コンバース

PORLEX ポーレックスのコーヒーミル・Ⅱミニ

「山頂で挽くコーヒーはなぜか家より旨くなる」
スタイリスト 近藤有倫さん

登山を始めたのは2年ほど前。それまではキャンプ中心でしたが、自分に必要な道具だけ担いでサクッと行ける山にハマって。そのときに必ず持って行くのが、ポーレックスのコーヒーミルです。

もともとは自宅で使っていたけど、コーヒー好きの妻がどこでも飲みたがるので、じゃあ山にも、と。で、栃木の那須岳に登ったんですが、山頂で淹れたコーヒーが家で飲むよりそれはもう断然旨かった。

ポーレックスは、豆を均等の大きさに砕くことで雑味を抑える優れた刃が持ち味。取っ手は取り外せてコンパクトになるし軽い。とはいえ荷物はできるだけミニマルかつ軽量に、が登山の鉄則。山に持って行くにはやっぱり重いし、そもそもコーヒーはインスタントでいいんだろうけど。

あの味が忘れられなくて、わざわざ持参してでも豆を挽いて飲む。その行為自体気分もアガるし、山の上って空気が澄んでいるからか、よりクリアな豆の香りも楽しめますしね。

あと、ポーレックスは粒度が調整できるのもいい。山では水が貴重なので、細かく挽いて少量を楽しむのが僕流のスタイル。疲れきった体に、この旨味が詰まった濃い一杯がめちゃくちゃ染みるんですよ。もはや、このご褒美コーヒーを目当てに山を登っている、と言っても過言ではありません。

PORLEX ポーレックスのコーヒーミル・Ⅱミニ

PORLEX[ポーレックス]
コーヒーミル・Ⅱミニ

国内の工場で生産され、切れ味に優れるセラミック刃を採用。粒の大きさを均等にし、雑味を抑える。平均37ミクロン単位で粒度も調整可能。Φ4.9×H19.2cm。「コーヒーミル・Ⅱミニ」6930円(ジャパンポーレックス)

スタイリスト 近藤有倫さん

スタイリスト
近藤有倫(こんどうともみち)

1987年生まれ。ファッション誌からアウトドア誌まで、幅広く活躍する気鋭のスタイリスト。休日は登山やキャンプを楽しむアウトドア派。温泉のある山を中心に登っており、次の目標は富山県の立山連峰。

 
※表示価格は税込み


[ビギン2021年12月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「100人をめぐる、これからのシン・スタンダード」の最新記事

スタイリスト 近藤有倫さんをめぐる、これからのシン・スタンダードとは #024

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ