会員限定セール

HAMILTON ハミルトン ベンチュラ

何に合わせてもずっと似合うトラッドな趣。無理のない着け心地のよさ、損なわれない価値。投資としても、腕時計は“小ぶり”が正解です。

“小ぶり”時計が一生モノな理由
 
1.定番ファッションに合うトラッドな佇まい
2.無理のないサイズ感、着け心地のよさ
3.トレンドに流されずその価値を失わない

非凡なセンスを主張する’50sスタイルの傑作
ベンチュラ ―32.3×50.3mm―

小ぶりの時計がいいんだけど、自分としては小さくともしっかり個性を演出できる一本がいい。そこで改めて目をつけたのが「ベンチュラ」。この三角シェイプってやっぱり名デザインだと思うんだ。

デザイナーはキャデラックも手掛けた鬼才リチャード・アービブ。アバンギャルドな形状は世界初の電池式腕時計の誕生を華々しく見せるためで、じつは普及型として丸型もあったそう。

でも当時の人たちは三角ベンチュラの“新しさ”を支持。エルヴィス・プレスリーが公私で愛用したことも人気に拍車をかけ、以来ずっとブランドの看板に君臨してきたわけだ。

大胆なデザインながらどこか華奢な感じもあり、スーツやジャケットに合わせやすいのもいいよね。米国生まれだからか、スウェット+チノのようなトラッドなカジュアルとも好相性。それでいてフトした瞬間にエッジの利いたケースがギラリと主張し、只者じゃない感じに見せる……。

この時計、歳を重ねた人がサラリと着けていても相当カッコいいはず。そんなクールなオヤジになりたいよなぁ。

前衛アバンギャルドにしてもはや古典トラッド。個性演出の最善手

HAMILTON ハミルトン ベンチュラ

永遠に古びない三角シェイプの粋
HAMILTON[ハミルトン]
ベンチュラ

1957年に世界初の電池式腕時計として誕生した「ベンチュラ」。その革新的ルックスは、現行のクォーツモデルが完璧踏襲! 32.3×50.3mm。SSケース。レザーストラップ。10万100円。より小ぶりの24×36.5mmサイズはSSケース9万6800円、イエローPVDケース10万7800円(ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン)

HAMILTON ハミルトン ベンチュラ

ループウィラーのスウェット1万7600円(ループウィラー千駄ヶ谷) トラディショナル ウェザーウェアのパンツ2万900円(トラディショナル ウェザーウェア 青山店)

HAMILTON ハミルトン ベンチュラ

①近未来的でアイコニックなデザイン
②世界初の「電池式」時計というご威光
③ドレス感を高めるレザーストラップ
 

もう少し小さいケースサイズ(24×36.5mm)も

HAMILTON ハミルトン ベンチュラ

 
※表示価格は税込み


[ビギン2021年10月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ