アーバンリサーチ

近年、国内外でバカ売れしているGショックの新定番、2100シリーズ。オリジンの「DW-5000」のDNAを受け継ぎながら、現代的な薄くコンパクトなサイズを追求し、どんなスタイルにもすっと馴染む八角形デザインが人気の理由です。

つい先日には、待望のブルートゥース搭載ソーラーモデルが登場して歓喜の声が上がりましたが、息つく間もないほどに、衝撃が再来! なんと2100シリーズからフルメタルモデル「GM-B2100」が出るんです!! こちらもブルートゥース搭載のソーラーモデルで使い勝手は文句なし。そして見事に人気のコンパクトなサイズをキープ。つまり一段と大人顔で、コーディネートでもグッと幅が広がる。そんなフルメタル2100のファッショナブルな表の顔。そしてタフ&クールを実現する、裏方の作りを徹底解剖。ルックスからプロダクトとしての作り込み、そして歴史的な背景も。表裏の顔までたっぷり理解すると、必ずや物欲がたぎってくるはずです!

薄型でビジネスシーンに合うスマート顔
GM-B2100が持つ表の顔①

やっぱりまずはコレ。フルメタル最大のメリットといえば、ビジネスシーンでの使い勝手が抜群によくなることですよね! ステンレスケース&バンドはカシオが誇る国内ファクトリー、山形カシオにて、各部を異なる磨きによってメタリックな質感を強調。2100シリーズならではのデジアナフェイスと相まって、ラグジュアリースポーツウォッチのような高級感を携えています。コンパクトなサイズを追求した2100シリーズは、これまでもオンタイムでの親和性に秀でていましたが、「GM-B2100」は従来のサイズ感、厚さをキープ。ジャケットやシャツとの着こなしにおいても、スマートに着けることができます。しかもGショックフルメタルモデルにおいて、ケース厚、最薄を更新したそうですよ!

一方裏は…
信頼の厚いスクリューバック


ちなみに薄さを追求しているからといって、Gショックたる本分は疎かにしません。裏蓋は気密性に優れ、堅牢度と防塵、防水性の高いスクリューバックを採用。これで最薄更新って、モノ好きのハートにジ~ンと響くでしょ!

休日も上品に決まる大人顔
GM-B2100が持つ表の顔②

高級感漂うメタル顔は、大人のキレイめなカジュアルにも相性抜群です。またデジアナダイヤルが程よくカジュアルダウンな印象をもたらしてくれて、ビジネスシーンとはまた違った魅力を発揮してくれるんですよね。でもってインデックスから針をダークトーンで強調した、”ブラックアウト”のカラーリングも大人っぽく収まるポイント。休日カジュアルの洒落感においても、1ランク上のデザインとなりそうです!

一方裏は…
十八番のタフさは健在!

フルメタルのスピードモデル「GMW-B5000」をベースにした、フルメタル耐衝撃構造を継承。ステンレスのベゼルとケースの間にファインレジン製パーツを実装し、時計の心臓部であるモジュールを衝撃から保護します。また高密度実装技術によるスリムで高機能なモジュールを搭載していることも、最薄の要因となっているそうですよ。ケースのラグは2本ではなく3本足のパーツで支えることで、衝撃を効果的に分散する作りとなっています。

Z世代も共感する今どき顔
GM-B2100が持つ表の顔③

フルメタルによって大人っぽさは増しましたが、カジュアルでの使い勝手を心配する必要は無論、ございません。というよりフルメタルになることで、カジュアルシーンでは近年の時計トレンドに見られる、レトロフューチャーなムードに! 近頃人気の’80s気分、オールドスクールな着こなしにも、相性蜜月なんです♡ つまり大人っぽくもストリートにも振れて、古くから知るG党から10代、20代のZ世代にもオールマイティ。なんて懐の深~い仕上がりなんでしょうか!

一方裏は…
1983年の初代モデルから愛されるオクタゴンを継承

特徴的な八角形のオクタゴン顔ですが、これはGショックの正統と知っておくべきデザイン。見ての通り、初代の「DW-5000」は八角形。その後、大ヒットしたスピードモデル「DW-5600C」によって、オクタゴンケースはGショックのスタンダードとして認知されるようになります。つまり2100シリーズの八角形も、偉大な系譜の継承者。決して変化球を投じたわけではなく、ベーシック好きこそ唸るデザインなんです。タフさを追求したケースの凹凸、バンド両端の丸い凹みといった細部も、初代DW-5000から受け継がれた、定番好きにはたまらない意匠なんですよ。

初代G-SHOCKの正統後継機
GM-B2100

左から「GM-B2100D-1AJF」7万1500円。「GM-B2100BD-1AJF」、「GM-B2100GD-5AJF」各8万300円。

2100シリーズはGショックのオリジン、「DW5000」のDNAを進化させるべく開発されたアナデジモデル。そして「GM-B2100」はフルメタル、ブルートゥース搭載のタフソーラーと、現代的な技術の粋が詰め込まれている。専用アプリ「CASIO WATCHS」をインストールしたスマホなどと連動すると、日常に役立つ多彩な機能が使えるように。W44.4×H49.8㎜。厚さ12.8㎜。タフソーラー。SSケース&バンド。20気圧防水。

(問)
カシオ お客様相談室
☎ 03-5334-4869
https://www.casio.com/jp/watches/gshock/product.GM-B2100D-1A/


写真/丸益功紀 スタイリング/飯塚俊 文/桐田政隆

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ