シップス×Begin

マグカップ

“薄口”のほうが香りをより楽しめるという有力説

コーヒーの味の感じ方は、マグの口あたりでも変わります。繊細なフレーバーを感じやすいのは薄口。喫茶店のカップだってみんな薄口でしょ?
 

POINT:フレーバーをより感じやすいのは口当たりがライトな“薄口”マグ

薄口マグ

リラックスタイムに◎の優しげなフォルム

PENTIK ペンティックのカッリオ マグカップ

PENTIK[ペンティック]
カッリオ マグカップ

フィンランドの女性デザイナー、アヌ・ベンティック氏が手掛けたマグは、優しい曲線美にうっとり♡ 容量350mlと大きめで、一度にたっぷり飲める。3850円(スキャンデックス)

木製マグで飲めばホッコリした気分に

高橋工芸のKamiマグ

高橋工芸
Kamiマグ

旭川の木製テーブルウェアブランドより。道産のセンの木を用いた薄身マグ。木目の美しいこんなマグで飲めば、気分まで温かくなることウケアイだ。250ml。4400円(高橋工芸)

シンプル&美色の北欧マグといえば!

iittala イッタラのティーマ マグ

iittala[イッタラ]
ティーマ マグ

1952年の登場以来、定番として愛されている「ティーマ」シリーズのマグは、フィンランドが生んだ巨匠、カイ・フランク氏のデザイン。美色がアイコン。300ml。3080円(イッタラ)

洒落感バツグン! 鉄板のアンバー色

KINTO キントーのセピア マグ

KINTO[キントー]
セピア マグ

どこか懐かしさを感じる、ヴィンテージ品のような佇まいのガラスマグ。半透明のため、ドリッパーから直にコーヒーを落とせるのも密かなメリット。340ml。1760円(キントー)

モダン&理にかなったホーロー×木製ハンドル

GLOCAL STANDARD PRODUCTS グローカルスタンダード プロダクツのツバメ M&W マグ

GLOCAL STANDARD PRODUCTS
[グローカルスタンダードプロダクツ]
ツバメ M&W マグ

内側のみ艶やかなホーローで、外側をマット塗装で仕上げたこちらは、ハンドルがチーク製でアツッ!とならないのもツボ。300ml。3300円(グローカルスタンダードプロダクツ)

シンプルにして味のある“波佐見焼”

HASAMI PORCELAIN ハサミポーセリンのマグカップ

HASAMI PORCELAIN[ハサミポーセリン]
マグカップ

LAを拠点とするデザイナー、藤本拓宏氏がディレクションを手掛ける、長崎・波佐見焼のマグ。容量は385mlと多め。デスクワークのお供にもぴったりだ。2530円(東京西海)

 

こちらは山口さんの愛用マグ

ティファニーの薄口マグ

葉山Log Cabin Coffeev 焙煎士 山口 徹さん
葉山Log Cabin Coffee
焙煎士 山口 徹さん

ボーンチャイナ(磁器)でできたティファニーの薄口マグを愛用しています。質感がつるりとしていて、口あたりなめらか。ほかのマグで飲むよりも、香りや甘みを強く感じますね。

 
※表示価格は税込み


[ビギン2021年8月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「お洒落な自宅コーヒーのはじめ方♪」の最新記事

マグの口当たりでコーヒーの味が変わる!?「マグ選び」でmoreおいしい♪

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ