シップス×Begin

Barbour バブアー トランスポートジャケット

脱・短調
バブアーのトランスポートジャケット

秋風が吹く頃になると毎年決まってハブアーを着たくなるという人も多いはず。ただそこにちょっぴりマンネリを感じるのなら、“丈”にこだわるのが正解。というのも最近は短丈の「スペイ」が、新品・古着問わずお洒落さんの間でブレイクしてるんです。

ただスペイはもともとフライフィッシング用ゆえ、あの丈感は自分には短すぎて……なんて人もいるでしょう。ならば狙い目は昨年復刻された“長めの短丈”「トランスポート」です。オリジナルは’90年代〜’00年代初頭の僅かな期間のみ作られ、古着市場でも探している人が多いレアモデル。

名前から察するとおそらく輸送業向けを意識しており、デザインも米国のトラック運転手がよく着ているワークジャケット風なんですよね。

身幅が広く、ゆったり羽織れるところはコーチジャケットにも通じ、インナーの裾をのぞかせる今っぽいレイヤードもバッチリ。実際このバランスには有力セレクトも注目しており、今季はこぞって別注を依頼するほど。新鮮にしてちょうどいい着丈のトランスポート、次の定番バブはコレです!

Barbour バブアー トランスポートジャケット

伝統の防水素材ワックスドコットン
Barbour[バブアー]
トランスポートジャケット

昨年の登場以来、大人気のインラインモデル。素材は伝統のワックスドコットンだが、ハンドウォーマーだけのすっきりしたデザインゆえクリーンに着こなせる。ネイビー、黒もあり。5万600円(バブアー渋谷店)

今シーズン別注続々!

Barbour バブアー トランスポートジャケット エディフィス別注

やや着丈長めのフーデッドモデル
Barbour[バブアー]
トランスポートジャケット エディフィス別注

通常よりやや着丈を長くした、別注のトランスポート“ロング”。裏地にはアーカイブのブラックウォッチ柄を採用。取り外し可能なフード付きで、首回りのニュアンスもナイス! 5万3900円(エディフィス 新宿)

Barbour バブアー トランスポートジャケット ビショップ別注

アーカイブモデルをリサイズして復刻
Barbour[バブアー]
トランスポートジャケット ビショップ別注

かつて実在したモデルをリサイズして復刻。表地は6オンスのワックスドコットンで、スタンドカラー仕様と同系色のフリースを配したライニングが特徴だ。防寒性にも優れている。5万3900円(ビショップ)

Barbour バブアー トランスポートジャケット アーバンリサーチ別注

撥水加工の軽量生地&ゆったりシルエット
Barbour[バブアー]
トランスポートジャケット アーバンリサーチ別注

撥水加工されたナイロンの3レイヤー生地を採用。インラインよりゆとりをもたせたシルエットなので、ニットの上からでも重ね着しやすい。チェック柄の総裏地もお洒落。4万6200円(アーバンリサーチ ルミネ新宿店)

Barbour バブアー トランスポートジャケット シップス別注

軽量な撥水ナイロンで最もコーチジャケット的
Barbour[バブアー]
トランスポートジャケット シップス別注

撥水機能のあるナイロンの一枚生地で軽〜く仕上げ、よりコーチジャケット的な雰囲気で着られる。ボタンを生地と同色にするなど、作り込みも洗練されている。全4色展開。3万7400円(シップス 渋谷店)

スぺイより3cm長くビデイルより10cm短い
ちょうどいい短丈

Barbour バブアー トランスポートジャケット
※Mサイズで比較

左/ビデイルジャケット 中央/トランスポートジャケット 右/スぺイジャケット

フライフィッシング用のスペイと、乗馬用のビデイルの中間的な丈感。英国クラシック薫るデザインなのに、丈の違いで印象が変わるのがバフアーの面白さであり、奥深さ。
 

レイヤードしたときのインナーとのバランスがいい感じでしょ?

Barbour バブアー トランスポートジャケット

スローンのニット3万3000円(ユナイテッドアローズ 原宿本店) トラディショナル ウェザーウェアのパンツ2万900円(トラディショナル ウェザーウェア 青山店) リプロダクション オブ ファウンドの靴2万1780円(アイ ファウンド) キジマタカユキの帽子1万5400円(ビショップ)
 
※表示価格は税込み


[ビギン2021年11月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ