string(38) "https://www.e-begin.jp/article/363870/"
int(1)
int(1)
  

PENDLETON ペンドルトンのエナメルウェア
ペンドルトン「エナメル」コレクションのネイビー×ゴールドハーディングバージョン2アイテム。写真左/注ぎ口細めゆえ、ハンドドリップに最適な「エナメル ニュードリップポット」(W16.5×H21×D11cm、1000ml、540g)5060円。写真右/コーヒー豆などの保管にちょうどよい「エナメル キャニスターM」(10.5×H14cm、800ml、390g)3850円。

おウチでもアウトドアでも、食卓をお洒落に彩る

1923年、同国西北部に位置するオレゴン州を訪問した第29代米国大統領ウォレン・ガメイリアル・ハーディング氏(1865年生まれ、1923年没。大統領在任期間1921年3月4日~1923年8月2日)の同伴者だった妻メイベル・クリング・デウォルフ夫人は、あるセレモニーにおいてネイティブアメリカンの酋長からショールを贈られました。そして、このときの贈与品を飾っていたネイティブ柄は、のちに同大統領のラストネームから「ハーディング」と呼ばれるようになりました。

そのハーディング柄の発祥地である同州にて、英国出身の毛織物職人トーマス・ケイ氏がネイティブ柄ブランケットの製造を手掛けた1863年を創業年とするペンドルトン(PENDLETON/ペンドルトン・ウーレンミルズ社の設立は1909年)。現在、さまざまなネイティブデザインを取り入れた多くのアイテムを展開しています。そのなかには、とりわけ大切にされてきた柄の一つであるハーディング柄のエナメルウェアも存在しています。

エナメル(琺瑯/ほうろう)は鉄やアルミニウムなどの金属材料表面に、シリカ(二酸化ケイ素)を主成分とするガラス質の釉薬を高温で焼き付けたものであり、エナメルウェアは、そのエナメル製のテーブルウェア(食卓に食べ物や飲み物を供するために使う食器類)のことです。それらは軽量で割れにくく、ニオイが移って食品や飲み物の味や風味を損なうことほぼありません。また酸や塩分の強い食材にも耐性があり、さらには熱伝導率と放熱性にもすぐれているとあって、直火&オーブンでの使用も可能なのです。

今回、ペンドルトンはそのエナメルウェアのコレクションに、初となるネイビー×ゴールドの計7アイテム(サイズ&容量違いを含む)を投入。落ち着きを感じさせるネイビーを地色に、気品を感じさせるゴールドカラーのハーディング柄が組み合わさって、シックでありながらグラマラスでエキゾチックなたたずまいのエナメルウェアに仕上がっています。ちなみにお気づきの方もおいででしょうが、この色使いはペンドルトンのブランドロゴのカラーでもあるのですね。

ということで、使って安心&便利であるうえ、食卓をスタイリッシュに見せてくれて、普段はキッチンやダイニング、リビングなどのお洒落ディスプレイとなり、アウトドアに持ちだせば自然の風景にも違和感なく調和する、このハーディング柄エナメルアイテム。いつものコーヒーも一味違ってくるかもしれませんね。

PENDLETON ペンドルトンのエナメルウェア

ペンドルトン「エナメル」コレクションのネイビー×ゴールドハーディングバージョンではトップ写真の2アイテム(「エナメル ニュードリップポット」と「エナメル キャニスターM」)のほかに、上記4アイテムもラインナップされている。上段左/「エナメル ニューマグカップ」(400ml)2640円。上段右/「エナメル キャニスターS」(Φ10.5×H7cm,400ml、240g)3520円。下段左/「エナメル ニュープレート」は2サイズ展開。Φ18cmタイプ2640円、Φ23cmタイプ3080円。下段右/「エナメル ニューディーププレート」(Φ18cm)3080円。

ペンドルトンの
「エナメルウェア」

問い合わせ先/エイアンドエフ ☎ 03-3209-7575
https://pendleton.aandf.co.jp/

※表示価格は税込み


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ