WOOLMARK COMPANY

BiC ビックのオレンジEG

ビックのオレンジEG

金銀銅の報道に驚いたこの夏ですが、この「オレンジ」の報は衝撃的(泣)。なんとフランスの名作・ビックのオレンジEGが現状の店舗在庫のみで廃番になるんです。

今更多くは語りませんが、とにかくこの一本は「傑作に値段なんぞ関係ない!!」というビギンマインドの象徴的存在。ボールペンが普及していなかった1960年当時、「早く馴染んで」の気持ちから鉛筆のように六角形に、でもそこには机上で転がりにくいという機能性も……etc.。

グッドな見た目&グッドなプライスだけでなく、ビックりな裏話まで紹介し、いかに「最も身近な傑作か」を伝えてきた自負があります。ってかさ、こんなに持っていて気分アガる&集めたくなる消耗品、ないよ~!

新登場のスケルトンオレンジも、1950年誕生の歴史的一本「ビック・クリスタル」が源流であるなど語り所多々。ただ今はベタオレンジとの別れが寂しく……魅力の解説は別の機会にさせて(苦笑)。

今までも、これからもU-100円でのBB10 1位はないでしょう。やはり、その存在は唯一無二っす。ビックきな感謝を込め、ありがとう!
 

後継モデルはスケルトン!

BiC ビックの後継モデル

別れあれば新たな出会いあり。オレンジEGの精神を継ぐ、新モデル「クリスタル オレンジ ファイン 0.8」は六角形&滑らかな書き心地はそのままオレンジをスケルトンに! これ、じつはインク残量が見やすい工夫でもあり。110円。
 

BiC NEWS(泣)

BiC ビックのオレンジEG

1961年発売の超ロングセラー油性ボールペン。ペン先は0.7mmと1.0mmあり、ともに88円のグッドプライス。お世話になった人も多いでしょう。が、今回残念ながら廃番となることに……。「店頭在庫のみ」なので急ぎ確保を。

(問)BICジャパンお客様窓口
☎ 0120-76-8030
http://www.bic-japan.co.jp/
 
※表示価格は税込み


[ビギン2021年10月号の記事を再構成]写真/工藤 恒(アルフォース) 文/編集部

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ