アーバンリサーチ


言いたいことも言えない~。こんな世の中じゃ……煩悩をポイ捨てすることもできず、悶々とする日が続くことも。“精神と時の部屋”があれば!なんてすがってみたり。そんなときは、越前打刃物体験で、ひたすら包丁を打ち、そして研ぐ。柏樹關で精進料理をいただき、大本山永平寺で坐禅を。無になれるかもしれない!?12日の福井旅の始まり。


国内における恐竜化石の約8割が見つかるという、福井県のジュラシックステーションこと福井駅に到着。「海の宝石箱や~」と叫びたくなる海鮮料理が味わえたり、思わず深呼吸したくなる田園風景がとてつもなく気持ちいい。また、福井県越前市周辺は、越前和紙や越前箪笥、越前焼に越前漆器と、伝統工芸の宝庫でもあるのだ。福井駅からレンタカーで約30分。まずは、伝統工芸である越前打刃物のコミュニティ「タケフナイフビレッジ」へ向かった。


700年前、京都の刀匠「千代鶴国安」が名剣を鍛える水を求めて、辿り着いたのが越前市であり、農民のために鎌を製作するようになったのが、越前打刃物の起源とされる。越前鎌は全国的に普及していったが、高度経済成長を経た1970年代に低迷期が。行く末を憂いた職人さんたちは、「伝統を伝承する」というスローガンのもと、福井県出身の世界的デザイナー・川崎和男氏とともに統一ブランド「タケフナイフビレッジ」を立ち上げ、これまで想像も出来なかったインダストリアルな包丁の開発を開始。その後、海外でも評価されるようになり、さらなるパワーアップのため協同組合の拠点・共同工房・直売所の機能をもつコミュニティ「タケフナイフビレッジ」が1993年に誕生した。

現在は、13の刃物会社が共同で運営を行っている。職人さんの作業風景が見学出来たり、ミュージアムや直売所が併設されていたりと、越前打刃物の“0から100まで”味わいたいなら、ココで即完結!する。今回は、加茂藤刃物の若き職人、将大朗さん&晃太朗さんの朗らかブラザーズ(ちなみに代表は詞朗さん)に、包丁を自ら製作できる体験教室の先生になってもらった。


タケフナイフビレッジの醍醐味の一つが、この体験教室だ。キーホルダー作りなどあらゆるコースが設けられており、今回は“両刃包丁”の制作体験((所要時間6時間)に参加した。包丁作りの工程は“鍛冶と研ぎ”、この二つに大別される。鍛冶職人の将大朗さんに教えてもらいながら、早速、鍛冶工程の第一関門にして最難関の“火造り”がスタート!

「親方に教えていただいたんですが、まず鉄を“夕陽の色”になるまで赤めます」。……しょっぱなから、めっちゃロマンチックだが、めちゃくちゃわかりにくい()。ちなみに温度でいうと800℃くらいだとか。ん~どっちもどっちか。「最初は苦労しましたけど、今は“あっ、これくらいやな”って感覚でわかるようになりました(笑)。それで、鉄が夕陽の色になったら、ベルトハンマーで均等に伸ばすように叩いていきます。大体男性なら5回程度、女性なら10回程度繰り返します」。
ベルトハンマーは足でペダルを踏むと、カンカンカンカン!とハンマーが動く仕組みだ。ふと、考え事をしようものなら、一瞬で包丁が持っていかれる。案の定出来栄えは、ガッタガタ。とにかく集中して、打つべし! ちなみに、最終的に将大朗さんが”アジ“を残しつつ、リカバリーしてくれるのでご安心を。

鍛冶工程は、“火造り”の後、いくつかの工程を除き、“荒ならし”や“越前刃物特有の小ならしハンマーでの荒取り”等、とにかく叩いて、叩いて、叩きまくる。肉体的にも精神的にもラクな仕事じゃない。「もちろん辛いこともありますが、仕事を辞めたいと思ったことは、一度もないです。この仕事を始めて8年経ちますが、10段階でゆうたらまだ4くらいですかね。やっぱり、一番難しいのは、火造り。ここで包丁のクセが決すべて決まる。その後の工程でどれだけ修正しようとしても、どうにもならへんのです。何事も、最初が肝心なんだなって」。



鍛冶工程を終えたら、次は研ぎ。先生は将大朗さんから晃太朗さんへバトンタッチ。「砥石の前に立ち、足を肩幅くらいに開いて全身の力を抜きます。そして、包丁を砥石に対して20度くらいになるように傾ける。後は、ひたすら研ぐだけです」。今度は、ギュイーーーン!というBGMに包まれながら、包丁のしのぎをあげていくことだけに、集中した。

最後は、名前を刻んでフィニッシュ。ちなみに、両刃包丁体験では、鉄orステンレスの素材を選択可能。メンテ必須だが、経年変化を味わえる鉄をチョイス!

「親父よりも喋っているかもしれませんね()」と嬉しそうに語る将大朗さんや、親方の隣で夕陽の色に頬を染める、シャイで真面目な晃太朗さん。
血の繋がりではなく、伝統工芸で繋がった“昭和の家族のような3人の笑顔”に、凝り固まった心が一瞬解きほぐされたような気がした。


タケフナイフビレッジ/工場見学や体験教室、研ぎや修理、直売所等、至れり尽くせりのサービスが凝縮! 日本で一番打刃物という伝統工芸を身近に感じられる聖地だ。住:福井県越前市余川町22-91 営:9時~17時 休:年末年始 電:0778-27-7120 公式ホームページ instagram


最後に、広報担当の戸谷さんに“越前打刃物最大の魅力”をお伺いした。「包丁の産地としては、新潟の三条・岐阜の関・大阪の堺などが挙げられますが、ここの魅力は何といっても“普通に家庭で使う包丁”に力を入れていることです」。プロ用ももちろん制作しているが、毎日使ってなんぼという精神が息づいた、どこよりも身近な打刃物部門での伝統工芸品というワケだ。
「後は、人です。現在タケフナイフビレッジには全体で40人ほど在籍していますが、半分くらいは県外からの若い方々で、みんなで切磋琢磨しながら次世代に向けて楽しく仕事をしています。越前打刃物の歴史は700年続いていますが、実は長くても6代くらいしか続いていないんです。おそらく昔から、人が集まって継承していったんじゃないかと。おいでおいでの、珍しい文化ですよね」。
加茂藤刃物も、京都府出身の将大朗さんと北海道出身の晃太朗さん、前職がプログラマーで神奈川出身の小森さん、そして晃太朗さんの同期である大阪出身の松田さんの5人体制だ。”伝統工芸=LOCALISM”という固定概念は、ココには存在しなかった。

カンカンカンカン!と鳴り響くハンマー音は、なぜだかやけに、心地良かった。

特集・連載「いつもの週末を一生モノにする【INSTANT JOURNEY】」の最新記事

【INSTANT JOURNEY】”越前打刃物”と”坐禅”で……煩悩から解放された!?

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ