースなどをGPS、または加速度センサーによって計算・表示、ラップ機能(自動/手動)、オートポーズ機能おもな時計機能:ワールドタイム(世界38都市)、ムーンデータ(月齢・月の形表示)、日の出・日の入り時刻表示、ストップウォッチ、タイマー、アラーム、ライト(LEDバックライト)など
モバイルリンク機能:Bluetooth®によりスマートフォンに連動
対応アプリ:「CASIO WATCHES」
カラー:ブラック×ブラック、ブラック×オレンジ、ブラック×イエロー(トップ写真)、ブルー×オレンジ
価格:各5万5000円

問い合わせ先/カシオ計算機 お客様相談室 ☎ 03-5334-4869
https://gshock.casio.com/jp/

※表示価格は税込み


文/山田純貴

特集・連載「CASIO」の最新記事

ワークアウトに最適なG-SHOCKって何かできるの?

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ