コンバース

CASIO カシオ プロトレックのPRW-61Y-3JF

ナチュラルなカーキ色はアウトドアやミリタリーの手元にもぴたりとマッチ

企業トレンドはもっか、SDGs(持続可能な開発目標)が花盛り(?)。そんななか、カシオの本格アウトドアウォッチ「プロトレック(PRO TREK)」にも、カシオ計算機の時計製品では初めてエコ素材のバイオマスプラスチックを採用したモデルが登場します。

バイオマスプラスチックとは、原料として再生可能な有機性資源を含み、化学的、または生物学的に合成することよって得られる高分子材料のこと。3月25日発売予定の「PRW-61」ではケース、裏ブタ、ウレタンバンドに、トウゴマの種(ひまし油)やトウモロコシから抽出した成分で作られたバイオマスプラスチックが使用されているのですね。しかも、ハードな使用に耐える堅牢性や、腕馴染みのよい装着性などは今までの基準をしっかりキープしているのは、さすがプロトレックなんです。

この「PRW-61」は3色で展開されるのですが、そのうちでBeginが一番注目したのはカーキ×ブラック・タイプの「PRW-61Y-3JF」(トップ写真)。植物由来の素材を想起させるカーキグリーンがアウトドアシーンに自然に溶け込み、トレッキングやキャンプのスタイルに無理なく調和。さらには、ワークやミリタリーのラギッドなスタイルにも秀逸マッチするからです。

大型のバーインデックスや時・分針を鮮やかなホワイトにすることで、文字盤とのコントラストを高め、フィールドでの見やすさを追求。また、プロトレックのコアテクノロジーであるトリプルセンサー(3つの小型センサーで「方位」「気圧&高度」「温度」を計測する機能)や、世界6局の電波を受信するマルチバンド6、タフソーラーなど多彩な機能を備えながらも、アウトドアシーンにおいて手首の動きを妨げないケース幅47.4mmの小ぶりなデザインであるのも高ポイントといえます。

ということで、アウトドアツールとして高く信頼されているプロトレックが、自然との向き合い方を素材から見直したことで誕生した、この新作は、すこぶるすぐれた耐久性に、飽きの来ないデザインが相まって、さまざまなライフシーンで大いに重宝すること請け合い。しかも、将来にわたって末永く愛用し続けることができる、これぞ真なるサスティナブルウォッチであると断じましょう!

CASIO カシオ プロトレックのPRW-61Y-1BJFとPRW-61-1AJF

「PRW-61」はカーキ×ブラックの「PRW-61Y-3JF」に、写真上の2色と合わせた全3色で展開される。いずれもカラー、価格を除く商品データは「PRW-61Y-3JF」に同じ(下記スペック参照)。写真左/差し色のレッドが文字盤に映えるオールブラックタイプ「PRW-61Y-1BJF」。5万9400円。右/ブラック×シルバータイプの「PRW-61-1AJF」はベゼルやリューズ、プッシュボタンにシルバーカラーを採用。5万7200円。

カシオ プロトレックの
「PRW-61Y-3JF」

駆動方式:クォーツ(タフソーラー)
防水性能:10気圧
構造:耐低温仕様(-10℃)
おもな機能:標準電波受信機能(マルチバンド6)、ワールドタイム(世界29都市、29タイムゾーン、サマータイム設定機能付き)、トリプルセンサー(方位・気圧&高度・温度計測)、ストップウォッチ、タイマー、アラーム、フルオートLEDバックライト(スーパーイルミネーター)など
ケース幅:47.4mm
ケース素材:樹脂
バンド素材:樹脂
カラー:カーキ×ブラック
価格:5万9400円
発売年月日:2022年3月25日予定

問い合わせ先/カシオ お客様相談室 ☎ 03-5334-4869
https://gshock.casio.com/jp/

※表示価格は税込


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ