string(38) "https://www.e-begin.jp/article/368545/"
int(1)
int(1)
  

アウトドア雑貨4選

肩肘張らず、値段もお手頃。それでいて日常ですこぶる活躍してくれる、まさに縁の下の力持ちな名雑貨をオール1万円以下で厳選。使って感動♡の名脇役たちを、Begin的・川柳と合わせてご紹介します!

1「電池ナシ ほったらかしで 照らしだす」

ソネングラスのソネングラス 250ml Mini

ソネングラス®(南アフリカ)
ソネングラス® 250ml Mini

 
スイッチをオンすると、幻想的な灯りで空間が一気にリラックスした雰囲気に。Φ8.5×H11cm。4870円(ソネングラスジャパン)

蓋にソーラーパネルを搭載したメイソンジャー型のランタン。そのオシャレなデザインに目が行きがちだけど、もともと南アフリカの電力のない地域で暮らす人たちを支える目的で誕生したって知ってた?

さらに本体の7割がリサイクル素材で作られ環境にも優しい。他とはどこか違う温かみのある光は、そんな背景があるからこそ?

アウトドア、インテリア、防災用と、シーン問わずにハマる灯りは、一台持っておいて損ナシです!

2「キャンプ飯 ほりにしあれば うまくいく」

ほりにしのアウトドアスパイス

ほりにし(日本)
アウトドアスパイス

 
最近は辛口や白トリュフの香り、燻製風味の「ほりにしブラック」など、バラエティ豊かな味わいも楽しみに。842円~(オレンジ)

和歌山のアウトドアショップ、オレンジの堀西さんが手掛けたアウトドアスパイス「ほりにし」。「キャンプでお酒のつまみを、もっと簡単に作りたい」という思いから生まれたスパイスは、2019年から200万本以上を販売する大ヒット商品。

人気のワケは肉も魚もかけるだけでおいしく、クセになる味わい。腕に自信がない人でもほりにしさえ持っていけば、料理上手なキャンパーになれる。自宅での時短調理にも効果テキメンです。

3「車中でも 快適オシャレ リヤシート」

ジャックアンドマリーのPENDLETON×JACK & MARIE シートバックポケット

ジャックアンドマリー(日本)
PENDLETON×JACK & MARIE
シートバックポケット

 
ペットボトルホルダーやメッシュポケットも便利。約W42×H62cm。6380円(ジャックアンドマリー横浜ランドマークプラザ店)

車のシート後面に吊り下げてティッシュや荷物を収納し、スペースの有効活用になるシートバックポケット。近頃はアウトドア好きやキャンパーの間でもお馴染みのアイテムですが、ペンドルトン×ジャックアンドマリーなら、きっと羨望の眼差しが注がれるはず! 

ポケットワークにはペンドルトンの大人気モチーフ、ハーディング柄が描かれ、所帯じみた印象はゼロ。最下部にはA4の雑誌も収納できるなど、機能性もピカイチです。

4「小型でも 風ニモマケズ 一人前」

イワタニのカセットフー タフまるJr.

イワタニ(日本)
カセットフー“タフまるJr.”

 
流行りのソロキャンはもちろん、複数人の料理を作れるのも人気を後押し。W286×H122×D193mm。実勢価格9878円前後(岩谷産業)

風に強くてダッチオーブンも使え、家の鍋からアウトドアクッキングにも無敵と、傑作と名高いカセットこんろ「タフまる」。今では60%に小型化した「タフまるJr.」が超一人前の人気ぶりとなっています。

というのも、昨今大人気のアウトドアへ持ち出しやすくなったから。それに風が吹いても強い炎は相変わらずで、テーブルのスペース占領がかなり軽減されるのも嬉しい限り。さらにコンパクトながら、親譲りの硬派なギア顔もイケてます!

 
※表示価格は税込み


[ビギン2022年11月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin 2022年11月号の表紙

Begin 2022年11月号

今こそ「欲しい」傑作モノ108

特別定価850円(税込み)

詳しくはこちら

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ