Begin Market

SEIKO セイコーのプロスペックス SPEEDTIMER

セイコーのプロスペックス SPEEDTIMER

気づけばボチボチ年の瀬に……。早いなぁ……、んで、なんだかんだ思い出されるのは「五輪の感動」。そんな方も多いのでは? 生きている間にもうないかも?な記念のTOKYO開催年。そりゃ公式記念グッズもいいけど、モノ好きなら記念に残る(でも最高にイケてる)名品を年の最後に買っておくのはアリだと思うんですよね~。

前置き長くなりましたが、賛同された方はコレ買いましょう(笑)。1964年の五輪で活躍したストップウォッチの精神を継ぎ、2021年の五輪開催の年に発売されたクロノ。ご覧の通り、ド直球なオーセンティック顔にして、配色はセイコーの’60年代モデルの色に。レトロなオーラが今の気分に合うし、こりゃずっと愛せるじゃない。

1964年・東京五輪で活躍したストップウォッチ
’64年当時活躍した、伝説ストップウォッチ

息子や孫が成長したら、「昔さ、東京で五輪があって、その記念で買ったんだよ。」なんてサラッと言う。時をかけた中年が言える、なんとカッコいい台詞でしょうか。ってことで、ビギン勝手に(笑)公認TOKYOクロノ。これは、逃すとリベンジャーズ決定。ひよってる余裕は一切ございません!!!
 

時をかけるTOKYO

SEIKO セイコーのプロスペックス SPEEDTIMER
左/1964年・東京五輪で活躍したストップウォッチ 右/2021年・五輪開催の年に発売されたクロノ

SEIKO セイコーのプロスペックス SPEEDTIMER

1964年・東京五輪で活躍したストップウォッチから始まる時計ストーリーが基となる、新コレクション「SPEEDTIMER(スピードタイマー)」。その新作クロノは、白×黒(通称パンダクロノ)などレトロカラーを纏ったノスタルジーな名作だ。10気圧防水。ソーラークォーツ。SSケース。径39mm。各7万4800円。

(問)セイコーウオッチお客様相談室
☎ 0120-061-012
https://www.seikowatches.com/jp-ja
 
※表示価格は税込み


[ビギン2022年1月号の記事を再構成]写真/工藤 恒(アルフォース) 文/編集部

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ