Begin Market

CAMPANOLA カンパノラのコスモサイン

[モノ好き]&[ファッション]2つの視点から考察!

「コスモサイン」は、超精密時計を中心とする『カンパノラ』ブランドの中で常に高い人気を博す天文時計コレクション。それにしてもなぜこんなニッチでマニアック(失礼)な時計が売れ続けるのか? ビギン製作スタッフ陣の中でも、とくに流行りの時計にうるさいライターとスタイリストの2人が考察します。

ライター 吉田 巌さん

[モノ好き]
ライター 吉田 巌さん

人物インタビューのほか、服、靴、鞄、そして時計を得意フィールドとして執筆するベテラン。スイス新作時計展の取材経験も豊富。

スタイリスト 武内雅英さん

[ファッション]
スタイリスト 武内雅英さん

ドレスからカジュアルまで、幅広い分野をこなす敏腕。じつはファッションページにおける時計のスタイリングセンスにも定評あり。

CAMPANOLA カンパノラのコスモサイン

右/吉田さん「リアルタイムの星空が映ってるんだって」
左/武内さん「ロマンチック~!」

超“星”密に作られた唯一無二の天体時計!

Q.そもそもカンパノラって?

武内 そもそも『カンパノラ』ってどういうブランドですか? この「コスモサイン」に限らず宇宙を思わせるモデルが多い気がしますけど。

吉田 「時を愉しむ。」をテーマに2000年に誕生したブランドだよ。“宙空の美”と表現される、ポッコリしたドーム型風防と建築物のような超立体的な文字盤の内側に、時計好きを唸らせる複雑機構を搭載したモデルを中心に展開していて、たしかにキミの言うように宇宙を感じさせるデザインが多いね。

でももっとも宇宙色が強いのは、01年登場のコスモサインのコレクション。なにせコイツは天体の運行をリアルに表示する天文時計だからさ。

武内 たしか初代コスモサインはトノー型ケースだったような記憶が。

初代コスモサイン 2001
初代コスモサイン(2001)
※販売終了。

吉田 その通り。このデザインは「星座盤モデル」としては2代目にあたり、デビューしたのは09年。

武内 てことはこのモデル、10年以上も売れ続けているわけですか! ボクも以前からコスモサインは気になっていたんですが、こうしてじっくり眺めると本当に凄い文字盤ですよね。まるで宇宙をそのまま封じ込めたようなデザインで、吸い込まれそうですよ。

吉田 ボクのルーペで見るとさらに凄いよ。キミもそろそろ老眼きてるでしょ? 無理しなくていいよ(笑)。

武内 せっかくなのでお借りして……おおっ! なんだこの精密さは!?

吉田 だろ? それも適当に星をちりばめてるわけではなく、北緯35度の全天星座を星座の略号付きでリアルに表示してるんだぜ。しかも4・8等星以上の明るさの恒星を1027個、星雲・星団は166個もレイアウトしてる。

武内 へぇー!

ライター 吉田 巌さん
吉田さん「北緯35度の星座が全部表示されてるのが凄い♡」

Q.なぜこんなに立体的なの?

吉田 恒星は0・1等星刻みで大きさを変えていて、なおかつ表面温度の違いによって4種類の色分けもなされている。この精密さを実現するため印刷は数十回もの版を重ねて表示するそう。

でもって忘れちゃならないのが、この星座盤は天体の運行に合わせて動くということ。つまり、地球の自転と同じ23時間56分4秒で反時計回りに一回転するんだ。そして文字盤下部に示された地平線の内側で、リアルタイムの星座を正確に表示する。(実際に動いている様子はこちら

Q.なぜ星空をモチーフに?

ちなみにこの星座盤の設計は、天文愛好家でシチズン時計の時計技術者が設計したそう。どこぞの天文学者とか独立時計師とかが手掛けたわけではなく、一人の天文ファンの情熱で作り上げたというのが凄くない?

武内 天体への憧れが、ロマンチックなデザインに見事に結実していますね。ちなみに構造の違いこそあれ、古くから天文時計って時計界で作られていますよね。

吉田 そもそも「宇宙」と「時」は切っても切れない関係だからね。24時間は地球の自転周期、一年は地球の公転周期という宇宙の現象をもとにしているでしょ。だったらその宇宙の動きをもっと細かく時計で表示したいと考える時計師は多かったんだろうね。でも、ここまで星座の動きを緻密かつリアルに表現したものはかつてなかったはず。

武内 あと天文時計って、普通はもっとケースが大きくなったりデザインがド派手になったりと、観賞用ならまだしも日常使いには適さないものも多い気がしません? その点コスモサインは44mmサイズに収めているのがいい。

CAMPANOLA カンパノラのコスモサイン

吉田 ラグの下には手首とのフィット感を高めるパーツが備わっているから(上写真)、意外と細い腕にもしっくり馴染むしね。

Q.服にも合うって本当?

CITIZEN シチズンのコスモサイン
武内さん「超精密な天文時計なのに手首にジャストなサイズ」

武内 これならいろんな服と合わせやすそうです。見た目の高級感もあるし、たとえば白シャツにデニムと合わせても、この時計が腕にあればそれなりにまとまるはず。

ただ個人的にはこれだけ想いの詰まった時計ですから、白シャツだったらオックスフォードのBDで、デニムは501に限るとか、装いや持ち物にこだわりのある人に着けてもらいたい。というか、そういう人にこそ似合う時計。

シャツにも馴染むサイズ感で品よく着けられる

CAMPANOLA カンパノラのコスモサイン

吉田 別に天文ファンじゃなくてもいいんだよね。むしろ普通の人が宇宙を身近に感じる時計としてこれを着けていたら、相当センスがいいなと思う。

武内 プレーンな3針の次は、ダイバーズとかクロノグラフとかを狙いがちですが、コスモサインという選択肢も十分アリ。機械式の天文時計だと価格も天文学的ですが、これはクォーツだからリアルに買えるプライスですし。

吉田 会話の糸口にもなるものね。女性と夜空を見上げながら、ホラ、あの星座とこの時計の星座はまったく同じ動きをするんだよ、なんて教えてあげるのもロマンチックだと思う(笑)。

武内 その場合、文字盤の星座を見つけるのに手間どらないよう、吉田さんもボクもルーペは必須ですね。

武内雅英さん 吉田 巌さん

右/吉田さん「宇宙を身近に感じられる時計ってイイじゃん」
左/武内さん「知的でセンスのいいオトナに見えますよ」

 

CAMPANOLA カンパノラのコスモサイン

CAMPANOLA[カンパノラ]
コスモサインコレクション 星座盤モデル CTV57-1231

北緯35度の全天星座をリアルタイムで表示する精密な“星座盤”に加え、文字盤中央部に月齢と月位置を示す“月盤”も搭載した、カンパノラを代表する天文時計。ドーム状のサファイアガラスの下はまさにミクロの宇宙だ。クォーツ(Cal.4398)。径44mm。厚さ14.5mm。SSケース。ワニ革ストラップ。30万8000円。
 
CITIZEN シチズンのコスモサイン リューズ

 
商品の問い合わせ先/シチズンお客様時計相談室
☎ 0120-78-4807
https://campanola.jp/

 
※表示価格は税込み


写真/若林武志 文/吉田 巌(十万馬力)

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ