wook vol.11


K-POPのトップをひた走るBTS(防弾少年団)をはじめ、BIGBANG、ZICO、WINNERなど、数々のK-POPアーティストに影響を与え続けている人物をご存じ? それが、写真の人物。いまや世界を席巻する韓国ポップカルチャーの先駆者と言っても過言ではない、韓国ヒップホップグループ EPIK HIGHのリーダーのTABLO(タブロ)なんです。

その背景には、BTSのリーダーRMは小学生の頃にEPIK HIGHの曲と出会い、タブロの心に響く歌詞に影響されて詞を書きラップに没頭するようになったというエピソードや、同じくBTSのSUGAも彼らの曲を聴きヒップホップにハマり、音楽でやっていく決意を固めたといったエピソードからも、タブロの影響力やメッセージの強さが見てとれます。

そんなタブロが綴った言葉を一冊にまとめられたメッセージ集が『BLONOTE(ブロノート)』。実はこの本、韓国ではすでに書籍化されて大ヒット! 以来、トルコ、ベトナム、タイ、インドネシアなど、世界各国で翻訳されてきた本作がついに日本語訳されて上陸を果たしました!

日本語版『BLONOTE(ブロノート)』では、本書オリジナルコンテンツとして韓国ヒップホップ・キュレーター 鳥居咲子さんによる解説も収録。幅広い知見と深い考察に基づいた読み応えたっぷりの解説も必読です!

心を突き動かすひとつひとつの言葉。今もなお、韓国の多くの若者や世界中のK-POPファンから共感を得るタブロの抒情的なメッセージをぜひ手にとって感じてみてください。

「EPIK HIGH」のラッパー・タブロのメッセージ集

BLONOTE(ブロノート)

1430円(税込み)

Amazonでチェックする

TABLO(タブロ)とは?

タブロ1980年生まれ。インドネシア、スイス、香港などで幼少期を過ごす。高校時代に廃刊されていた構内文芸誌『望遠鏡』を復刊し、編集長を務めた。作家のドバイアス・ウルフの教えのもと、スタンフォード大学創作文芸・英文学科を首席で卒業した後、英文学科の修士課程を修了。短編映画など大学内外でのさまざまな活動を経てニューヨークで独立映画の助監督として活動していた頃、ハーレムでの生活を機に音楽の世界に足を踏み入れた。現在は、2003年にデビューしたヒップホップグループ「EPIK HIGH」のリーダーを務め、音楽界において高い評価を受けるとともに大衆からも広く愛されている。MBC(文化放送)ラジオの音楽番組「タブロと夢見るラジオ」(2008~2009年、2014~2015年)のDJとしても人気を集めた。著書に「BLONOTE」のほか、短編集『あなたのかけら』(月出版、2008、未邦訳)がある。

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ