wook vol.11

キャンプトレンドが盛り上がって久しい昨今、「乗り遅れちゃったかな~」という人もきっといるでしょう。でも、キャンパーの話を聞いていると「やってみたいかも…」と、無性に興味をそそられてしまうのが、ずばり「焚き火」ではないでしょうか。

曰く「ずっと見てられる」「めっちゃ落ち着く」「無心になれる」など、みんな異口同音に「焚き火への没入感がタマラナイ」と語るんですよね。ということで、やっちゃいましょう! ビギンマーケットではキャンプ上級者でなくとも、近場で日帰りで焚き火だけ楽しみやすい、コンパクト&楽チンな焚き火ギアを揃えています。何事も、まずは気負わずLet’s Try!ですよ♪

初心者でも簡単に組み立てられる!! チャムス Booby Face Folding Fire Pit L

 

「チャムス」からお馴染みブービーフェイスロゴを携えた焚き火台が到着。薪(炭)受け・灰受けを本体にセットするだけのシンプルな組み立て式で、薪が組みやすく火おこしをしやすい設計になっています。


加えて薪(炭)受けにはハンドル付き。灰の片付けも楽ちんだから、初心者でも気軽に焚き火ができます。

また本体は平たく折りたため、コンパクトに収納・携行が可能。グループやファミリーで楽しむときなど、なにかと荷物が多くなるキャンプシーンでの活躍は必至といえましょう。

「チャムス」からは他にもアウトドアを充実させるグッズがたくさん入荷しておりますので、ぜひそちらも合わせてチェックしてみてくださいね♪ >>>詳しくはこちら

ワンサイズ小さいMサイズも展開中ですので、少人数やソロキャンで焚き火を囲むときなど、必要に応じたサイズをお選びくださいませ〜♪ >>>詳しくはこちら

超簡単に組み立て可能でダッチオーブンも乗せられる! ノーボックス フラットストーブ

新進気鋭のアウトドアグッズブランド「ノーボックス」から、組み立て式のキャンプストーブが到着。特徴は鋳鉄製のフライパンやダッチオーブンなど、重たい調理器具を乗せられる耐久性を持っているところ。素材はステンレス鋼なので、木材や石炭、ペレットを火起こしにも使用可能です。


加えて組み立ても超簡単!慣れると1分以内で完成しちゃいます!!部品自体は平らの形状なので、保管時も“省”スペースで都合がいい。付属する頑丈なポリナイロンのバッグ入れて、いつでもどこでも持ち出せるようにしておけます!

2021年は『e-Begin』でも焚き火台特集を行いましたが、季節が変わってもキャンプへの関心は皆さんも高いはず!ぜひこちらのストーブをご一緒に、趣味を満喫してくださいね〜♪ >>>詳しくはこちら

アッーーー、火の粉がパンツに!でも大丈夫♪(普段使いにも◎) ジーアールエヌ アウトドア HIASOBI CAMPER PANTS

「難燃加工」と「撥水加工」を施したオリジナルのコットン生地を使用する「HIASOBI CAMPER シリーズ」に待望の新作パンツが登場しました。機能性が高いのも魅力なんですが、シルエットに関してもこだわりまくりで調子いい一本!


シルエットには、腰回りはゆったり余裕があり足元にかけて徐々にテーパードがかかっていくオリジナルパターンを採用しており、美脚効果だけでなくテント設営時などでも動きやすい実用性も兼備。10個以上もポケットが付いており、その中にはもちろんSOTOのガストーチ専用ポケットも含まれています。


焚き火の際、ボトムスは火の粉が飛んできて穴を開けちゃわないか心配なアイテムですが、これを穿いていればそんな心配からは解放され安心して焚き火を楽しめます! カラバリはブラック、オリーブ、インディゴの3色。ぜひこの夏の思い出作りのお供に、この1本を! >>>詳しくはこちら

チェアーも極力コンパクトに!(部屋馴染みも◎) ロモ sansa chair(焚き火チェアー)

ヌメ革で作った三脚の折りたたみチェアー。いまトレンドと言っても過言ではない焚き火をするのに適した低めの脚の高さに調整されています。

一方で座面は座り心地を高めるためステッチのみで成型。ヌメ革ならではの皮の味わいも魅力です。使い込んだときの経年変化に期待が高まる質感で、使用するたび座り心地も良くなります。(写真左はエイジング後)

また折りたたんで置いておけるので省スペースで保管できるのも利点。ただマジで雰囲気がいいので、インテリアの一部として部屋に飾っておいても良さそう!

ロモ」からは他にもキャンプで活躍するグッズが多数到着しています。いずれも機能的×オシャレなので、一緒に揃えてアウトドアムードを高めましょう! >>>詳しくはこちら

Begin Market

Begin Marketへ

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ