2023年に入ってからというもの、冬を実感する寒さですね。こうも寒いと自宅にこもりがちですが、自宅にいたって寒いことに変わりはありません。そんなときにはゆったりとした気持ちでコーヒーでも淹れてみてはいかがでしょうか。豆を挽いて、ドリップして、味わいを楽しんで、と全ての工程でギアにこだわって、冬の自宅時間を心地よいリラックスタイムに変えちゃいましょう♪

ペーパーレスだから環境にもお財布にも優しい♪ 39Arita/サンキューアリタ  セラフィルター001

話題のセラフィルターでコーヒーの味は変わる!?

この愛らしいフォルム、何だと思います? そう、じつは有田焼の技術を取り入れた日本唯一のセラミック素材のコーヒーフィルターなんです!

多孔質のセラミック(陶磁器)は昔から有田焼の技術として製造されているもの。素材には目には見えない細かい網目があり、ろ過されることで不純物を取り除いてくれるんですね。それによりコーヒーの雑味やえぐみが抑えられ、まろやか~な味わいに。

使用方法は一般的な紙用のフィルターと同じ。水洗いできるので、お手入れも楽チンです。ペーパーレスだから環境やお財布にも優しいのも嬉しいですよね。

これさえあれば、スーパーで買った市販のコーヒーでも数倍美味しく! さらには緑茶や紅茶、焼酎でも効果を発揮してくれるというから、おうち時間がますます豊かになりそうです♪  詳しくはこちら>>>

『マグカップ』はコチラ♪


「サンキューアリタ」のマグは、飲み物をなみなみと入れても重量を感じにくい工夫が施されたアイテム。通常の場合、体積が増えるとカップ自体も重たくなりますが、大きな取手をつけたことでこの重量問題を解消。使いやすさとノンストレスにこだわった結果、こうした形状になったというワケ。また、リビングや書斎にも違和感なく馴染む落ち着いた配色なので、本マグを置くだけで洒落た空間演出が出来ちゃいます。
>>>詳しくはこちら

天然素材で作ったシンプルなドリッパースタンド SUNDAY MARKET/サンデーマーケット COFFEE DRIPPER

先ほどのセラフィルターとも相性抜群で使いやすいのが、サンデーマーケットのドリッパースタンドです。

こちらは高知県の天然素材を活かしたアイテムを作っているブランドで、材料に使用しているのは主に間伐材。このスタンドは板の上にフィルターをそのまま差し込んで使う構造になっています。

無駄を省いたシンプルな構造と、ウォルナット&土佐ヒノキを組み合わせたデザインがモダンな佇まいを漂わせています。ストラップ付きで、魅せる吊り収納にも◎。

持ち運びしやすいサイズ感なので、キャンプやBBQなどアウトドアシーンにもうってつけです! 詳しくはこちら>>>

豆から挽いた本格的なコーヒーを外で♪ romo/ロモ COFFEE MILL WOOD+HOLDER

シンプルで使い勝手の良いものを作っている「ロモ」。そんなココが作ったコーヒーミルは、まさにステンレスの素材感を生かしたシンプルなルックスが魅力。

約18g(1~2人分)を細挽き~粗挽きまで挽くことができます。本体は簡単に分解することができるので、水洗いも楽チンです。

またハンドル部分は木製に。取り外しも可能で、コーヒーミルをコンパクトに持ち運ぶことができます。取り外したハンドルは付属のレザー製コーヒーミルホルダーに収納できるので、ハンドルの紛失防止対策もバッチリです。

ステンレスとレザーという素材のコントラストもスタイリッシュで、レザーは使い込むほど味のある雰囲気に。そんな経年変化を楽しみに、お家で外で使いまくっちゃってください! 詳しくはコチラ>>>

フィルターレスでドリップできる! STANLEY/スタンレー クラシックプアオーバー

あのスタンレーが、アウトドアシーンでも活躍するコーヒーメーカーを展開しているって知ってました?

内側にはお得意の錆びに強いステンレス素材を使用したフィルターを装備。フィルターレスでコーヒーをドリップすることが可能です。もう一杯コーヒー飲みたいのに、フィルター切れちゃった……なんてガッカリも回避できます。

後片付けも楽チンで、食洗機の使用もOK。面倒くさがりさんでも気兼ねなく使えます。スタンレーらしい硬派な見た目ゆえ、キッチンに出しっ放しでもサマになるのがいいですよね~。

アウトドアではもちろん、リモートワーク中の休憩タイムにも、気軽に本格コーヒーを楽しみたいって時に最適です♪  詳しくはコチラ>>>

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ